初心者の仮想通貨のおすすめ運用方法
仮想通貨を運用するにあたり、役立つ重要な基礎知識。
仮想通貨取引所の紹介。
おすすめしたい仮想通貨一覧。
仮想通貨で収益を上げる実践投資情報をご紹介します。
仮想通貨最新のニュースをご紹介します。

SBIバーチャルカレンシーズが取り扱う仮想通貨リップルについて

SBIバーチャルカレンシーズが取り扱う仮想通貨リップルについて

SBI仮想通貨取引所である『SBIバーチャルカレンシーズ🔗』が取り扱う仮想通貨の中で注目されているのは、北尾会長も大きく期待しているリップル(Ripple,通貨名:XRP)と言えます。

SBIの取り扱い銘柄については2018年の時点でビットコイン、イーサリアム、リップル、ビットコインキャッシュとなっています。

中でもリップルは銀行間の国際送金において、大幅な送金コストの削減と送金時間の短縮が期待されている通貨であり、これまでも大きな価格上昇を記録してきた通貨になります。

関連記事▼▼

仮想通貨リップルについて

リップルは仮想通貨の中でも時価評価額第3位となっており、仮想通貨でも3番目に多く取引されている通貨になります。

上の図はリップルが支払いシステムとして、「スピード」、「コスト」、「取引量」を他の仮想通貨と比較した時を示したもので、リップルが他の仮想通貨と比べて第一位となっています。

「SPEED(速度)」→3.3秒

「コスト」→0.0004ドル(0.04円)

「取引量」→1500IPS

銀行間取引において、日本円をドルで国際送金する場合に「日本円→XRP(リップル)→ドル」とリップルを取引の中間に入れることで、コストやスピードの改善で大きく期待することができると言われています。

仮想通貨リップルのこれまでの値上がり

2017年1月から2018年4月までリップルのチャートです。

2018年1月の歴代最高価格400円から値上がりしているものの、2017年の中期的な期間では150倍という凄まじい値上がりとなっています。

私も2016年からリップルを保有していましたが、単純計算で10万円の投資金額で1500万円もの利益となる予定です。

北尾会長がリップルを支持している。〜2018年は10ドル?(1000円)

特に2017年からSBIホールディングスの北尾会長は、SBIバーチャルカレンシーズの代表取締役となっています。


北尾会長は上のツイートのようにリップルの価格については2018年さらに1000円に到達する予想を出しています。2018年4月時点で95円なので約10倍の値上がりを予想しているとのことです。

仮想通貨の売買手数料にも期待

SBIの北尾会長は、SBIバーチャルカレンシーズの仮想通貨の売買手数料については、「業界最安値」を予定していると発言し注目を集めています。

また住信SBIネット銀行🔗を使った即時日本円入金システムも対応する予定であり、24時間365日即時に仮想通貨取引所に入金が可能となります。 住信SBIネット銀行は他の仮想通貨取引所でも即時入金システムに対応しており、持っておきたいネット銀行の一つと言えます。

関連記事▼▼

まとめ

SBIバーチャルカレンシーの事業再開2018年夏となっていますが、リップルについては大きな注目を集めており、現段階でも持っておいたほうがいい仮想通貨と言えます。

SBIバーチャルカレンシーは特に仮想通貨のセキュリティに力を入れており、現段階でリップルを買っておきたい人は『GMOコイン🔗』『ビットトレード🔗 』などで購入しておきたいところです。

またリップルの保管としてセキュリティが強化できる有名な個人用ウォレットとして『レジャーナノS』が有名で私もほとんどのリップルはレジャーナノSで保管をしています。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

リニューアル!★大好評★仮想通貨投資実践メルマガ

    本サイト無料限定メルマガで初心者から学べる仮想通貨の基礎知識及び未公開仮想通貨情報などの有益な情報が満載!   仮想通貨実践講座の詳細はこちらから

★ネム、モナコインが取引高国内第1位「ザイフ」

ビットコイントレードができる注目の取引所!

LEAVE A REPLY(コメント欄)

*
*
* (公開されません)