初心者は仮想通貨をどう勉強して運用していくのか。収益を上げる視点で重要な項目をご紹介。
仮想通貨を運用するにあたり、役立つ重要な知識ついて解説します。
仮想通貨は触れていくうちにどんどん知識が含まっていきます。まずはビットコインを持って見ることが重要。おすすめの取引所を紹介します。
仮想通貨において代表的な、そして重要な通貨についてご紹介します。

ビットフライヤーがビットコインハードフォークに対する声明を発表

ビットフライヤーがビットコインハードフォークに対する声明を発表

ビットフライヤー(bitflyer)がついにビットコイン(bitcoin)のハードフォークについての見解に対する声明を発表しました。

すでにコインチェックやビットバンクトレードなど国内取引所を含め、複数の取引所がハードフォークに対する見解を発表していますが、ビットフライヤー自体の声明は、今回が初めてになります。

ビットコインのスケーラビリティの問題を解決するためには、「セグウィット」「ハードフォーク(分裂)」がその解決策として言われており、特に「ハードフォーク」についてはビットコインのマイナーからの支持があり、その可能性として大きく取り上げられてきました。

ハードフォークの際にビットコインが分離した場合に問題があるため、取引所はこのような声明を発表しているのが現状です。

これからビットフライヤーの声明の内容をピックアップしてきます。(*私独自の見解も含めているためビットフライヤーの見解と相違がある場合があります。)

ビットコインのハードフォークについての基本的な説明はこちら(ハードフォークがわからない方は参考にしてください。)↓↓

ビットフライヤーの声明についてのページはこちら

 ビットフライヤーの声明発表のタイミングについて

ビットコインのブロックチェーンにおいてのハードフォークの議論について、私は常に中 立な立場を取ってきました。そしてどちらか一方の意見を政治的な理由によってのみ支持す ることを避けてきました。それは客観性を持つべき取引所を運営する株式会社 bitFlyer の 代表取締役としての立場、日本ブロックチェーン協会の代表理事としての立場を鑑みて決断 した姿勢です。

分裂が伴わない「セグウィット」ではマイニングの報酬が減ることから、マイナーはハードフォークを望んでいます。そしてビットコインに影響力があるビットコイン長者についてもビットコインのハードフォークを望んでいる方もいるのです。そういった利権がらみの背景から、中立的な立場をとっていたと説明しています。

ハードフォークについてはビットフライヤーとして特に慎重に対応すべきという思いがあったためでしょうか。

この度、株式会社 bitFlyer として見解を表明することになりましたが、これは当社の顧 客保護のためであり、ビットコイン・エコシステムの存続を願う強いメッセージです。ビッ トコインの将来にとって不安定な状況が続くことが、一刻も早く解消することを願っていま す。

ビットフライヤーとしてもビットコインの下落について市場が不安になっていることを危惧し声明を発表したところもあると思います。

ビットフライヤーはハードフォークに対して反対をしている

 したがって、ハードフォーク等により、複数のブロックチェーンが共存し続ける事態に
は強く反対します。

その理由は

当社としてはまず、ハードフォークの内容がいかなるものであったとしても、ビットコイ ンのブロックチェーンが分岐し、複数の異なる仮想通貨体系として並存することは、ビット コインを取り巻くエコシステム全体のために絶対に避けるべきであると考えます。

分岐後のブロックチェーン間 においてハッシュ パワーの不均衡が生じた場合、弱いハッシュ パワーに支持されるブロッ クチェーンは、もう一方のより強力なハッシュ パワーによって常に無効化されるリスクに さらされます。つまり顧客資産が突然なくなる可能性があります。

ハードフォークにより分離するとされる「ビットコインコア」と「アンリミテッド」。実際ハードフォークが行われるビットコインを従来所有している人は分離した2つの通貨を持つことになると言われています。

しかしながらハッシュパワーが弱い通貨の方が無効にされるリスク、つまりどちらかの通貨が喪失することにより顧客の資産がなくなる可能性があると言われています。 つまりハードフォークをすることはそういったセキュリティ面でのリスクが伴うのです。

ビットコインアンリミッドに対する不安

また、現在の BU の仕様については改善の余地があると考えます。

そのセキュリティーの問題として、BU(ビットコインアンリミテッド)をあげています。実際アンリミテッドもこれまでバグが発生しており、そのためにマイナーは報酬を失う事態が発生しています。 アンリミッドをビットコインのメイン通貨とすることはリスクがあるということを説明しているのだと思われます。

 

ビットフライヤーのハードフォークを対する声明

しかし当社としては結果的にハードフォークが発生した場合を鑑み、お客様に以下の事項 をお約束いたします。

●  お客様の資産は守られます。BU によるハードフォークが発生した場合、ハードフォ ーク前にビットコインを保有されていたお客様はハードフォーク後に同数の BCC と BU を保有することになります。

●  ただしハードフォークの前後に、ビットコインを使った決済、ビットコインの預入 および送付等の取引を受け付けない期間を一定期間設ける可能性があります。

●  当社においてはハードフォークを機に懸念されるリプレイ攻撃は対策可能です。すでに対策の準備を進めております。

●  BU に対する分析・研究を継続し、お客様のリスクを最小限に抑制する努力を続けます。

 

2009 年以降多くのユーザーに支えられてきたビットコイン・エコシステムが、今後も安 定的に存続し発展することを強く望みます。bitFlyer はそのような発展を望むコミュニテ ィの 一参加者として、継続的にできる限りの貢献を行っていきます。

すでにアンリミッドのセキュリティーの問題が出ましたが、ハードフォーク後にビットコインが分離した場合、アンリミッドのセキュリティーが必要であると言われています。つまりそれができないと、ビットコインを2つ本当に別々の通貨として区別をして送付したりといった取引ができない可能性があるためです。

そのために、取引等を受け付けない期間があると、そしてBUに対する分析、研究を継続して顧客の資産に対するリスクを抑制していくと見解を出しています。

ビットコインはみんなのためにある

ビットコインはブロックチェーンの技術よって成り立っている通貨です。これまでになかった格安の手数料、素早い送金、取引履歴を改ざんできない等の技術であり、大きな期待を集められているのは確かです。

2009年より誕生したビットコインは、これまでマウントゴックスの問題やその他の取引所からビットコインが盗まれるなどの問題もあり、価格が大きく低下した時期もありましたが、それどころか年々取引量は増え、投資としてだけではなく、その技術の上、世界中から自国の通貨に不安がある等の理由で大きな期待を集めている歴史のある仮想通貨であると言えます。 

ビットコインは仮想通貨の中でダントツの時価評価額を持つ、いわば通貨としては王者です。

今回のビットフライヤーの見解は、すでに声明を行っている他の取引所と内容的にほとんどが一致していると思います。

そして革新的な技術としてのビットコインをこれまで以上に継続して、より多くの人が利用出来る事を、ユーザー、取引所等願っていることなのです。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

★大好評★仮想通貨投資実践メルマガ

    初心者から学べる無料の仮想通貨実践講座メルマガ   本サイト無料限定メルマガで初心者から学べる仮想通貨の基礎知識及び未公開仮想通貨情報などの有益な情報が満載!   仮想通貨実践講座の詳細はこちらから
メールアドレス:
氏 名:
Powered by ABC Mail

ビットコイントレードができる注目の取引所!

LEAVE A REPLY(コメント欄)

*
*
* (公開されません)

よく読まれている記事