初心者は仮想通貨をどう勉強して運用していくのか。収益を上げる視点で重要な項目をご紹介。
仮想通貨を運用するにあたり、役立つ重要な知識ついて解説します。
仮想通貨は触れていくうちにどんどん知識が含まっていきます。まずはビットコインを持って見ることが重要。おすすめの取引所を紹介します。
仮想通貨において代表的な、そして重要な通貨についてご紹介します。

IMF長官「ビットコイン(仮想通貨)の影響は無視できない。」

IMF長官「ビットコイン(仮想通貨)の影響は無視できない。」

国際通貨基金IMF長官仮想通貨について「ビットコインの影響は中央銀行は無視できない」と発言しています。ビットコインはブロックッチェーンシステムを使って個人間の取引を可能にするこれまでになかった画期的な技術と言えます。

ビットコインは個人間で取引ができるため、銀行口座を持つ必要がありません。なので、24時間365日いつでも、銀行などの管理者を通さずに個人に送金ができるのです。 

関連記事▼▼

IMFについて▼▼

国際通貨基金(こくさいつうかききん、英語: International Monetary Fund, IMF)は、国際金融、並びに、為替相場の安定化を目的として設立された国際連合の専門機関である。国際通貨基金(IMF)の本部は、アメリカ合衆国の首都ワシントンD.C.に位置する。2016年現在、国際通貨基金(IMF)の加盟国は、188か国である[2]

加盟国の経常収支が著しく悪化した場合などに融資などを実施することで、国際貿易の促進、加盟国の高水準の雇用と国民所得の増大、為替の安定、などに寄与する事を目的としている。 また、為替相場の安定のために、経常収支が悪化した国への融資や、為替相場と各国の為替政策の監視などを行っている。各国の中央銀行の取りまとめ役のような役割を負う。世界銀行と共に、国際金融秩序の根幹を成す。-wikipedia

IMF長官クリスティーヌラガルド

IMF長官クリスティーヌの中央銀行に対するビットコインに関する発言について

元記事はabcnews

“In many ways, virtual currencies might just give existing currencies and monetary policy a run for their money,” she said. “The best response by central bankers is to continue running effective monetary policy, while being open to fresh ideas and new demands, as economies evolve.”

翻訳→いろいろな意味として、仮想通貨は現在の通貨と通貨政策に影響を与えるかもしれない。中央銀行の最善の方法としては、現在の通貨政策を効果的に続行していき、併せて経済について斬新なアイディア(仮想通貨等)や新しい需要について広く受け入れていくことです。

“Not so long ago, some experts argued that personal computers would never be adopted, and that tablets would only be used as expensive coffee trays, so I think it may not be wise to dismiss virtual currencies,” Lagarde said.

翻訳→IMF長官は、昔専門家たちはパーソナルコンピューター(パソコン)は世界では適用できない、またタブレットについても高価であり使われないと議論をしてきました。よって仮想通貨について見過ごすことは賢いとは言えないのではないか。

Lagarde’s comments appear at odds with the views of JPMorgan Chase CEO Jamie Dimon, who this month described bitcoin as a fraud and said he’d fire any of his traders if they caught dealing in the digital currency.

翻訳→IMF長官のコメントは世界最大手の銀行JPモルガンのジェームスダイモンが「ビットコインは詐欺だ」「ビットコインを取引したJPモルガンのトレーダーは解雇する。」といった発言と矛盾していることになる。

ビットコインは着実に世界に認知されている。

世界最大手の銀行であるJPモルガンのジェームスダイモンが「ビットコインは詐欺だ」と発言したことから、ビットコインはその当時値下がりしています。 

[ニューヨーク 12日 ロイター] – 米大手銀JPモルガン・チェース(JPM.N)のジェイミー・ダイモン最高経営責任者(CEO)は12日、仮想通貨ビットコインは「詐欺であり、崩壊する」と語った。同氏の発言を受け、ビットコインBTC=BTSPは一時4%急落した。

ダイモン氏は当地で開かれた投資家会議の席で「ビットコインは続いていかない。どこからともなく通貨を生み出せたり、それを購入する人が本当に賢いと思われているようなところでビジネスなど出来ない」と語った。

ロイター

しかしながら彼の娘はビットコインを持っているとの情報が上がっていました。

またJPモルガンは、仮想通貨のジーキャッシュのセキュリティ技術「ゼロ知識証明」についてジーキャッシュと提携をしているため、彼の発言は違和感を感じています。

なぜ一部の銀行はビットコインを悪く言うのか、それは銀行の仕事の一部が必要なくなるからです。仮想通貨のシステムは個人間取引なので、マネーロンダリング(資金洗浄)などで使用されやすいため、彼は「詐欺」と発言していますが、銀行にとっては利用者が減るからに他ならないのではないでしょうか。

正直仮想通貨の送金を体験すれば、いかに利便性が銀行の送金より高いかを実感することができます。 

2016年に5万円であったビットコインは2017年8月には55万円の歴代最高価格を記録し、またビットコインを対応店舗はどんどん増加し世界的に認知されてきています。

仮想通貨で利益を上げるために重要なことは「スピード感」と「分散投資」だと感じています。国連機関の長官が「仮想通貨は無視できない。」といった発言は今後も大きな影響を与えそうです。

仮想通貨初心者入門特集▼▼

仮想通貨の基礎知識だけでなく実践的な投資方法も学べる初心者から大好評の「マスターレポート」▼▼

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

★大好評★仮想通貨投資実践メルマガ

    初心者から学べる無料の仮想通貨実践講座メルマガ   本サイト無料限定メルマガで初心者から学べる仮想通貨の基礎知識及び未公開仮想通貨情報などの有益な情報が満載!   仮想通貨実践講座の詳細はこちらから
メールアドレス:
氏 名:
Powered by ABC Mail

ビットコイントレードができる注目の取引所!

LEAVE A REPLY(コメント欄)

*
*
* (公開されません)