仮想通貨を運用するにあたり、役立つ重要な知識ついて解説します。
仮想通貨は触れていくうちにどんどん知識が含まっていきます。まずはビットコインを持って見ることが重要。おすすめの取引所を紹介します。
仮想通貨において代表的な、そして重要な通貨についてご紹介します。
キャンペーン
有益でオススメのキャンペーンを紹介。トレードごとにキャッシュバックを受けられるサイトや、口座開設で優良なEAを無料で手に入れる方法をお伝えします。

ビットコイン(bitcoin)とは?〜仮想通貨の特徴(使い方や仕組み)・評判について

ビットコイン(bitcoin)とは?〜仮想通貨の特徴(使い方や仕組み)・評判について

ビットコイン(bitcoin)は、この仮想通貨の代名詞とも言える存在の通貨です。

ビットコインの相場(チャート)を見ればわかるように、仮想通貨の中でもビットコインは一番取引量が多く、その通貨の価値としても信頼性が最も高い通貨だと言えます。2009年から相場で発行以来ビットコインは右肩あがりで価格が上昇してきました。

そして現在は楽天がビットコイン導入を検討中であり、すでに同じ大手企業のDMM.comはすでに商品の決済にビットコインを導入しています。 そして、あのスターバックスもipayyouというアプリでビットコインの支払いに対応しています。

海外ではMITなどの世界を代表する大学の専攻に仮想通貨を取り入れる取り組みも現在考えられており、非常に将来性のある通貨と言われています。

 

ビットコイン(Bitcoin)とは

ビットコインbitcoinとは何?

ビットコインは仮想通貨の中の一つです。 

仮想通貨は現在1,000種類以上と言われ、大変多くの通貨があります。 なぜこのように通貨がたくさんあるかというと、仮想通貨の仕組みのプログラムが公開されており、それを使ってプログラムの知識がある人は仮想通貨を作れるからです。

ビットコインは仮想通貨の中心的とも言える存在であり、2009年の発行以来最も多く取引がされています。

ビットコインの時価総額は他の通貨と桁違い 約1兆6000億円

上の図は、仮想通貨の時価総額ランキングです。  ➡︎画像のリンク先はこちら

トップの赤枠で囲んだ通貨が『ビットコイン』になります。 

左から2番目の項目に『Market cap』つまり時価総額のことです。

この数値が他の通貨に比べて桁違いに多いのがわかると思います。 つまりたくさん取引されているということを示しています。 しかも他の通貨に比べて取引高の増加が顕著です。

2016年6月時点で約9000億円だったのが、2016年末で1兆6000億円と凄まじい上昇を続けています。

通常通貨の取引量が多いということは、その価値の高さを表します。

通常は通貨が信頼性がある、安定しているという理由で取引がされます。つまりビットコインは仮想通貨の中で中心的とも言える通貨で、桁違いに取引量が多いのです。

ビットコインのこれまでの相場(チャート)

こちらは、ビットコインの2013年からの価格を示した相場になります。 緑の線は対ドルでのビットコインの価格になります。

2013年の約100ドルのビットコインの価格は、2016年末で870ドルとなっています。その値上がりはおよそ8.7倍。 2014年に一度大きな上昇となりましたが、その後は次第に下落しかし、その後2016年に入ってから、緩やかに上昇を開始、2016年末には870ドル(約10万円)を超える上昇見せています。

2016年末の870ドルの高値は2014年にマウントゴックスが破綻した後の、はじめての高値になります。 一部では2017年は1BTC=2000ドルまでとも言われていますが、仮想通貨が様々なものに応用されたり使用されたりと注目を集めている中っで今後も目が離せない状況といえます。

➡︎(参考)ビットコイン(1BTC)の価格が10万円を突破!1日で7%もの上昇を記録

ビットコインの中核とも言える技術「ブロックチェーン」

ビットコインの技術の革新とも言えるものが『ブロックチェーンシステム(Block Chain)』と言われるシステムです。

このブロックチャーンの技術は現代では非常に革新的な技術であり、その技術上にビットコインが取引されているのです。

その特徴は

  • 手数料が安い(国内送金より安い)
  • 管理者がいない(取り引き履歴がオープンで改ざんができない)
  • 個人間で世界中で直接取り引きが可能
  • 24時間365日取引が可能

管理者がいなく、個人間でやりとりができる。そして全世界の人がどのような取引があったか見ることができるというのは今までにない技術でした。

ビットコインの手数料は格安!

