仮想通貨を運用するにあたり、役立つ重要な知識ついて解説します。
仮想通貨は触れていくうちにどんどん知識が含まっていきます。まずはビットコインを持って見ることが重要。おすすめの取引所を紹介します。
仮想通貨において代表的な、そして重要な通貨についてご紹介します。
キャンペーン
有益でオススメのキャンペーンを紹介。トレードごとにキャッシュバックを受けられるサイトや、口座開設で優良なEAを無料で手に入れる方法をお伝えします。

ビットコインが支払い(決済)可能なお店が4倍以上に増加!

ビットコインが支払い(決済)可能なお店が4倍以上に増加!

仮想通貨であるビットコイン(bitcoin)が使える店舗が2016年で4倍以上にも増加したという調査結果が出ました。

現在国内仮想通貨取引所であるコインチェック(coincheck)が先頭を切ってビットコイン決済の導入を進めているところです。まさか1年でここまで増加するとは予想していなかった人が多いのではないでしょうか。

ビットコインが支払えるお店が増えるということは、将来的にビットコインの普及に大きな影響力を与えていくことになると考えられます。

国内のみならず、海外ではさらに広まっている事実

国内でインターネット上の仮想通貨「ビットコイン」を利用できる店舗は、この1年で4倍以上に増え、4000店を超えたとする調査結果がまとまりました。

「ビットコイン」の決済サービスを展開する企業、「レジュプレス」のまとめによりますと、「ビットコイン」で支払いができる国内の店舗は、先月26日の時点でおよそ4200店に上っています

。これは1年前の調査の4.6倍に上り飲食店のほか美容室やネイルサロン、それにリフォーム会社など、さまざまな業種に広がってきています。

「ビットコイン」は取り引きを仲介していた東京の業者が3年前に経営破綻し、利用者の保護が問題となりましたが、その後、仮想通貨を実際の通貨と交換する業者を登録制とする法律が成立したことなどから利用が広がっています。

ただ、ビットコインの価格は、ことしに入ってすぐに最高値を更新しましたが、その後、急落するなど大きく変動しています。専門家は「ビットコインは身近な支払い手段として利用する機会が増えていくと見られるが、価格が変動するリスクに注意することが重要だ」と話しています。

NHKニュースより

以上のように、首都圏をはじめとして、ビットコイン決済を導入する店舗が増加している調査結果が出ています。

ただ日本の仮想通貨の知識は以前から2年ほど海外に対して遅れているとされ、国内以上に海外ではすでにビットコインで決済ができる店舗が増えてきています。

あのコンピューターで有名な「DELL(デル)」や、旅行会社の大手の「エクスペディア(expedia)」など世界的に有名な企業もビットコイン決済を導入しています。

「日本ではビットコインは今すぐには特に必要ないと思うけどなぁ」という声もありますが、海外の国では日本以上にビットコインが現段階で必要とされている国が実際にあるのが現状です。

それを知ることは、ビットコインを支払う対象というだけでなく、投資対象としてそのものを知ることになります。

コインチェックが率先してビットコイン決済の技術を普及している

コインチェック(coincheck)と言えば、本サイトでもご紹介している取引所で、時価評価額の高い魅力的な仮想通貨を複数取り扱う国内の仮想通貨取引所になります。

コインチェックは、通貨の種類のみならず、国内初でビットコインでの電気料金「コインチェックでんき」も導入し、電気料金の支払いでなんと支払額に応じて4〜6%ものビットコインを受け取れるというシステムを採用し注目を集めている会社です。

参考記事はこちら↓↓

この先も一番乗りに乗っていく感じがする取引所と言えます。

下記の資料は、「ビットコイン決済」導入店向けの資料です↓↓

ビットコインでの導入は「約2営業日」「最低1時間以内入金」「手数料1%」クレジットカードや銀行振込支払いに比べて利便性が高くなっているのが特徴です。
様々なサービスを実施しているコインチェックは是非口座開設しておきたい取引所と言えます↓↓

魅力的な仮想通貨の取引ができる『コインチェック』は口座開設はメールアドレスで簡単登録できます↓↓↓

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

導入店が増えるということは国内でもビットコインが広まってきている証拠

紙幣の制度がある程度整っている日本では必ずしもビットコインでの支払いが必要かというと、まだそうではないとも言えます。 

NHKのニュースにもあったように、ビットコインを持っていて、短期的な値上がり値下がりの幅が大きいため、13万円分のビットコインを持っていたら、翌月には11万円になっている場合もあるからです。(特に短期的の場合)

しかしながら、注目すべきは「ビットコインが日本でも普及されつつあるという事実です。」 ビットコインは2016年末から急騰し、2017年に入ってからすぐに急落しました。

参考記事↓↓

するとそんなときに限って専門の方が「ビットコインはボランティリティ(値幅)が多すぎるから危険な部分がある」とコメントをします。もちろん短期的にはそう言った部分があります。

ですが、現実的に2017年当初に急落したとしても2015年から2016年の1年間の値上がりに比べたらどうでしょうか?

こちらはビットコインの1年間(2015年から2016年)のチャートになります。 1年分の値上がりは400ドル(1BTC)から1000ドルを超えているのです。 (最大約3倍)
2017年当初の値下がりを考えてもまだ全然通貨の値段は上がっていると言えます。
なのでビットコインを2015年から仮に持っているすると、それは未だ大きな値上がりとなっているため、ビットコイン支払いを行ったとしても値上がり益で内での支払いで済む場合が多いのではないでしょうか。
さすがに短期で買ってすぐ下がったら、損失になっているのでそこでビットコイン支払いをするのは賢明とはいえません。将来的に通貨の値段が再度上がった時に支払いを行うのが良いと思います。
重要な視点は普及しつつあるビットコインが将来的にどうかということではないかと思います。短期的に急落したから「危険だ」というのであれば、もしビットコインが将来的に値上がりしたらチャンスを逃すことになると思います。
(*ビットコインが必ず上がると発言しているのではなく、それは個人が勉強して判断をして投資することが重要だということです。)
参考記事↓↓
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

★大好評★仮想通貨投資実践メルマガ

    初心者から学べる無料の仮想通貨実践講座メルマガ   本サイト無料限定メルマガで初心者から学べる仮想通貨の基礎知識及び未公開仮想通貨情報などの有益な情報が満載!   仮想通貨実践講座の詳細はこちらから
メールアドレス:
氏 名:
Powered by ABC Mail

ビットコイントレードができる注目の取引所!

LEAVE A REPLY(コメント欄)

*
*
* (公開されません)

よく読まれている記事