仮想通貨を運用するにあたり、役立つ重要な知識ついて解説します。
仮想通貨は触れていくうちにどんどん知識が含まっていきます。まずはビットコインを持って見ることが重要。おすすめの取引所を紹介します。
仮想通貨において代表的な、そして重要な通貨についてご紹介します。
キャンペーン
有益でオススメのキャンペーンを紹介。トレードごとにキャッシュバックを受けられるサイトや、口座開設で優良なEAを無料で手に入れる方法をお伝えします。

クラウドマイニングとは〜仮想通貨採掘の仕組みについて

クラウドマイニングとは〜仮想通貨採掘の仕組みについて

クラウドマイニング(cloud-mining)とは、ビットコイン(Bitcoin)のような仮想通貨を採掘(実際は追記作業を行う)することを言います。 マイニングの意味は採掘であり、ツルハシを持って採掘するイメージです。

別の記事でお伝えしましたが、ビットコインは管理者がいなく、仮想通貨のやり取りの記録はブロックチェーン上に記録されることになります。特定の管理者がいないため、その作業を検証・確認する必要がでてきます。

それが採掘と表している、つまり追記作業ということです。 この追記作業によりブロックチェーン上のやり取りの記録は改ざんを行うことができず成り立っているのです。

ブロックチェーン上の送金のやり取りの詳細は下記の記事をご覧ください。

オススメの読んでおきたい記事

ビットコインの採掘(マイニング)とは

ビットコインは、一定期間ごとに、すべての取引記録を取引台帳に追記します。その追記の処理には、ネットワーク上に分散されて保存されている取引台帳のデータと、追記の対象期間に発生したすべての取引のデータの整合性を取りながら正確に記録することが求められます。

その整合性を取る作業はコンピューターによる計算で実現できるのですが、膨大な計算量が必要となります。分散されて保存されている1つの大きな取引台帳のデータも、追記対象の取引のデータも、すべてを正確に検証してから追記しなければならないのです。

そこで、ビットコインでは、この追記作業に有志のコンピューターリソースを借りています。 余っているコンピューターの計算能力を借りることによって、膨大な計算を行い、みんなで共有する1つの大きな取引台帳に追記を行っているのです。

ビットフライヤーより拝借

追記作業(マイニング)を行うことによりブロックチェーンは成り立っている。

ブロックチェーンの仕組み

上の画像の右側に、各個人間でビットコインのやり取り図を書かれています。  2人の人がビットコインの受け渡しを行い、その一部のビットコインが会社の図の所へ送られています。

この会社の図を表したところがマイニングを行ったところであり、報酬を得ていることになります。  この図はブロックチェーンを表した図になります。

現在は膨大なコンピューター施設が必要

仮想通貨のマイニングのコンピュータ施設

こちらの図はビットコインのマイニングを行うコンピューター施設です。 現在はこのような施設でマイニングを行わないと収益が得られない状況になっています。

以前はまだビットコインがあまり流通していなかった時は、個人のパソコンでもマイニングができたいたらしいのですが、ビットコインすでに普及してしまった現在ではこのような施設でマイニングを行っている施設が増えてきました。

マイニングの検証作業は

マイニングの検証作業については(*ビットコインを例に)

  • ビットコインの正しい保有者なのかを確認する。
  • ビットコインが重複していないか確認する。
  • 実際に保有していないビットコインを使っていないか。

以上が主な項目です。

つまり上記のことにより、ブロックチェーンが改ざんできない仕組みになっており、これを世界中のマイニングができる施設の中で、作業が割り当てられたところが迅速に行うことにより、個人間で仮想通貨のやり取りが迅速かつ低コストで実現しているのです。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

★大好評★仮想通貨投資実践メルマガ

    初心者から学べる無料の仮想通貨実践講座メルマガ   本サイト無料限定メルマガで初心者から学べる仮想通貨の基礎知識及び未公開仮想通貨情報などの有益な情報が満載!   仮想通貨実践講座の詳細はこちらから
メールアドレス:
氏 名:
Powered by ABC Mail

ビットコイントレードができる注目の取引所!

LEAVE A REPLY(コメント欄)

*
*
* (公開されません)

よく読まれている記事