ビットコインはBTC(ビーティーシー)という単位で扱われ、現在は1BTC=100000円(2016年12月現在)くらいです。 このBTCを使ってBTC同士や他の通貨とも交換ができるとても便利な通貨なのです。

ビットコイン手数料は取引所によりますが、送金のやりとりで一般的には0.02%と言われています。もちろんオンライン上なので、全世界どこでも同じです。

通常の海外送金では、アメリカやカナダなど先進国に送付する場合数千円は最低かかります。 また新興国(シリア等)になると、なんと送金額の20〜40%もの手数料がかかるとも言われています。

とても高い手数料です。これがビットコインになると0.02%という信じられない安い金額を実現しているのです。

銀行にとってブロックチャーンシステムは脅威かもしれませんが、利用する私たちにとっては望ましい技術なのです。特に通貨システムがまだ発達していない新興国ではなおさら将来的に大きなニーズを秘めているのです。

自分の国の通貨が過度のインフレを起こしている南米の国などはビットコインの価値が高まっており、中国やインドその他の国でビットコインは大きな需要と注目を現在集めています。

透明性が高いシステム

ビットコインは、ブロックチャーンシステム上で、2009年の発行以来からこれまでの記録を見ることができます。 すべての取り引き履歴です。 

膨大な量なので普通はすべてダウンロードして見る人はいませんが、しようと思えば可能なのです。

管理者がいなく、改ざんができなシステム。現在のシステムでは管理者がいれば改ざんすることは可能ですよね。以前問題になった『年金改ざんも問題』もそうです。

こう言った、格安の手数料、そして透明性の高いシステム。価値があるからこそ取引がされるのです。 そして価値があるからこそハッカーもそれを狙っているのも確かなのです。 価値がないものは誰もリスクを冒してまで盗もうとはしません。

ビットコインを所有するには

ビットコインを所有するには「取引所」というところで、口座開設をしてビットコインを持つことになります。簡単に言うと

日本円入金➡︎ビットコイン購入

という流れになります。

そしてそのビットコインを「ウォレット」というビットコイン保管する財布を使って保管することになります。そしてそこからビットコインを受け取ったり、送信したりできます。 *下記の記事はとても重要な知識になります↓↓↓

そしてビットコインなどの仮想通貨を持つ際に重要になってくるのが『個人でもセキュリティーの知識を身につける』ことになります。セキュリティーについては「2段階認証」「秘密のパスワードの設定」や「ペーパーウォレット」という紙でビットコインを持つ方法などです。

ビットコインを持ってる人の中には、まだ銀行に資産を預けている感覚の方がいますが、実際は盗まれても誰も助けてくれないので、自分でしかりとセキュリティー対策をして持つことが重要になってきます。

 

ビットコインの流出(盗難)問題について

これまでビットコインはハッカーにより盗まれる事件が発生しました。 有名なのがマウントゴックス、香港のビットフィネッククスなどです。

➡︎(参考)香港の仮想取引所「ビットフィネッククス」からビットコインが流出! 

ビットコインはデジタルの通貨なので、盗まれると戻ってくる可能性はかなり低いと言えます。そしてデジタルなので現物の現金と違い追跡して取り返すことが困難と言えます。

だからビットコインが価値がある資産であるとすると、ハッカーは喉から手が出るほど欲しいのです。 現金であれば盗まれれば、警察が追いかけてくれますが、ビットコインはそうはいかないのです。

ですがこれまで盗まれてきたビットコインは、「危険、危ない」というイメージを一般の方は持っています。ですが、なぜこれまで盗難や流出があっているのに、ビットコインは世界中でたくさん取引され、価格も上がっているのでしょうか。  なぜあの世界的に有名なスターバックスでビットコインの支払い可能になったのでしょうか。

ビットコインの詐欺について

ビットコインを利用した詐欺が多くなっているという話をよく聞きます。 失ったものは戻ってこないというビットコインの特性を利用して、投資をさせるということです。

よく話を聞くのが仮想通貨がよくわかっていない人に対して「自分は1ヶ月でビットコインを2倍にしたから是非してみて!」「このサイトを利用してビットコインを運用すると毎日1%の金利がつくよ。などの誘いで多くの人を勧誘している話をよく聞きます。

大半の案件が「ねずみ講」と言われる手法で、紹介者を多く増やした方が儲かるという仕組みになっています。紹介が増え続ければ毎日1%の金利でも支払いが可能ですが、そのサイトが詐欺とわかって、紹介が減った場合にサイトが破綻して多くの人が損をすることになります。  結局は儲かる人は、一部の人で多くの人を紹介できた人になります。

そのようなものを利用するより、普通にビットコインを買って持っていた方がより多くの人が投資として収益を上げられることは実際のビットコインのチャートを見れば一目瞭然といえます。 初心者の方は一部の儲かる人に利用されて、紹介料を払うことで、その人を儲けさせ、結局はピラミッド構造と同じく頂点の数少ない人が儲かり大半の人が損をするのです。

➡︎(関連)参考記事はこちら

ビットコインの主なニュース

本サイトでご紹介しているビットコインの主なニュースをご紹介します。

  • ビットコインが国内初公共料金(電気)の支払いに対応したというニュースです。 ➡︎記事はこちら
  • あの東京三菱UFJ 銀行がアメリカの取引所に出資を行ったというニュースになります。ビットコインに国内銀行が参入したということで話題になりました。➡︎記事はこちら
  • ビットフライヤー取引所がブロックチェーンの新技術として「Miyabi」を発表。従来の仮想通貨をさらに利便性をよくした技術で、来年以降に本格的に導入する予定としています。国内大手銀行も関わっているということで注目を集めています。➡︎記事はこちら

 

ビットコインで家を建てた!? ビットコインの有名な話

ビットコインで家が建つ!?

