初心者は仮想通貨をどう勉強して運用していくのか。収益を上げる視点で重要な項目をご紹介。
仮想通貨を運用するにあたり、役立つ重要な知識ついて解説します。
仮想通貨は触れていくうちにどんどん知識が含まっていきます。まずはビットコインを持って見ることが重要。おすすめの取引所を紹介します。
仮想通貨において代表的な、そして重要な通貨についてご紹介します。

ビットコインが54万円に高騰!〜ビットコインゴールドの影響と対策

ビットコインが54万円に高騰!〜ビットコインゴールドの影響と対策

仮想通貨ビットコイン(bitcoin)54万円を突破しました。高騰の原因としては10月25日に実施されるかもしれないと言われているはハードフォークによるビットコインゴールド(BTG)誕生の影響と言われています。

以前の2017年8月1日ではビットコインのハードフォークにより「ビットコインキャッシュ(BCH)」が誕生しており、ビットコインを保有していた人で、ハードフォークに対応している取引所やウォレットに預けていた人は「ビットコインキャッシュ」を無料で付与されるということになりました。

なので、今回のビットコインゴールドについても同じように、ハードフォークの可能性を受け、ビットコインゴールド欲しさに、ビットコインが買われている影響があると言われています。

関連記事▼▼

ビットコインが54万円に到達


ビットコイン日足チャートになります。

9月に中国によるICOの禁止とその後立てつづけに取引所停止となり、価格が1日間ですが30万円になり、その後一気に戻しの上昇が入りました。

その後40万円の価格から徐々に価格を上げていき、ビットコインゴールドの情報から価格がさらに高騰し54万円を突破しました。

9月2日に55万円を記録した水準とほぼ同等の価格に回復しています。

中国の取引所停止からも歴代最高値の水準まで回復したのも、もはやビットコインは中国以上に世界中で取引をされている証拠言えます。

こちらは、各仮想通貨取引所ごとの取引量になります。一番はドルとビットコインの取引で「Bitfinex(香港)」です。その次に日本の「ビットフライヤー」、そして韓国の取引所「Bithumb」となります。

ビットコインゴールドについて


ビットコインゴールドは香港のマイニング企業から10月25日にリリースされる予定となっています。

ビットコインキャッシュと同じように、ビットコインを10月25日までに保有していれば、ビットコインと同数のビットコインゴールドがもらえる可能性があるとのことでビットコインが買われていると言われています。

BTC=ビットコイン、BTG=ビットコインゴールド

上の図のようにビットコインをハードフォーク前に保有している分付与される予定となっています。

 

2017年8月1日のビットコインキャッシュの場合は20%の利益

8月1にちのハードフォーク前に10BTC持っていた人は結果的にハードフォーク後に

10BTC(300万円)+10BCH(60万円分)=360万円 *1BTC=30万円として

つまり60万円をただでもらえたことになるのです。  またこの後ビットコインキャッシュは10万円まで値上がりを記録しています。

なので、以上のことよりビットコインゴールド欲しさにビットコインの買いがでていると言われています。

2017年8月1日前の相場について

こちらはビットコインが以前ハードフォークした時の8月1日を中心としたチャートです。

7月の中旬に一度価格が落ち込み、そこから大きく回復しています。そして8月1日のハードフォーク後はビットコインの価格は大きく値上がりをし、9月1日に歴代最高値55万円を記録しています。

ハードフォークを見越して、この下げで買った人はほかの人より利益が出ていることになります。

ビットコインゴールドの買い場について

ビットコインゴールドが欲しくてハードフォーク前にビットコインを買っておきたい人もいるからもしれません。

ですが現状として、

  • ビットコインゴールドが本当に派生するのかはまだ可能性の段階 
  • ビットコイン高騰中の急落に注意する。

以上のことが言えます。

つまり高騰中の今では、利益確定の急落の可能性も考えるため、25日までに一度価格が落ち着くのを待つのも一つの手かと思います。

もしビットコインの高騰中にビットコインを買ってしまってその後急落したら、ビットコインゴールドどころではない可能性もあります。ビットコインゴールドがどのような価値を生むかはリリース後でしかわからないです。

またビットコインゴールドについては、現状のビットコインのマイニングよりも、より多くの人が参加できるようになると言われています。なので、ビットコインゴールドが買われる可能性もないとも言えません。(リリースされたとした場合)

ビットコインゴールドの付与について

仮にビットコインがハードフォークしてしまったら、ビットコインを以前から保有していた人はビットコインゴールドがもらえることになるとは思いますが、ビットコインゴールドを取り扱う「取引所」や「ウォレット」にビットコインを預けておく必要があります。

ビットコイン付与については国内の取引所にあづけておけば、その後もしビットコインゴールドの価値があると判断されたのであれば、ビットコインキャッシュと同じく無料で付与されることになると思います。

私はビットフライヤーとコインチェックにビットコインを預けており、8月1日後にビットコインキャッシュをもらっています。

国内ビットコイン取引量第一位のビットフライヤーはこちら▼

▼▼国内取引所でオススメしたいビットフライヤーはこちらから▼▼(まずはメールアドレスで簡単登録)
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

取り扱い仮想通貨数国内第1位のオススメの国内取引所コインチェックの特徴はこちら↓↓

コインチェックへはこちら(メールアドレスで簡単登録できます)↓↓

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

★大好評★仮想通貨投資実践メルマガ

    初心者から学べる無料の仮想通貨実践講座メルマガ   本サイト無料限定メルマガで初心者から学べる仮想通貨の基礎知識及び未公開仮想通貨情報などの有益な情報が満載!   仮想通貨実践講座の詳細はこちらから
メールアドレス:
氏 名:
Powered by ABC Mail

ビットコイントレードができる注目の取引所!

LEAVE A REPLY(コメント欄)

*
*
* (公開されません)