仮想通貨を運用するにあたり、役立つ重要な知識ついて解説します。
仮想通貨は触れていくうちにどんどん知識が含まっていきます。まずはビットコインを持って見ることが重要。おすすめの取引所を紹介します。
仮想通貨において代表的な、そして重要な通貨についてご紹介します。
仮想通貨投資でより実践的な投資内容をお伝えする特別記事になります。将来性のあるオススメの仮想通貨やICOをご紹介

fx-on 第2回 ブロックチェーン技術

仮想通貨を知る上で『ブロックチェーン(block chain)』は大変重要な技術になります。 仮想通貨に投資しようと考えている人は、ぜひブロックチェーンについてはどのような仕組みかを理解することが重要になります。

ブロックチェーンとは、分散型台帳技術、または、分散型ネットワークである。 後述のR3 コンソーシアムで開発の進められているブロックチェーンは、Amazon.com・IBM・マイクロソフトのクラウドインフラを使用している。 R3 やリナックス財団だけでなく、USAAも研究チームを立ち上げている。
参照ーwikipedia
上の文章はウィキペディアからです。

分散型ネットワーク

分散型ネットワークとは、例えば送金を行うときに従来の銀行を介した中央集権的なシステムと違って、管理者がいないシステムを言います。

つまりブロックチェーン上のユーザーでお互い監視をしてネットワークを保っているわけです。

つまり仮想通貨を送金する場合は個人間で送金を行うため、信じられないくらいの格安の手数料で済みます。

ブロックチェーン仕組み

ブロックチェーンでは、オンライン上でネットワークが繋がっており、その中でやりとりができます。

上の図の右側では、オンライン上でネットワークが繋がっている絵が書かれています。 Bというサインはビットコイン(Bitcoin)という意味です。

左側では個人間で仮想通貨を送金した場合の仕組みです。 個人間で送金を行った場合にそのやり取りをチェックする人がいて、最終的にその人(画像ではビルの絵)の報酬いう形で仮想通貨が支払われています。 しかし、現代の銀行を通じたやり取りよりずっと安い手数料でやり取りができるのが特徴です。

世界の中では国によって手数料が違ってきます。中には20%〜40%もの手数料が発生する国もあるんです。

やり取りチェックする人は、そのやり取りが適切に行われているのを確認した後にブロックチェーンにそれを書き込むことになります。 その後送金が完了します。

取引を全て見ることができる。

またブロックチェーンの大きな特徴の一つに取引を全て見ることができるという特徴があります。まさに分散型社会でみんなで監視するということにふさわしい特徴です。

膨大な量になりますが、その取引を実際ダウンロードしてブロックチェーン上の全ての取引を見ることができます。 取引は番号でどのような取引がされているか見ることができるため、個人の名前などは記載されていません。

そしてその取引は改ざんすることができないのです。

通常管理者がいる場合は管理者がそれを改ざんする可能性もあります。年金の問題が一時期問題になりましたが、残念な話ですが管理者が意図的に金額を減らしたりする可能性がないとも言えないです。

まとめ

ブロックチェーンは現在大変注目されている技術で、日々企業や政府で取り入れる計画の話を聞くことができます。

もしあなたが仮に政府が信用できない国に住んでいるとします。 議員の間で汚職や賄賂などが多発していると、そう言った政府に年金をお金を預けて安心していられるでしょうか。

また国によっては、他国との戦争、クーデター、政権が不安定などの場合、その国の通貨の信用が低く、通貨の価格が大きく変わってきて安定しません。

そう言った場合にブロックチェーンは大きな役割を果たす日も近いのではないでしょうか。

★大好評★仮想通貨投資実践メルマガ

    初心者から学べる無料の仮想通貨実践講座メルマガ   本サイト無料限定メルマガで初心者から学べる仮想通貨の基礎知識及び未公開仮想通貨情報などの有益な情報が満載!   仮想通貨実践講座の詳細はこちらから
メールアドレス:
氏 名:
Powered by ABC Mail

ビットコイントレードができる注目の取引所!

(最終更新:2016年9月21日)

よく読まれている記事