初心者の仮想通貨のおすすめ運用方法
仮想通貨を運用するにあたり、役立つ重要な基礎知識。
仮想通貨取引所の紹介。
おすすめしたい仮想通貨一覧。
仮想通貨で収益を上げる実践投資情報をご紹介します。
仮想通貨最新のニュースをご紹介します。

コインチェック取引所が日本円出金再開〜業務改善報告書と記者会見の内容について

コインチェック取引所が日本円出金再開〜業務改善報告書と記者会見の内容について

国内仮想通貨取引所であるコインチェック(coincheck)から仮想通貨ネム(nem)が流出した問題で、2018年2月13日より日本円出金再開されました。そして同時にコインチェックは金融庁へ業務改善命令に対する報告書提出したと発表も行っています。

コインチェックでは1月末にネムが流出した際に仮想通貨の(出金)と日本円の(出金)ができない状態となっており、13日より初めて日本円の銀行への出金が可能となりました。

同日の8時には大塚取締役が会見を開き、事業の継続や今後の補償について発言しました。

またコインチェックのCMに出演したお笑い芸人の「出川氏」の誕生日に日本円出金と不思議なことになったのも話題となっています。

関連記事▼▼

追記)4月7日 マネックスがコインチェックを買収し新体制へ!

大手証券会社のマネックスがコインチェックを買収し、新体制へ移行することになりました。

今後仮想通貨交換業の登録の可能性も近づき注目を集めています▼▼

 

コインチェックの出金再開時の13日の記者会見について

 

事業継続の意思がある」「仮想通貨の出金は安全を確認し次第」――仮想通貨取引所「Coincheck」を運営するコインチェックは2月13日、金融庁へ業務改善命令に係る報告書を提出したことを受け、東京都渋谷区の本社内エントランスで記者会見を開き、同社の大塚雄介取締役が現在の状況を説明した。

 大塚氏は、今後も事業を継続することをあらためて強調。停止していた日本円の出金を13日に再開し、同日付で401億円の出金指示を完了したという。あす14日以降も順次進めていくとしている。

 NEM以外の仮想通貨の売買や出金に関しては、外部のセキュリティ会社とネットワークとシステムの安全を確認し次第、再開する見込みだという。

 流出したNEMを保有していた顧客への補償については「資金自体はある」「顧客の資金と会社資産をもともと分けていた」と明言。補償の時期は「確定しだい報告する」とした。

 コインチェックは1月26日に、約580億円分の仮想通貨「NEM」を流出したと発表。29日には金融庁から資金決済法に基づく業務改善命令を受けていた。

 NEMを奪った犯人は、匿名性の高い仮想通貨「DASH」や「ダークウェブ」と呼ばれる匿名性の高いネットワークを通じてNEMの換金を試みているとみられる。ーニコニコニュース

コインチェック会見の要点
👉日本円出金401億円は完了

👉仮想通貨の送金や取引は安全が確認され次第再開する。

👉仮想通貨事業は継続して行っていく。

👉会社と顧客の資産は分離しており、会社の資産からネムを補償する。

👉仮想通貨交換事業者の登録は勧めていく。

以上のように会見の内容は確実に以前に比べて前向きに進んだ回答となりました。

業務改善命令に係る報告書を金融庁へ提出

本日、コインチェック株式会社は、このほど発生した不正アクセスによる仮想通貨NEMの不正送金に関連して金融庁より受けております業務改善命令に係る報告書を提出いたしましたことをご報告いたします。

報告内容は、業務改善命令において指摘されておりました、(1)本事案の事実関係及び原因の究明 、(2)顧客への適切な対応、(3)システム管理態勢にかかる経営管理態勢の強化及び責任の所在の明確化、(4)実効性あるシステムリスク管理態勢の構築及び再発防止策の策定、などについてとなります。

弊社といたしましては、引き続き着実に改善策を実施してまいります。また、1日も早く補償金のお支払いやお預かりしている仮想通貨の送金をすることができるようシステムの安全性の確認を進めております。

改めまして、お客様をはじめとする関係者の皆様に、多大なご迷惑、ご心配をおかけしましたことを心よりお詫び申し上げます。今後、策定する改善策を着実に実施することにより、お客様の信頼回復に向け、最善の努力をしてまいります。

 

今後のコインチェックの方向性について

2月13日はCMでおなじみのお笑い芸人「出川氏」の誕生日であったと話題に上がっています。もちろんこれが故意なのか偶然なのかははっきりしていません。

しかしながらコインチェックは今後「事業者を継続していく意思」を示しており、今後どのような方向に行くのか注目を集めています。

今後のコインチェックの方向性について
👉仮想通貨出金(送金)の段階的な解除

👉仮想通貨売買の段階的な制限解除

以上が今後の大きな特徴となると思われます。 

仮想通貨の出金についてはもちろん今後の仮想通貨市場を考え、日本円に交換せずにそのまま持っておきたい人がいます。 そういった方は今後コインチェックの仮想通貨出金再開より、他の取引所や個人のウォレットへ資産を移す可能性があります。

コインチェックの匿名通貨である「ジーキャッシュ」「モネロ」「ダッシュ」などはコインチェックが金融庁登録が遅れた原因と言われており、これらの出金制限が続くのかも焦点となりそうです。 

また同時に仮想通貨取引もビットコインからなどから制限解除を拡大していくのではないかと考えています。

上のツイッターは、金融資産数百億を持つ「シス氏」 コインチェックは現在ビットコインの価格は他の取引所と比べて下がっており、もしかしたら割安のビットコインもしくはコインチェックでしか買えない仮想通貨の取引をするつもりではないかと考えています。

コインチェックは今回セキュリティの問題で信用を落とす結果になりました。しかしながらもともと大きな潜在力がある取引所として他の取引所よりいち早くリップルやその他のアルトコインを採用し取引者が大きな資産を気付いたことは周知の事実となっています。 

現在の下落した仮想通貨相場で大物投資家は仮想通貨をさらに買い増しをしている状況が見られ、2018年も引き続き今後の方向性にますます目が離せない状況と言えます。

ビットコインの2018年の価格予想▼▼

仮想通貨ネムが取引できる注目の国内取引所「ザイフ」はこちら▼▼

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

リニューアル!★大好評★仮想通貨投資実践メルマガ

    本サイト無料限定メルマガで初心者から学べる仮想通貨の基礎知識及び未公開仮想通貨情報などの有益な情報が満載!   仮想通貨実践講座の詳細はこちらから

★ネム、モナコインが取引高国内第1位「ザイフ」

ビットコイントレードができる注目の取引所!

LEAVE A REPLY(コメント欄)

*
*
* (公開されません)