初心者は仮想通貨をどう勉強して運用していくのか。収益を上げる視点で重要な項目をご紹介。
仮想通貨を運用するにあたり、役立つ重要な知識ついて解説します。
仮想通貨は触れていくうちにどんどん知識が含まっていきます。まずはビットコインを持って見ることが重要。おすすめの取引所を紹介します。
仮想通貨において代表的な、そして重要な通貨についてご紹介します。

ビットコインキャッシュ(BCH)が価格高騰!!〜ハードフォークと期待感について

ビットコインキャッシュ(BCH)が価格高騰!!〜ハードフォークと期待感について

ビットコインキャッシュ(bicoincash)が現在価格高騰中です。11月に初のハードフォークを控え、これまで価格が安値で推移していたのですが、35000円の価格から短期間に最大59000円まで上昇しました。

マイナーの間ではではビットコインキャッシュを真のビットコインとして考えている声も上がっており、今後のビットコインキャッシュの動向が注目されています。

果たして今後ビットコインキャッシュは価格が上昇していくのか気になるところです。

関連記事▼▼

ビットコインキャッシュについて

ビットコインキャッシュは8月1日にビットコインが初めてハードフォークという分裂をした際にできた新しい仮想通貨になります。 

ビットコインキャッシュの特徴については

  1. 取引量を従来の1MB(ビットコイン)から8MBに拡張される。
  2. レプレイアタックなどのハッカーからの攻撃に対する防御。
  3. トレザー(USD型ウォレット)などのハードウォレットのセキュリティの向上。

と言った特徴を持っています。

ビットコインキャッシュの価格状況

 

8月1日に誕生したビットコインキャッシュの全期間チャートになります。 

8月20日に最高価格の約10万円を記録してその後価格が下落していました。

その後10月20日時点で35000円だった価格が、10月28日から急騰し、59000円の価格を記録して現在は50000円代前半に落ち着いています。

ビットコインキャッシュ直近のチャートです。 

35000円のラインが強い抵抗となっており、この価格を割れず価格が上昇をしています。

チャート分析からもしここ価格が強い抵抗であると感じていた人はこの部分からビットコインキャッシュを買っている人もいると思います。

私の限定公開記事でのビットコインキャッシュの考察


上の画像のように私は10月24日の記事の時点でビットコインキャッシュの投資を記事に書いています。

私の限定公開記事の詳細はこちら▼▼

ビットコインキャッシュのハードフォークについて

11月13日にビットコインキャッシュのハードフォークが予定されています。 このハードフォークでは通貨の仕様を改善するもので、従来のハードフォークのようにビットコインキャッシュ分裂するわけではありません。

なので、ビットコインの時は違い分裂後のビットコインキャッシュと別の通貨欲しさに今回の高騰が起こったわけではないと推測されます。

マイナーがビットコインキャッシュの価格を期待している。

マイナーとはマイニングをする人であり、簡単いうと仮想取引においてそれを正しい取引なのかを承認する作業を行う人をいいます。それが送金手数料としてマイナーに報酬として支払われることになります。

ある価格の条件が揃えばマイナーによってビットコインキャッシュの報酬は魅力的なのです。

関連記事▼▼

現在の状況を整理すると。

上のようにマイナーは、ビットコインキャッシュの価格が上昇するとマイニング時の報酬が上がるため、「ビットコインキャッシュの価格を上げたい」と思っています。

 

ビットコインキャッシュへの価格上昇への期待。

こうしてマイナーを主にビットコインキャッシュはSegwit(セグウィット)という拡張システムを使用していないため、よりマイニング時の報酬が多いビットコインキャッシュを将来的に真のビットコインとなってほしいと考えています。

ちなみにSegwit(セグウィット)については、ビットコインとビットコインゴールドはすでに実装しています。

ビットコインの有名人である「ロジャー」氏は以下のことを発言しています。

“Bitcoin Cash is Bitcoin,” one variation of the statement declares, “based on its adherence to the design goals and intended purpose that Bitcoin was created to fulfil.”-cyptcoinnews

翻訳→ビットコインキャッシュは真のビットコインです。ビットコインキャッシュはビットコインが果たす役割に沿った形で設計されているからです。(発明者であるナカモトサトシが目指したもの)

 

ロジャー氏の考えを私なりに整理すると

  • ビットコインキャッシュは8MBもの取引量を持つ。(送金の処理が早い)  
  • segwit(セグウィット)を採用していないため、マイナーへのより適切と言える報酬となる

以上のことが言えると思います。

取引をする我々が、ビットコインやビットコインキャッシュのどちらでも支障がなかったら、よりマイナーへの報酬が多いビットコインキャッシュこそバランスが取れているという考えなのだろうと思っています。

ビットコインのハードフォークに関してのビットコインキャッシュ

同じく11月にビットコインのハードフォークも実施されます。

今後のハードフォークはSegwitx2と言って取引量を従来の2MBに拡大するものですが、このハードフォークでは、またビットコインは分裂すると言われています。 直近の10月24日にはビットコインゴールドが誕生したのは記憶に新しいと思います。

関連記事▼▼

しかしながら今後のハードフォークによる誕生する新しい通貨にはリプレイプロテクションと言ってセキュリティに関する対策がないことがから懸念がされているのです。

そういったことを含めて、11月のビットコインのハードフォークに不安が伴うことから、マイニングの問題と併せてビットコインキャッシュに注目が集まっているのです。

今後のビットコインキャッシュの展開について

ビットコインキャッシュについて注目が集めっているのは確かです。取引量も8MBと従来の8倍もの取引量を持ち、セキュリティに関するリプレイプロテクションを実装しています。

そして価格が上昇すればマイニングの報酬が多くなるという特徴があります。

ビットコインキャッシュについては今後実用性として、決済手段に用いられるようになれば、さらに価格が高騰する可能性を持っていると言えます。

今の価格から価格が上がればもちろんビットコインキャッシュを持っている人には大きな利益となる可能性もありますし、マイニングを行うマイナーの報酬の増加ということも併せて起こりうるのです。

ビットコインキャッシュについては将来的に利用価値はあり、個人的に今後ビットコインと同じで目が離せない通貨であると考えています。

すでに10万円という価格を記録しているビットコインキャッシュ。現在の5万円という価格帯から前回の高値である10万円という価格が意識されているのは間違いありません。

ビットコインキャッシュ対応のコインチェックの特徴はこちら↓↓

コインチェックへはこちら(メールアドレスで簡単登録できます)↓↓

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

ビットコインキャッシュ対応の取引所「ビットフライヤー」はこちら▼

▼▼国内取引所でオススメしたいビットフライヤーはこちらから▼▼(まずはメールアドレスで簡単登録)
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

リニューアル!★大好評★仮想通貨投資実践メルマガ

    初心者から学べる無料の仮想通貨実践講座メルマガ*旧メルマガは配信停止ですので新くメルマガ登録が必要になります。 本サイト無料限定メルマガで初心者から学べる仮想通貨の基礎知識及び未公開仮想通貨情報などの有益な情報が満載!   仮想通貨実践講座の詳細はこちらから

ビットコイントレードができる注目の取引所!

LEAVE A REPLY(コメント欄)

*
*
* (公開されません)