ノルウエーの男性が2009年にビットコインを2700円程度で買い、その後買ったことを忘れていたのですが、4年後にビットコインの価格を見て本人はその価値が886000ドル(=9000万円)に膨れ上がっているのを見て驚愕したと言うニュースです。

その後税金を支払った残りの金額で家を建てたという有名な話です。

現在ビットコインの価格は1BTC=60000円程度(2016年8月現在)です。 専門家の間では1BTC=30万までと話している専門家もいます。

将来的にいくらの価格になるとは誰もわかりませんが、ビットコインが仮想通貨として大きな注目を得ていることは間違いないと思います。

ビットコイン(bitcoin)にまずは触れてみることが重要な理由

ビットコインはその取引を行うことで非常に重要な技術を体験することができます。

ビットコインはかなり少額から持つことができ、100円からでもビットコインを持つことが可能です。

日本では本当に仮想通貨が必要かというとまだその段階ではないと思います。ビットコインがなくても他国と比べて割と安い手数料で海外送金ができるし、電子マネーもあり特に不便がないともいえます。 

ですが一方では、海外送金には銀行を介して行うので、ビットコイン送金に比べれば、頻繁に送金するなどした際にはかなり高い手数料を支払う必要が出てきますし、また手続きにおいても平日の営業時間のみの対応送金に1週間程度の時間を要する点などから見ると、ビットコインは革新的な技術といえるのです。

ビットコインを持つ方は、その値上がりを期待して持つ人が大半ですが、中にはビットコインが世界で注目されているため純粋にビットコインを持ってみたいという方もいらっしゃいます。

ビットコインを取引所を通じて所持して、その後自分の作成したウォレットに送金をした時は瞬時に送金が可能であり、それを体験した人はほとんどの人が「すごい」「あっという間だ」「これがブロックチェーンの技術か」とその通貨に実際触れてみることで技術を理解できるようになります。

そうすると「これって本当に世界に必要とされているものなのかもしれない」「この技術これから本当に必要となると思う。」と感じるのであれば、そこからビットコインを所持して投資を行うことになる人が多いです。

なのでまずは「実際使ってみて体験する。」100円でもいいので送金をしてみてその技術を体感してみることで、より仮想通貨の世界を知ることができます。

ビットコインが取引できる仮想通貨取引所

仮想通貨が取引できる国内の取引所を本サイトで特徴を交えてご紹介しています。

中でも有名な取引所が『コインチェック』と『ビットフライヤー』です。

コインチェック』は私が現在メインで取引をしている取引所であり、ビットコイン以外にも、仮想通貨の中で時価評価額が高い世界的に注目されている通貨も取引ができるところになります。有名なもので、イーサリアム、リップル、モネロ、ライトコイン、ファクトムなど他にも複数通貨を採用しています。

そして最近はビットコイン以上にイーサリアムやリップルが高騰し、大きな利益を上げている人が続出している状況です。 国内で一歩進んだ取引所といえます。

私がメインで取引をするコインチェックについてはこちら↓↓

(関連記事)仮想通貨で億万長者の誕生↓↓(コインチェック取引所での通貨です。)

 

『ビットフライヤー』は、芸能人の「成海璃子」さんを起用したということで話題にもなっている取引所になります。ビットコインの取引量は国内第1位という取引所です。取引通貨はビットコイン、イーサリアムのみになるため、ビットコインメインの取引の場合はオススメの取引所になります。

下記に国内取引所のご紹介をしているので、参考にしてみてください↓↓

ビットコイン等仮想通貨について質問がある場合は、お気軽にご連絡ください。

➡︎お問い合わせはこちら

多くの方に参加していただいている「仮想通貨の実践講座」無料メルマガの概要はこちら↓↓

➡︎「仮想通貨の実践講座」無料メルマガ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

★大好評★仮想通貨投資実践メルマガ

    初心者から学べる無料の仮想通貨実践講座メルマガ   本サイト無料限定メルマガで初心者から学べる仮想通貨の基礎知識及び未公開仮想通貨情報などの有益な情報が満載!   仮想通貨実践講座の詳細はこちらから
メールアドレス:
氏 名:
Powered by ABC Mail

ビットコイントレードができる注目の取引所!

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 奥山 忠道

    ビットコインのカードがあると聞いたのですが、どこのクレジット会社と提携しているのかわかりませんが、
    一般のお店でも使えるし、又ATMから日本円にも出来る、というような話ですが、どこに、どのように申請
    するんでしょうか?非常に便利なように思うので、作ってみたいと思っています。

    • By keishi

      ご連絡ありがとうございます。 カードについてはデビットカードのwirexカードや、プリペイドカードのバンドルカードが有名だと思います。いずれもまだこれから普及する段階なので、使用者の評判などが少ない状況ではあります。「ビットコイン カード」で検索をしてみるとカードのサイトを見つけることができます。

LEAVE A REPLY(コメント欄)

*
*
* (公開されません)

よく読まれている記事