初心者の仮想通貨のおすすめ運用方法
仮想通貨を運用するにあたり、役立つ重要な基礎知識。
仮想通貨取引所の紹介。
おすすめしたい仮想通貨一覧。
仮想通貨で収益を上げる実践投資情報をご紹介します。
仮想通貨最新のニュースをご紹介します。

ビットトレード(bittrade)〜仮想通貨取引所の評判と取扱通貨について

ビットトレード(bittrade)〜仮想通貨取引所の評判と取扱通貨について

ビットコイン(bitcoin)リップルイーサリアムなどの仮想通貨が取引できる取引所ビットトレード(bittrade)は、FX会社で評判の高いFXTFの関連会社の仮想通貨取引所になります。

ビットトレードでの取扱通貨はビットコインをはじめとしてビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、リップル、モナコインなど世界的に時価評価額が高い主要な仮想通貨を取引することができます。

ここではビットトレードの特徴及び口座開設方法についても併せて解説していきます。

ビットトレードの詳しい口座開設方法はこちら▼▼

ビットトレードのメリット、おすすめしたい点について▼▼

ビットトレードの概要

取引所会社名 ビットトレード(Bittrade)株式会社
資本金 5100万円(2017年5月)
設立 2017年9月12日
取扱通貨 6通貨(詳しくは記事下)
セキュリティ コールドウォレット、マルチシグで顧客の資産を分別管理
現物取引手数料 無料

 

ビットトレードでの取扱通貨

ビットトレードでは世界中で取引されている時価評価額が高い通貨が取引できます。(*通貨をクリックすると通貨の詳細はページへ)

仮想通貨 単位 特徴
ビットコイン BTC 時価評価額第一位の仮想通貨の代名詞
イーサリアム ETH 時価評価額第二位のアルトコイン、スマートコントラト」が注目を集める
リップル XRP 銀行間取引で利用される両替機能のある人気の仮想通貨
ライトコイン LTC ビットコインの送金速度を改善した仮想通貨
ビットコインキャッシュ BCH ビットコインが分裂してできた仮想通貨
モナコイン MONA 日本初の仮想通貨、2017年は600倍の値上がりを記録!

ビットトレードでの特徴としては、あの「リップル」や「モナコイン」が取引できるのが特徴です。それ以外としてはビットコイン、イーサリアムなどの主要な通貨も当然取り扱っているのが現状です。 

リリース当初からこれだけの通貨を取り扱っているため、今後の採用通貨も大きな期待を感じています。

関連記事▼▼(ビットトレードでの仮想通貨の買い方について)

ビットトレードの評判について

 

 

ビットトレードを使っている人の特徴
👉注目の通貨リップル(Ripple)が取引できる。

👉チャートが大きくて見やすい。

👉売り板買い板の個人間取引だから通貨が他の取引所より安い

👉FX会社としての長年の実績がありセキュリティ体制に安心が持てる

 

ビットトレードの見やすい取引画面

ビットトレードの取引はPCとスマホに対応しており、チャートを見ながら取引板を見て直感的に売買が可能です。

ビットトレードでの売買手数料

  • メイカー手数料・・・・取引板に並んだ注文から売買を行うこと。
  • テイカー手数料・・・・取引板に並んでいない価格から売買を行うこと。

一般的に取引板に並んだ価格で取引することにより手数料が安くなっています。

ビットトレードでの仮想通貨の取引は基本的に取引板で行います。取引板で注文が並んだものから価格を指定して通貨を買うという流れになります。

取引板で売買は基本的に「個人間取引」と言われて、手数料が0%でなくても「コインの価格」が取引所から直接買うのより安いため、有利な価格で仮想通貨を買うことができます。

 

仮想通貨交換業者に登録

いつもBittradeをご利用いただきありがとうございます。 本日2017年9月29日、ビットトレード株式会社は仮想通貨交換業者として、関東財務局に登録されました!

登録番号 関東財務局長 第00007号

2017年4月1日に施行された改正資金決済法により、日本国内においては、仮想通貨交換業者は国への登録が義務づけられました。金融庁は登録申請に合わせ、交換業者が利用者保護やマネー・ローンダリング対策など仮想通貨交換業を適正かつ確実に遂行する体制を整えているかを審査します。

  • 厳格な分別管理(お客様の資産と業者の資産を明確に分けて管理すること)
  • 充実した内部管理体制(反社会的勢力排除、取引時確認体制、苦情処理体制)
  • 強固なセキュリティシステム(個人情報保護、サイバー攻撃対策)

当社は、仮想通貨交換業の登録申請を行い、上記のような重要点において、仮想通貨交換業を適正かつ確実に遂行する体制を整えているかどうかの審査を受けた後、仮想通貨交換業の登録業者のうちの1社として、2017年9月29日に関東財務局の登録を受けることとなりました。ービットトレード

ビットトレードではいち早く仮想通貨交換業者とて登録をしており、取引所として営業を行っています。こういったところもFX会社のこれまでの実績とセキュリティ体制について評価されるところだと感じています。

 

ビットトレードのセキュリティ

仮想通貨は、インターネットに接続されているがゆえに、さまざまな脆弱性に晒されていますが、私たちはそのリスクを最小限に抑えるべく日々、努力と改善を行なっています。

BitTradeでは、仮想通貨の管理に際してマルチシグ(複数人署名)によるホットウォレットとコールドウォレットの管理体制を構築しています。マルチシグとは、仮想通貨の送信に複数人の承認が必要な仕組みであり、安全のためBitTradeのすべてのウォレットで採用しています。

仮想通貨交換業者であれば資産の分別管理は必要事項となっており、オフラインでハッカーが盗む盗むことができないコールドウォレットを中心に管理をしています。

ビットトレードでの仮想通貨取引方法

ビットトレードで取引を行うためには、まずは「メールアドレス」でビットトレードに登録することができます。その後個人情報の入力と身分証明書をPC上からアップロードすれば、口座開設のハガキがご自宅に届くため、それを受け取って口座開設が完了します。

その取引所に日本円を入金して仮想通貨の売買をすることが可能になります。

まずはメールアドレスで簡単登録

ビットトレードのサイトはこちらから▼▼
Bit Trade 新規口座開設プログラム

ビットトレードのトップ画面から「メールアドレス」を入力後、したのキャプチャにチェックを入れて「アカウント作成」をクリックします。その後登録のメールアドレスにメールが送られてくるので、メール文のURLをクリックすれば登録が完了します。

その後ログイン時にパスワードを設定し、その後ログインが可能になります。

ビットトレードの詳しい口座開設方法はこちら▼▼

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

リニューアル!★大好評★仮想通貨投資実践メルマガ

    本サイト無料限定メルマガで初心者から学べる仮想通貨の基礎知識及び未公開仮想通貨情報などの有益な情報が満載!   仮想通貨実践講座の詳細はこちらから

★ネム、モナコインが取引高国内第1位「ザイフ」

ビットコイントレードができる注目の取引所!

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 1 )

コメントはまだありません。

  1. […]  大手FX会社『FXTF🔗』の関連会社である『ビットトレード (bittrade)🔗』でもMT4が使えますがチャートを使えるだけで取引は今後対応予定としています。 […]

LEAVE A REPLY(コメント欄)

*
*
* (公開されません)