初心者は仮想通貨をどう勉強して運用していくのか。収益を上げる視点で重要な項目をご紹介。
仮想通貨を運用するにあたり、役立つ重要な知識ついて解説します。
仮想通貨は触れていくうちにどんどん知識が含まっていきます。まずはビットコインを持って見ることが重要。おすすめの取引所を紹介します。
仮想通貨において代表的な、そして重要な通貨についてご紹介します。

ビットコイン(仮想通貨)の使い方と仕組みについて

ビットコイン(仮想通貨)の使い方と仕組みについて

仮想通貨であるビットコイン(bitcoin)をどのように使うのか、ここではその使い道をまとめました。ビットコインの使い方を知るということはビットコインがどう言った仕組みになっているかも合わせて知っておいた方が便利です。

現在ビットコインは、仮想通貨中でも時価評価額が第一位であり、他の通貨に比べてダントツと言える状況になります。

90%以上の通貨が将来消えていくと一方では言われていますが、現在のところ一番将来的に有望であると言われているのがビットコインです。それがすでに説明した時価評価額が物語っているのです。

ビットコインの仕組みや使い方を知ることで、将来的にどのような位置付けになっていくかが見えてきます。

ビットコインに投資する

ビットコインに興味があるほとんどの人が興味を持っているいるのが投資です。 

ビットコインが値上がりするたびに世間的にも認知されていき、当サイトにもその時はたくさんのご質問をいただくことがあります。(返事が遅れることがあり、申し訳ありません^^;)

2016年は約3倍の値上がり記録

こちらはビットコインの2016年の1年間のチャートになります。

約400ドルからスタートしたビットコインの価格は最終的には1200ドル近くまで上昇します。実は以前2013年の大きな値上がりを記録しましが、今回の値上がりは以前に比べて安定した緩やかな価格の上昇を伴っています。

このようにビットコインが世間的に認知され、支払いの取り扱い店舗も増え、また日本では電気料金が国内で初めてビットコインの公共料金支払いに対応するなど盛り上がりを見せています。

2016年と2013年の価格の違いを比較検証↓↓

ビットコインが長期的に値上がりする理由をまとめました↓↓

ビットコインを買うには

ビットコインを買うには「取引所」というところの口座開設を行います。その後日本円を入金してビットコインを買うという流れになります。

国内で有名取引所といえば、まずは仮想通貨取引量国内NO.1のビットフライヤー。取り扱い通貨は「ビットコイン」と「イーサリアム」です。

そして今後将来的に大きく注目されているのが「コインチェック」です。取り扱い通貨は「ビットコイン」を始め、「イーサリアム、モネロ、オーガ、イーサリアムクラシック」など時価評価額が上位の通貨を複数取り扱っています。それらの中には大きな値上がりを見せている通貨も複数あります。

国内ビットコイン取引量NO.1の「ビットフライヤー」の特徴はこちら↓↓↓

国内では魅力的な通貨を複数取り扱い、電気料金支払いに対応するなど「一歩先を進んだ取引所」である「コインチェック」↓↓

 

ビットコインで商品を買う、支払う

現在ビットコインでどんどん商品が買えるようになってきています。

海外では日本より取り扱い店舗が進んでいますが、日本では大手のDMM.comがビットコインを使えると言うことで有名になりました。現在大手ショッピングサイト楽天でもビットコインの支払いを検討中とのことです。

日本で有名な国内取引所である「ビットフライヤー」のサイトでは、実際ビットコインで商品を買うことができます。

また同じく国内取引所である「コインチェック」でもレストランなど実店舗での支払いに対応しています。

2016年はビットコイン支払いができる店舗が4倍以上に増えています↓↓

 

ビットコインで電気料金をお得に支払う

ビットコインで電気料金を支払うことができます。

特にビットコインで支払いをする必要がないと思われる方もいらっしゃると思いますが、実は非常にシステムがユニークで、毎月の支払いをビットコインに変えると電気料金に応じて4〜6%ビットコインを貯めることができるのです。(実は日本円の電気料金を支払いでもビットコインがもらえます。*コインチェック経由)

つまりビットコインがもらえるのです。これに加えてビットコインが将来的に値上がりすればその実質価格は10%を超えてくる可能性もあります。

国内初電気料金に対応した「コインチェック電気」の概要はこちら↓↓

 

将来的に安全資産として持つ

ビットコインを安全資産として意識する人が増えてきています。 それは日本以上に世界各国でその広がりがあるからです。

インドでは高額紙幣が廃止され、ビットコインが非常に注目されていますし、ビットコイン大国として知られる中国についても、自国の人民元の不信感からビットコインを持つ人が非常に増えてきています。

上の動画はビットコインの資産を持つ方の動画です。億を超える資産のビットコインを保有しています。内容は1:30付近から見ることができます。

また中国でもビットコインの必要性について興味深いコメントがあります。

中国四大銀の中国銀行前頭取、李礼輝(リ・レイキ)氏は火曜、国営放送局CCTVによるインタビューに対して、今年1月より開始された人民銀(PBoC)によるビットコイン規制について語った。

中国国内の取引所はPBoCの取締りを受け、ビットコインやライトコイン等の信用取引サービスの提供を突如停止。またPBoCによりマネロン対策など内部体制の未整備を指摘されたことから、体制整備に伴う仮想通貨の一時的な引出し停止を宣言している。

コミュニティの一部は、PBoCの規制が過度なものになると悲観的な見方をしているものの、李礼輝氏によれば、禁止にまでは至らないとの見立てだ。

「ビットコインは国境をもたないプラットフォームの上に構築されている。」と、李礼輝氏はインタビューに答えた。「ビットコインを潰そうとしても、それは不可能であり、将来的にも存在が潰えることはない。今我々に重要なのは、(ビットコインに対する)適切な規制だ。」  bitcoinnewsより

ビットコインは世界共通の資産であり、それを潰すことはできない。それはビットコインのシステムである「ブロックチェーン」が特定の管理者を必要とせずみんなで監視する、そして取引履歴が全て公開されているなどの特徴からよるものが大きいと感じています。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

★大好評★仮想通貨投資実践メルマガ

    初心者から学べる無料の仮想通貨実践講座メルマガ   本サイト無料限定メルマガで初心者から学べる仮想通貨の基礎知識及び未公開仮想通貨情報などの有益な情報が満載!   仮想通貨実践講座の詳細はこちらから
メールアドレス:
氏 名:
Powered by ABC Mail

ビットコイントレードができる注目の取引所!

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 1 )

LEAVE A REPLY(コメント欄)

*
*
* (公開されません)