初心者は仮想通貨をどう勉強して運用していくのか。収益を上げる視点で重要な項目をご紹介。
仮想通貨を運用するにあたり、役立つ重要な知識ついて解説します。
仮想通貨は触れていくうちにどんどん知識が含まっていきます。まずはビットコインを持って見ることが重要。おすすめの取引所を紹介します。
仮想通貨において代表的な、そして重要な通貨についてご紹介します。

イーサリアムの価格高騰が止まらない!〜2017年で45倍上昇の理由を検証

イーサリアムの価格高騰が止まらない!〜2017年で45倍上昇の理由を検証

イーサリアム(Ethereum通貨名:ETH)2017年から45倍(6月時点)もの価格上昇を記録しています。価格推移とその高騰の理由について検証をしていきます。

現在ビットコインも同時に上昇していますが、アルトコインの中でもイーサリアムの上昇スピードは著しく他の通貨を圧倒している状況です。

イーサリアムについては、若干20代の開発者であるVitalik Buterinがロシアのプーチン大統領と会談するなどの注目を集めており、また同時に仮想通貨のICO(株でいうIPO、新規公開通貨)でイーサリアムが使われたりとイーサリアムの価格高騰の大きな要因が出てきています。

前回5月22日に作成した記事では24倍の値上がりであったものが45倍とさらに大きな価格高騰を見せています。前回の記事内容も価格上昇の要因を記載しています▼▼▼

大注目の通貨イーサリアムの特徴についてこちら▼▼▼

2017年からのイーサリアムの上昇は45倍を記録

2017年1月に約1000円であった価格が、3月に価格上昇を開始し5500円を記録。

そして5月のゴールデンウィーク明けにもさらに上昇をし22000円を記録し、今回それから約1ヶ月で45000円という大幅な価格上昇となっています。

2017年5月からの価格の上昇について


上はコインチェック取引所での価格上昇の通知状況です。

 

ここ1ヶ月間(5月22日〜)のチャートの価格推移です。ご存知の方もいらっしゃると思いますが5月27日に仮想通貨市場全体が大きく下落することがありました。

イーサリアムも同様に下げていますが、そこからの回復は早く、2・3日で元の価格まで戻り、そこから平行に推移していましたが、6月9日から価格が急上昇。

約28000円であった価格がわずか3日で45000円に上昇しました。

イーサリアム開発者がロシアプーチン大統領と会談

As commented by Kremlin Press Secretary Dmitry Peskov, during the meeting, Putin and Buterin discussed the application of technologies in the country. Reportedly, the president supported the idea of establishing new business relationships following the road paved by Blockchain technology.-cointelegraph

翻訳→ロシア報道のコメントによると、ロシアのプーチンとイーサリアム開発者Buterinは技術革新への議論を行い、その中でロシアのプーチン大統領は新しいビジネスとしてブロックチェーンを使用したものを支持したとある。

以上のように、6月1日にロシアのサンクトペテルブルクで開催されたサミットで、プーチン大統領とイーサリアムの開発者VItalik(ビタリク)が会談するしたことが大きく注目を集めました。ロシアもブロックチェーンを使用したビジネスを支持しており、今後その動向にますます注目を集めそうです。

またビタリクは他国の要人ともすでに会談をしているとの情報もあり、ブロックチェーンを使用した技術は世界的なプロジェクトとして発展する可能性も高まっています。

未公開仮想通貨のICOでイーサリアムを使用

こちらはICOと言って、仮想通貨の開発者が公開前に資金を調達する目的で行うものです。私も実際に投資している史上最高額約53億円の資金調達を行った「モバイルゴー」という通貨のICOの資金到達状況の画像が上のものになります。

このプロジェクトでイーサリアムが資金集めとして使用されています。もともと多くのICOはビットコインがメインでしたが、最近は拡張性も問題から取引が上限に近く送金に時間がかかる場合も多いため、イーサリアムをはじめとして複数の仮想通貨がICOで利用されるようになっています。

