仮想通貨を運用するにあたり、役立つ重要な知識ついて解説します。
仮想通貨は触れていくうちにどんどん知識が含まっていきます。まずはビットコインを持って見ることが重要。おすすめの取引所を紹介します。
仮想通貨において代表的な、そして重要な通貨についてご紹介します。
仮想通貨投資でより実践的な投資内容をお伝えする特別記事になります。将来性のあるオススメの仮想通貨やICOをご紹介

ビットバンク(bitbank Trade)FXの魅力と特徴!〜評判と口コミについて

ビットバンク(bitbank Trade)FXの魅力と特徴!〜評判と口コミについて

FXトレードのようにレバレッジ20倍で仮想通貨であるビットコイン(bitcoin)の取引とウォレットでコインの保管ができる取引所ビットバンクトレード(bitbank Trade)をご紹介します。

 

ビットバンクトレードでは、FXのように賭け金の最大20倍の金額をかけて取引(トレード)ができます。このシステムは業界では新しく、小さな資金を効率的に増やすことができるのが特徴です。

 

レバレッジ最大20倍ですが、別に必ずしも最大レバレッジで取引する必要なくて、投資者の戦略で柔軟にトレードすることができるのため、リスク管理をすれば、他の取引所に比べて柔軟な取引ができるメリットがあります。

 

ビットバンクトレード(bitbank Trade)の特徴について

ビットバンクトレードの特徴・評判

ビットバンクトレードは業界では斬新のレバレッジをかけた取引ができる取引所になります。   基本的に取引できる仮想通貨はビットコインになります。

ビットバンクでは以下のように取引の特徴を分かりやすく説明しています↓↓

ビットコイントレード方法について

ビットバンクは以下のようにビットコインでの取引方法があり、ビットバンクでの取引が初めての人でもよく分かるようになっています。

レバレッジはどんな特徴があるの??

ビットバンクトレードのレバレッジ

レバレッジとは、テコの原理を表したもので、小さな資金で大きな資金を動かすことができることが特徴です。 レバレッジというと、危険な印象を受けると思われますが、リスク管理をしていればレバレッジは大きなメリットになるのです。

レバレッジについてご説明します。

例えば、手元に10万円あるとします。 最大のレバレッジは20倍なので、

最大で5*20=100万円分 ビットコインを買うことができます。

通常のレバレッジをかけたトレードでは、リスク管理で、例えば口座資金の20%下がったら決済するようなトレードを行い損失を限定します。 5万円の20%は10000円ですね。 5万円のビットコインで10万円分買ったたときに9万円に値下がりしたら一度決済するということになります。

最初から20倍のレバレッジで取引するのではなく、状況に応じて、3倍から10倍くらいで使い分けると良いでしょう。 それでも少ない金額で大きな金額でトレードできるので、損失を限定して、価格が下がってその後上がる場合には、短期間である程度大きな利益を上げることができます。

レバレッジ5倍であれば、利益も通常より5倍にあるというイメージです。 1BTC=60000円の時に価格が65000円になったら、利益は5000円です。 しかしレバレッジ5倍で、5BTC買っているとすると、利益は5000円*5=25000円となります。

 

オススメの読んでおきたい記事

追証(おいしょう)とは?

レバレッジをかける時に、一定の金額を口座に預けなくてはいけません。これを証拠金と言います。 通常はその証拠金を下回ると追証と言って、追加で資金を投入する必要が出てきますが、ビットバンクトレードの場合は追証がありません。

なので、自分の判断でまだ通貨をそのまま持っておくのか、または決済するのかを判断する必要があります。

ちなみに証拠金はビットバンクトレードの場合は、0.01BTCの場合が多いです。 つまり1BTC=60000円の価格とした時に2BTCを買うと、証拠金は600円(0.01BTC)*2=1200円となります。

つまり2BTC買う時には証拠金を1200円口座に預けておく必要があるということです。

ビットバンクの取引手数料について

手数料は上の表になります。*手数料は随時変更する場合がありますので、取引前に確認をしておくことをオススメします。

通常のビットコインの売買はでは現在手数料「無料」となっています。

レバレッジを使ったBTCFXトレードでは、「0.1%」となっています。

下記がその計算例になります。BTCはビットコインの単位になります。

  1. なお、途中決済・期日決済の際は、手数料はかかりません。

    <BTC FX 手数料計算式>
    手数料=枚数×約定価格×手数料率
    ※手数料はBTCで徴収されます<計算例>
    BTCFX0925「10枚」を「240$」で新規買い建ての場合
    手数料= 枚数(10枚)×約定価格(240$(1BTC))×手数料率(0.1%)=0.01(単位BTC)BTCFX0925「20枚」を「250$」で決済売りの場合
    手数料= 枚数(20枚)×約定価格(250$)×手数料率(0.1%)=0.02(単位BTC)

ビットバンクの登録は簡単2ステップ!!

登録にはL1とL2というアカウントのレベルがあります。 L2方がL1より大きな金額をトレードができます。

アカウントクラス ビットバンクトレード

L1のクラスはメールアドレスの登録と携帯番号の登録のみで取引ができるようになります。 またL2になると、身分証明書を登録すると、入金額や銀行への出金も可能になります。

L1だけでも数分で登録できるので、便利なアカウントの開設になっています。

ビットバンクの口座開設方法はこちら↓↓

 

コールドウォレットでビットコインを管理しておりセキュリティは万全

ビットバンクトレードのコールドウォレット

ビットバンクトレードがしっかりとしたウォレットの管理をしているか気になりますね。 

ビットバンクトレードが採用しているのは、コールドウォレットと言ってネットがつながっていないオフラインのウォレットになります。 ですので、ネットを使って不正侵入したりといったリスクがありません。

ビットコインは将来的に価値があるため、それを盗もうとするハッカーは多くいます。そのためにこのようにコールドウォレットで強いセキュリティをかけています。

ウォレットの特徴はこちら↓↓

 

少額資金で効率良くまずは運用できるのが魅力

レバレッジが使えるということは、少額資金から運用できることが魅力です。 

➡︎口座開設方法はこちらをご覧ください。

ビットコインの取引自体は少額からできるので、例えば、30000円入金して、50000円分のビットコインを買うといった、低レベレッジでまずは取引をしてみてください。 

レバレッジが使えると効率的に資金を増やすことができるようになります。

↓↓↓効率よく資金を増やしたい人に最適のビットバンクトレードはこちら↓↓↓

ビットバンクトレード取引所の口座開設

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

★大好評★仮想通貨投資実践メルマガ

    初心者から学べる無料の仮想通貨実践講座メルマガ   本サイト無料限定メルマガで初心者から学べる仮想通貨の基礎知識及び未公開仮想通貨情報などの有益な情報が満載!   仮想通貨実践講座の詳細はこちらから
メールアドレス:
氏 名:
Powered by ABC Mail

ビットコイントレードができる注目の取引所!

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 1 )

LEAVE A REPLY(コメント欄)

*
*
* (公開されません)

よく読まれている記事