初心者は仮想通貨をどう勉強して運用していくのか。収益を上げる視点で重要な項目をご紹介。
仮想通貨を運用するにあたり、役立つ重要な知識ついて解説します。
仮想通貨は触れていくうちにどんどん知識が含まっていきます。まずはビットコインを持って見ることが重要。おすすめの取引所を紹介します。
仮想通貨において代表的な、そして重要な通貨についてご紹介します。

コインチェックでの仮想通貨値上がり比較ランキング(〜2017年10月)

コインチェックでの仮想通貨値上がり比較ランキング(〜2017年10月)

国内仮想通貨取引所コインチェック(coincheck)取り扱い仮想通貨について、2016年10月からの1年間で価格の値上がり状況をチャート付きで比較検証しました。

この比較でコインチェックで取引できる通貨がどのくらい値上がりをしたのかを知ることができ、お勧め(おすすめ)通貨の良い判断基準となると思います。

コインチェックが採用する仮想通貨はどれも時価評価額の高い通貨ばかりで、ほとんどが大きな値上がりを上げています。

関連記事▼▼

コインチェックは下記から登録可能です▼▼(メールアドレスで簡単登録できます。)

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

動画でもコインチェックでの値上がりランキングを解説▼▼

仮想通貨値上がりランキングの時期について

値上がりについては、2016年10月からの1年間2017年10月までを比較しています。 どの期間を採用するかで通貨の値上がりは変わってきますが、期間の特徴としては

  • 中国取引所の停止の影響から回復していると思われる。
  • 価格変動がやや安定している。

以上からこの時期で比較をしています。

仮想通貨値上がり比較表

以下コインチェックで取り扱う仮想通貨ごとの値上がりについて表にまとめました。

通貨名 単位 時価評価額順位 価格(2016年10月) 価格(2017年10月) 値上り率 値上り順位
ビットコイン BTC 70,000 631,000 801%
イーサリアム ETH 1,200 37,000 2980%
リップル XRP 0.98 29.7 2872%
ビットコインキャッシュ BCH 60,800 34,400 −43% 13
ライトコイン LTC  5 428 7,020 1540%
ダッシュ Dash 1,200 33,400 2680%
ネム XEM 0.44 24.2 5400%
モネロ XMR 660 10,300 1460%
イーサリアムクラシック ETC 12 110 1,310 1090%
ジーキャッシュ ZEC 16 6,600 25,400 284% 11
リスク LSK 18 19.8 520 2520%
オーガー REP 28 630 2090 254% 12
ファクトム FCT 45 280 1,850 560% 10

*ビットコインキャシュについては、8月1日のハードフォーク(分裂)までにビットコインを持っていた人は無料にて付与されているので、そういった方はプラスになります。

以下、ランキング5位より上位とビットコインについてご紹介していきます。

9位 ビットコイン(bitcoin)

コインチェックで取り扱う通貨としては値上りランキングは9位ですが、時価評価額第1位の不動の通貨といえます。ビットコインについては2016年で支払い対応店舗が4倍に拡大するなどどんどん普及をしています。

また2017年1月と2017年9月に中国の取引所停止の影響から大きく下げていますが、そこからすぐに回復。もはや仮想通貨は中国だけの市場ではないことを証明しています。 現在も最高価格を更新中のビットコイン。現在の専門家の予想は100万円を超えています。

関連記事▼▼

5位 リスク(RISK)

リスクはコインチェックの中でも隠れた人気がある仮想通貨といえます。時価評価額ランキングでは18位となっていますが、値上り率ではコインチェックで5位と大きな上昇を記録している通貨です。

リスクについてはアップデートや開発者のマーケティングによるセミナーなど積極的に行っており、今後も期待が持てる通貨といえます。

関連記事▼▼

4位 ダッシュ(Dash)