イーサリアムの送金スピードは早く、私が実際参加していたICOではイーサリアムで投資を行っており、早いものでは数十秒で送金が完了したりと大変便利だと感じました。

こういった要因からイーサリアムが買われ価格が高騰した理由が含まれています。

イーサリアムがビットコインの時価評価額を抜く可能性

こちらは仮想通貨市場全体の各通貨についての時価評価額を表したグラフになります。これを見ると各通貨が仮想通貨全体でどれくらい取引がされているかがわかります。

中でもビットコイン、イーサリアム、リップルの3つの通貨は市場に占める割合が多くなっています。

この時価評価額を見るとイーサリアム(33.2%)がビットコイン(39.5%)に迫っており、将来的に時価評価額を抜く可能性があることを言われています。ビットコインは本来通貨としての機能。そしてイーサリアムはそれに加えて「スマートコントラト」という契約を自動で行うためのプラットフォームとして実用性を兼ね備えたものになります。

今後ビットコインがスケーラビリティの問題がもし解決し、今以上にスムーズに送金ができたりと解決ができれば、ICOで使われる比率も大きくなり、そして決済手段としても実用性が増していきます。そうなった場合にイーサリアムと時価評価額がどの位置づけになっているかも注目したいところです。

イーサリアムの投資について

これまでのイーサリアムの高騰の要因は、他の通貨に比べて好材料が揃い大きなものとなっています。かしながら価格が上がりすぎている時に、「買い」で入ると急落して損失となる場合があるため、慎重に行動する必要があります。

買いタイミングとしては価格上昇がある程度落ち着いて下がった時がこれまでの経験から狙い目と言えます。その時のチャンスを利用するためにもイーサリアムについてはいつでも取引できる状態を作っておくことが重要です。

イーサリアムを含む仮想通貨市場はまだ比較的に新しい市場であるため将来的にはまだまだ普及し価格上昇する可能性が高いと言えます。その中でより「将来性」があり「実用的」な通貨はどういったものかを把握し、堅実に投資しておくことが仮想通貨市場で重要なことだと思います。

私が連載(月額550円)をする仮想通貨の記事では私が実際投資をしている通貨や注目のICOについて解説をしており、「イーサリアム」「リップル」「ゲームクレジット」等多くの方が早くから利益を上げられています▼▼▼

 

イーサリアムを取引するには国内取引所「コインチェック」がオススメ


イーサリアムについては現在取引できる取引所は他にもありますが、中でも世界から注目される「リップル」や「ネム」などの魅力的な通貨が取引できる国内取引所「コインチェック」がオススメです。

ビットコインだけでなく、今やイーサリアムやリップルをはじめとした「アルトコイン」は大きな注目を集めビットコイン以上に直近は値上がりを見せているからです。コインチェックで口座開設をした際は必ず「二段階認証」でセキュリティを強化させておくことをオススメします。本サイトのコインチェックの特徴の記事でその件についてもご説明しています。

コインチェック取引所の特徴と口座開設方法こちら▼▼

大注目のコインチェック取引所へはこちら(登録は簡単にできます。)▼▼

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

これまでのアルトコインがもたらしたもの

2017年はまさにビットコインだけでなく、「イーサリアム」や「リップル」をはじめとしたアルトコインの価格の上昇が特に大きく仮想通貨バブルと言えます。まだ2017年は始まったばかりとは言えますが、ますます注目されるアルトコインについてしっかりとどんな通貨かを知り投資をすることにより、大きな利益を上げてきている人が続出している状況です。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

★大好評★仮想通貨投資実践メルマガ

    初心者から学べる無料の仮想通貨実践講座メルマガ   本サイト無料限定メルマガで初心者から学べる仮想通貨の基礎知識及び未公開仮想通貨情報などの有益な情報が満載!   仮想通貨実践講座の詳細はこちらから
メールアドレス:
氏 名:
Powered by ABC Mail

ビットコイントレードができる注目の取引所!

LEAVE A REPLY(コメント欄)

*
*
* (公開されません)