初心者の仮想通貨のおすすめ運用方法
仮想通貨を運用するにあたり、役立つ重要な基礎知識。
仮想通貨取引所の紹介。
おすすめしたい仮想通貨一覧。
仮想通貨で収益を上げる実践投資情報をご紹介します。
仮想通貨最新のニュースをご紹介します。

SBI仮想通貨取引所はいつから?〜注目を集めるバーチャルカレンシーズ

SBI仮想通貨取引所はいつから?〜注目を集めるバーチャルカレンシーズ

国内大手SBIホールディングスの仮想通貨取引所であるSBIバーチャルカレンシーズは、早くて2018年夏から事業を開始することを表明しています。

すでに仮想通貨交換業者としての金融庁の登録は済んでいますが、昨年から取引開始が延期している理由としては、多くのユーザーに耐えられるプラットフォームの構築と取引所事業の最大の要点とされるセキュリティーと言われています。

現在国内大手の仮想通貨取引所でセキュリティー評価でも世界第1位を獲得している「ビットフライヤー🔗」に対して、SBIはどのようなサービスを展開するのかが鍵と言えます。

関連記事▼

SBIの仮想通貨取引所は早くて2018年夏の開始

SBIは2018年3月期決算説明会で配布した資料の中で、「規制当局の動きを見極めつつ、本格的な開始日については2018年夏に結論を出す見込み」と言及している。さらに、説明会で「早ければ夏に始めるということか」との質問に対して、北尾氏は「そうです」と述べた。

SBIホールディングス傘下のSBIバーチャル・カレンシーズは2017年9月29日、仮想通貨交換業者として金融庁に登録した。2018年1月30日に、一部の顧客を対象に限定的なサービスを始めている。ービジネスインサイダー

 

取引開始が遅れている理由はセキュリティー

SBIホールディングスは、コインチェックから巨額の仮想通貨が流出した事件や、その後の事業環境の変化などを踏まえ、本格的な事業開始の時期を慎重に検討してきた。これまで事業を開始していない理由について北尾氏は、「どうせ私どもがやりだしたら、あっという間にナンバーワンになる。だから、ものすごい数のお客さんが来ても、耐えられるシステムを構築しておかないといけない。安全性を徹底的に追求しないといけない」と述べた。

2018年に入って以降、仮想通貨を取り巻く事業環境は、大きく変化している。コインチェックを含むみなし仮想通貨交換業者は16社あったが、これまでに少なくとも7社が、撤退の方針を金融庁に伝えている。

 

仮想通貨取引所の事業は、高度なセキュリティが必要となるため、国内の仮想通貨取引所は『コインチェックのネム流出事件🔗』以降特にセキュリテイについて慎重になっています。

なぜなら仮想通貨が盗まれたらあっという間で取引所としても事業破綻の問題になりかねないためです。

国内大手企業として『ヤフー』が取引所として事業を開始することを表明しています。

取り扱い仮想通貨は4種類(2018年5月現在)

SBIが取り扱い予定の仮想通貨は

SBIの取り扱い予定の仮想通貨
・ビットコイン

・イーサリアム

・リップル

・ビットコインキャッシュ

上記は時価評価額1から4位でどれも仮想通貨として堅い投資と言えます。

SBIバーチャル・カレンシーズが取り扱う通貨については、ビットコイン、リップル、イーサリアム、ビットコイン・キャッシュなどを想定しているという。北尾氏は「とくに僕は、ビットコイン・キャッシュに力を入れたい。ビットコインは83%、84%、マイニング(採掘)され尽くしている。決済通貨としてもしんどい。値段も高くなりすぎている。ビットコイン・キャッシュは決済通貨として、リップルは送金通貨としていけると思う。匿名通貨は一切やらない」と話している。

ビットコイン キャッシュ🔗』については、マイニングの報酬がいいことから、マイニングを行うマイナーから大きな支持を得ています。

また大手の仮想通貨を取り扱うヘッジファンドでもビットコインキャッシュを採用している傾向があり今後もビットコインキャッシュには目が離せない状況と言えます。

SBIバーチャルカレンシーズの取引手数料は業界最安?

SBIの北尾会長は、SBIバーチャルカレンシーズの仮想通貨の売買手数料については、「業界最安値」を予定していると発言し注目を集めています。

関連記事▼▼

取引は住信SBIネット銀行が便利

SBIバーチャル・カレンシーズは個人投資家の皆様へ仮想通貨をお取引いただける取引専用サイト「VCTRADE」オープンに向けて準備中です。
「VCTRADE」でのお取引にあたっての日本円のご入金には住信SBIネット銀行の即時決済サービスをご用意しております。
住信SBIネット銀行の即時決済サービスご利用のご入金手数料は無料です。

FXや株でも同じように、仮想通貨取引所を使う場合は便利なネット銀行を使う方がほとんどとなっています。 大手ネット銀行である『住信SBIネット銀行🔗』はクイック入金ですぐに24時間365日送金が可能ですし、通常の他銀行宛の送金も最大15回無料(ランクによる)となっているなど使い道はかなり便利と言えます。

同じSBIグループとして、ネット銀行を持たない方は取引前にネット銀行を開設しておくことをオススメします。

SBIの北尾会長はリップルを推している


北尾会長が推している最大の通貨として度々名前があがる「リップル🔗」。銀行送金間に使用される通貨として従来の送金の大幅なコスト削減と送金スピードの改善が期待されています。

SBIの取引所事業開始でリップルに資金が流入し価格が今後どうなるかが注目されており、私もリップルについて中長期的なホールドをしています。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

リニューアル!★大好評★仮想通貨投資実践メルマガ

    本サイト無料限定メルマガで初心者から学べる仮想通貨の基礎知識及び未公開仮想通貨情報などの有益な情報が満載!   仮想通貨実践講座の詳細はこちらから

★ネム、モナコインが取引高国内第1位「ザイフ」

ビットコイントレードができる注目の取引所!

LEAVE A REPLY(コメント欄)

*
*
* (公開されません)