初心者は仮想通貨をどう勉強して運用していくのか。収益を上げる視点で重要な項目をご紹介。
仮想通貨を運用するにあたり、役立つ重要な知識ついて解説します。
仮想通貨は触れていくうちにどんどん知識が含まっていきます。まずはビットコインを持って見ることが重要。おすすめの取引所を紹介します。
仮想通貨において代表的な、そして重要な通貨についてご紹介します。

エドワード・スノーデン氏「Zcash(ジーキャッシュ)はビットコインの替わりとなる」

エドワード・スノーデン氏「Zcash(ジーキャッシュ)はビットコインの替わりとなる」

あのエドワード・スノーデン氏(元NSA,CIA職員)が仮想通貨Zcash(ジーキャッシュ)について「ビットコイン(bitcoin)の替わりになり得る非常に面白い技術だ」と発言をして注目を集めています。

仮想通貨でジーキャッシュは「ゼロ知識証明」というプライバシー技術で送金時の取引を非公開にすることができます。この技術については世界大手の銀行であるJPモルガンと提携をしており、またイーサリアムの次回のアップデート(イーサリアムの仕様を改良)でも取り入れる予定となっており、非常に注目をされている技術となっています。

関連記事▼▼

エドワード・スノーデン氏について

エドワード・ジョセフ・スノーデン(英語: Edward Joseph Snowden、1983年6月21日 – )は、アメリカ国家安全保障局 (NSA) および中央情報局 (CIA) の元局員である。NSAで請負仕事をしていたアメリカ合衆国のコンサルタント会社「ブーズ・アレン・ハミルトン」のシステム分析官として、アメリカ合衆国連邦政府による情報収集活動に関わった[6]

2013年6月に、香港で複数の新聞社(ガーディアン、ワシントン・ポストおよびサウスチャイナ・モーニング・ポスト)の取材やインタビューを受け、これらのメディアを通じてNSAによる個人情報収集の手口を告発した[7][注釈 1]ことで知られる(PRISM)。

2013年6月22日、米司法当局により逮捕命令が出され、エクアドルなど第三国への亡命を検討しているとされていたが、同年8月1日にロシア移民局から期限付きの滞在許可証が発給されロシアに滞在中である[9]。2014年1月、ノルウェーのボード・ソールエル(英語版)元環境大臣からノーベル平和賞候補に推薦された[10]。ーウィキペディア

スノーデン氏の映画です。▼▼

エドワード・スノーデン氏と仮想通貨技術者にとのジーキャッシュの議論について

スノーデンの発言の元のとなったツイートは科学技術者のメイソン氏の発言からです。


翻訳→仮想通貨ジーキャッシュは、暗号通貨技術者良い専門的に設計された唯一のアルトコインです。無視できない。

これのツイートに対してスノーデン氏は


翻訳→確かに。ジーキャッシュのプライバシー技術はビットコインの代替としてかなり面白いものになるだろう。ビットコインはすごい。しかしもしそれがプライベートではない場合、安全と言えない。

プライベートではないという意味はビットコインの取引履歴は全てブロックチェーン上に公開されているからです。誰でもその取引を見ることが可能です。つまりスノーデン氏はセキュリティがないということは安全ではないと発言しています。

その後スノーデン氏は「モネロはどう思う」という他者の質問に対して


翻訳→すばらしプロジェクトです。しかしながら問題としてアマチュアな暗号通貨であり、何か大きな問題を引き起こし私のようなものに影響する可能性がある。

このツイートからするとジーキャッシュの技術はモネロのように他のプライバシー技術を持った暗号通貨より、より専門的に作られていると発言しています。

The statements fed into the existing rivalry between the competing currencies. In the resulting flood of Twitter responses, Monero developer Richard Spagni strongly defended his project’s technology, while the creator of litecoin, Charlie Lee, stated: “I own Monero but not Zcash”.ーcoindesk

翻訳→スノーデン氏の発言は、同じ技術を持つ通貨に対抗心を抱かせました。ツイッターのやり取りの反応として、モネロの開発者であるリチャード・スパーグニ氏は強くスノーデン氏の発言に反対して、「モネロの開発はより技術的である。」と発言氏、ライトコインの開発者チャーリー・リー氏は「私はモネロを所有しているがジーキャッシュは持っていない」と発言をしています。

 

ジーキャッシュの価格について


ジーキャッシュの価格のチャート(2017年4月〜)になります。

もともと4500円くらいで推移した価格ですがJPモルガンとセキュリティ技術の提携より価格が4月に高騰、現在は28000円となっています。(約6倍の高騰)

 

興味深いジーキャッシュに関わる議論

以上ご紹介したように、元NSA、CIAの職員でアメリカの機密情報を漏らしたことで、世界中で注目を集めているエドワード・スノーデン氏と、仮想通貨の技術者がツイッターでジーキャッシュの議論をすることは非常に興味深いやり取りとなりました。

スノーデン氏は仮想通貨を所有しているのか。

今回スノーデン氏はジーキャッシュの技術については、「最も面白い」と発言をしていますが、なぜ彼はジーキャッシュについてこのような発言をしているのか、もっと詳しい理由があるではないかと非常に気になります。 

実はスノーデン氏のジーキャッシュ関わる発言は1年前の2016年にもジーキャッシュのプライバシー技術について安全な技術であると発言をしています。

しかしながらスノーデン氏はジーキャッシュの発言をすることから、仮想通貨に興味を持っていることは間違いありません。もしかしたら仮想通貨の技術だけでなく、価格の値動きも興味を持っていて彼は仮想通貨を所有しているかもしれません。

このやり取り見て仮想通貨ジーキャッシュ(Zcash) についてさらに注目を集めたことは間違いありません。 

私はすでにジーキャッシュを持っていますが、この記事でのスノーデン氏と仮想通貨の技術者とのやり取りを見てジーキャッシュに興味を持って、所有したいと思った方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ジーキャッシュの取引ができる国内取引所「コインチェック」

ジーキャッシュの購入(取引)は、国内でも注目の取引所である「コインチェック(Coincheck)」で取引が可能です。

コインチェックはジーキャッシュの他に、「イーサリアム」「リップル」「ネム」など世界的に有名な通貨を取り入れているのが特徴であり、国内の取引所で最大の通貨数が取引できます。

「ジーキャッシュ」だけでなく、「イーサリアム」「リップル」や「ネム」も使える注目の取引所「コインチェック」の特徴はこちら↓

ジーキャッシュは上の画像のようにコインチェック取引所で「ビットコイン」「日本円」どちらでも購入することが可能です。

コインチェックの登録はこちらから↓↓(メールアドレスで簡単に登録できます。)

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

コインチェック取引所での口座開設方法はこちら↓↓

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

★大好評★仮想通貨投資実践メルマガ

    初心者から学べる無料の仮想通貨実践講座メルマガ   本サイト無料限定メルマガで初心者から学べる仮想通貨の基礎知識及び未公開仮想通貨情報などの有益な情報が満載!   仮想通貨実践講座の詳細はこちらから
メールアドレス:
氏 名:
Powered by ABC Mail

ビットコイントレードができる注目の取引所!

LEAVE A REPLY(コメント欄)

*
*
* (公開されません)