ダッシュは、アマンダさんという女性がユーチューブでダッシュのマーケティングを行ったことから有名になり、2017年3月中旬あたりから価格が上昇しています。

送金の際の承認速度が速いのが特徴であり、最近はビットコインデビットカードに採用されるなど注目を集めています。

関連記事▼▼

3位 リップル(Ripple)

リップルは早くから私が投資をしていた通貨で、コインチェックではイーサリアムに次ぐ第3位の値上がりとなっています。 ネムやライトコインなど他の通貨が最近は上昇しているのに対し、リップルは静けさを保ったままですが、国際的なリップルネットワークを使った会議や取り組みは確実に進んでおり、今後も大きな注目を集めています。

また有名な投資家「与沢翼」氏がリップルに1億円を投資したことでも有名になりました。

関連記事▼▼

 

2位 イーサリアム(Ethereum)

リップルやネムが仮想通貨で特に大きな値上がりを記録している印象を受けますが、イーサリアムはリップルを抜いて第2位の値上がりなっています。

イーサリアムは2016年にハードフォークを行い、その後一時期価格が下がっていましたが、2017年3月後半から価格が上昇。イーサリアムはプラットフォームとして、ICOや、仮想通貨のプログラムとして使用されたり、国連の難民キャンプで注目を集めたりと時価評価額2位にふさわしい活躍をしています。

今後イーサリアムのアップデートを通じてさらに注目を集めている期待の通貨といえます。

関連記事▼▼

 

1位 ネム(NEM)

コインチェック取り扱い通貨で第1位の値上がりとなったのはネム(NEM)になります。初期の価格が安いのもあり、54倍の凄まじい値上がりを記録しました。 2016年からネムが上がるとの噂が一部であっていましたが、まさかここまで価格が上昇するとは多くの人が思っていなかったのではないでしょうか。

特にネムは期待されるICOのプラットフォームの投資通貨として、ビットコインやイーサリアムと並び採用されるなど今後も注目を集める通貨といえます。

関連記事▼▼

コインチェックの強みである分散投資について

以上2016年から2017年のコインチェック取り扱い通貨の値上がりをご紹介していましたが、ほとんどの通貨が大きな値上がりをしています。

つまりコインチェックの取り扱う通貨に分散投資をして持っておくだけで、大きな利益を得ることができたことを証明しています。

もちろんどの通貨がどれくらい上がるかは当時はわかりませんでしたが、安値で通貨を買っておくことで、値上がり時の大きな利益を得ることができました。

今後のさらなる通貨の選別について

仮想通貨で大切な分散投資。しかしながらコインチェックの取り扱う通貨はほとんどが大きな値上がりをしているため、もう上がらないのではないかと直感的に感じている人もいます。

ですが、どの通貨がどこまで上がるのかは、ただの予測であり、通貨を投資するということは、通貨についての勉強が裏付けとなるのです。

ビットコインについても今60万円くらいですが、将来は110万円という予想がされており、イーサリアムについても現在4万円弱ですが、将来は10万円を超えてくるだろうという声が上がっています。

なので、もう値上がりしたから投資するのは遅いということではなく、今後さらに「実用性」と「将来性」を兼ね備えた通貨がさらに価格を上げてくる可能性があるため、さらにコインチェックが取り扱う通貨については注目していいきたいと思っています。

仮想通貨取扱数国内第1位のコインチェック取引所の特徴はこちら▼▼

コインチェックの登録はこちらから↓↓(メールアドレスで簡単に登録できます。)

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

コインチェック取引所での口座開設方法はこちら↓↓

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

リニューアル!★大好評★仮想通貨投資実践メルマガ

    初心者から学べる無料の仮想通貨実践講座メルマガ*旧メルマガは配信停止ですので新くメルマガ登録が必要になります。 本サイト無料限定メルマガで初心者から学べる仮想通貨の基礎知識及び未公開仮想通貨情報などの有益な情報が満載!   仮想通貨実践講座の詳細はこちらから

ビットコイントレードができる注目の取引所!

LEAVE A REPLY(コメント欄)

*
*
* (公開されません)