仮想通貨を運用するにあたり、役立つ重要な知識ついて解説します。
仮想通貨は触れていくうちにどんどん知識が含まっていきます。まずはビットコインを持って見ることが重要。おすすめの取引所を紹介します。
仮想通貨において代表的な、そして重要な通貨についてご紹介します。
仮想通貨投資でより実践的な投資内容をお伝えする特別記事になります。将来性のあるオススメの仮想通貨やICOをご紹介

Factom(ファクトム)が急騰〜仮想通貨2.0の将来的な可能性

Factom(ファクトム)が急騰〜仮想通貨2.0の将来的な可能性

Factom(ファクトム)が急騰しています。 Factomは、仮想通貨2.0(ビットコイン2.0)と言われ、ブロックチャーンシステムを利用したプラットフォームと言われるシステムです。

今回急騰の理由はアメリカのウォール街の企業と提携をしたということが原因だと思われます。株式市場の取引をブロックチャーンシ上で記録する試みです。 

改ざんができない、透明性のあるブロックチャーンシステムを取り入れることで、取引をよりスムーズにそして公平に行うということです。

ファクトムは以前急騰して高値をつけていましたが、一度落ち着いてまた急騰した形になります。 なので今回2度目の高値を目指しています。

8月初旬に2.5ドルでしたが、現在は3ドルほどまで急騰している状況です。これを急騰というのか、または上がり始めなのか、判断は難しいですがシステムとしての価値が注目されているのは間違いありません。

Factomの価格が急騰これまでの相場について

Factom(ファクトム)とは〜暗号通貨2.0

Factomは、Factというところから語源がきおり、ファクト=事実を認証することを目的としたサービスです。Factom自体は、Dappsです。分散型のデータ認証プロトコルであり、特定のサービスを指すわけではありませんFactomを使うことで書類や記録を分散的に管理・追跡・監査でき、中央的なシステムに比べより安全に確実にデータ管理ができるようになります。

ビットフライヤーより

ビットコインと似たブロックチャーンシステムですが、ビットコインよりより、データ管理するのが早く、向いているというのが特徴です。

株式市場をファクトムを使ってデータ管理を行う

以下提携した企業であるIntrinio CEOレイチェル・カーペンターより

「これまで多くの起業家達は高すぎる価格や手数料などに阻まれ、Wall Streetのマーケットデータを使ったアプリケーション開発ができない状況にあった。我々は利便性の良いAPIをデベロッパーに安価で販売または譲渡することで、スタートアップなどの企業でもWall Streetのマーケットデータをユーザーに提供できるようにしたい。これはブロックチェーンのシンプルかつ強靭なデータ保護能力があればこそのサービスであり、革新的ファイナンシャル・ソリューションである。」

株式のマーケットデータをファクトムを使うことにより、安価で提供できることが最大のメリットになります。

ビットコインの例でもあるようにブロックチャーンシステムを使って送金する場合の手数料はわずか0.02%。革新的な安い手数料になります。 安価で透明性のあるシステム。これが現在求められる技術なのです。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

★大好評★仮想通貨投資実践メルマガ

    初心者から学べる無料の仮想通貨実践講座メルマガ   本サイト無料限定メルマガで初心者から学べる仮想通貨の基礎知識及び未公開仮想通貨情報などの有益な情報が満載!   仮想通貨実践講座の詳細はこちらから
メールアドレス:
氏 名:
Powered by ABC Mail

ビットコイントレードができる注目の取引所!

LEAVE A REPLY(コメント欄)

*
*
* (公開されません)

よく読まれている記事