初心者は仮想通貨をどう勉強して運用していくのか。収益を上げる視点で重要な項目をご紹介。
仮想通貨を運用するにあたり、役立つ重要な知識ついて解説します。
仮想通貨は触れていくうちにどんどん知識が含まっていきます。まずはビットコインを持って見ることが重要。おすすめの取引所を紹介します。
仮想通貨において代表的な、そして重要な通貨についてご紹介します。

Zcash(ジーキャッシュ)注目の仮想通貨の将来性と価格について

Zcash(ジーキャッシュ)注目の仮想通貨の将来性と価格について

Zcash(通貨名:ZEC)は、あの大手銀行JPモルガンとの提携が大きな話題となった仮想通貨になります。「ゼロ知識証明」と言われる「匿名性」の機能を持つ通貨で、取引時にその情報を非公開でやり取りができるのが特徴です。 このシステムはあのイーサリアムでも技術を取り入れるために提携をZcashとしています。

ジーキャッシュについては2016年10月のリリース以降価格が急上昇となりましたが、その後は低迷していました。その後2017年3月より上昇し始め、JPモルガンとの提携で一気に急騰を見せるというこれまでの価格の特徴があります。

このような歴史を持つジーキャッシュ。今後の気になる将来性とこれまでの価格の推移をご紹介していきます。

 

仮想通貨 Zcash(ジーキャッシュ)とは

ZCASHの特徴は、ゼロ知識証明を用いてブロックチェーン内の通貨の取引を暗号化する「高い匿名性です。
匿名性のメリットは、資産のやり取りを第3者に明かすことなく行えること。

ZCASHは、ゼロ知識証明を使った初めての本格的な仮想通貨として期待されています。

誰が誰にいくら送ったかを第三者に明かさなくても、送金トランザクションの正当性が証明できることがZCASHとビットコインとの大きな違いです。正当性を証明するために、ゼロ知識証明が採用されています。

ビットコインで採用されているブロックチェーンは、高い匿名性と信頼性を実現したシステです。
しかし、ビットコインは仮名性で取引を追跡できることから、完全な匿名性とは言えません。

ZCASHは、取引を追跡できない完全な匿名性を実現した仮想通貨です。
ブロックチェーンに加え、各取引の仮想通貨の量、送信者、受信者を非公開にした状態で送金処理が可能になりました。

ブロックチェーンシステムを利用する仮想通貨の取引では、仮想通貨の所有という事実を証明する秘密鍵情報を使用し取引が行われます。
ZCASHはゼロ知識証明を採用し、取引する仮想通貨の量を非公開の状態で決済を可能にし、取引の追跡を不可能にする仕組みです。ーコインチェックより

要するに「完全非公開」で取引ができるのがジーキャッシュの特徴になります。ジーキャッシュに似た通貨に、モネロ(Monero)やPIVXなどの通貨がありますが、こちらは一部非公開の機能を持つものです。

そして「秘密鍵(プライベートキー)」を持つ人だけが、その取引情報を知ることができます。

仮想通貨 Zcash(ジーキャッシュ)の価格の推移

ジーキャッシュの全期間チャート(〜2017年6月)です。 驚くべきことにリリース当初53万円と急騰を見せ、その後急落。ご想像の通り、53万円で買った人は大きな損をしています。 逆を言えば、それだけリリース当初話題を集めた通貨であり、それに加えマネーゲームとして資産家が大きな資金を投入したことによりこの価格まで膨れ上がりその後急落しています。

この出来事は数日間での出来事なのです。

その後価格が低迷していましたが、実は私はこの低迷期にジーキャッシュに一部投資しています。 ですがいつの時点で価格が上がるかは不明でしたが、価格が前回の上昇に比べて非常に割安であったことから、大きな金額ではないですが投資をしていました。

 

その後2017年3月から価格が徐々に上昇しました。これはリップルやネムをはじめとした他の通貨(アルトコイン)が注目を浴び全体的に価格が上昇した時期です。 特にイーサリアム、リップル、ネムの上昇は大きかったのが特徴です。

3月の時点ではジーキャッシュは緩やかな上昇でしたが、その後5月に世界的に大手の銀行JPモルガンと提携したニュースにより価格が急騰、最大高値約27000円を記録しました。

この時には当初投資していた私のジーキャッシュの資産も約6倍に増えています。

仮想通貨 Zcash(ジーキャッシュ)が世界的な大手銀行JPモルガンと連携

Zooko Wilcox & Paige Peterson | May 22, 2017

The Zerocoin Electric Coin Company (ZECC), developers of the Zcash™ digital currency, today announced a partnership with J.P. Morgan, one of the world’s largest banks, to add technology from Zcash to J.P. Morgan’s enterprise blockchain platform, Quorum.

訳→ジーキャッシュの開発会社ZECCは、本日JPモルガンと提携を行ったと発表した。世界最大の銀行の一つであるJPモルガンはジーキャッシュからの技術を、自身のブロックチェーンのプラットフォームである「Quorum(イーサリアムのスマートコントラクトをもとにしたプラットフォーム)」に取り入れる。

このようにジーキャッシュの持つ技術である「ゼロ知識証明」は、JPモルガンは世界最先端の技術と称賛しており、今回ジーキャッシュと提携することで、自身のプラットフォーム(Quorum)にプライバシーの技術を取り入れる予定としています。

この世界最大の大手銀行との提携は今後ジーキャッシュの価格に大きな影響を及ぼすかもしれません。現在あの「イーサリアム」についてもアップデートのためにジーキャッシュのチームと提携しプライバシーの技術を取り入れる予定としているのも同時に有名な話です。

以下、ジーキャッシュの会社のCEOのJPモルガンとの提携に関するコメントです。

Zcash(ジーキャッシュ)の将来性について

世界的な大手銀行JPモルガンとの提携で、話題を集めたジーキャッシュ。  このニュースはジーキャッシュの将来性を左右するとも言えるニュースと言えます。

このことは今後ジーキャッシュのプライバシーの技術であるゼロ知識証明」が将来にわたり実用的に取り入れられる可能性を秘めているということになります。

つまりこのような大きな好材料となる情報はジーキャッシュをより世間的に認知させ、そしてジーキャッシュを持つ人が増え価格の上昇を生み出すことになります。

現在イーサリアムでも採用され始めている「ゼロ知識証明」次になる話題に大きな注目がまた集まりそうです。

ジーキャッシュの取引ができる国内取引所「コインチェック」

ジーキャッシュの購入(取引)は、国内でも注目の取引所である「コインチェック(Coincheck)」で取引が可能です。

コインチェックはジーキャッシュの他に、「イーサリアム」「リップル」「ネム」など世界的に有名な通貨を取り入れているのが特徴であり、国内の取引所で最大の通貨数が取引できます。

「ジーキャッシュ」だけでなく、「イーサリアム」「リップル」や「ネム」も使える注目の取引所「コインチェック」の特徴はこちら↓

ジーキャッシュは上の画像のようにコインチェック取引所で「ビットコイン」「日本円」どちらでも購入することが可能です。

 

コインチェックの登録はこちらから↓↓(メールアドレスで簡単に登録できます。)

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

コインチェック取引所での口座開設方法はこちら↓↓

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

★大好評★仮想通貨投資実践メルマガ

    初心者から学べる無料の仮想通貨実践講座メルマガ   本サイト無料限定メルマガで初心者から学べる仮想通貨の基礎知識及び未公開仮想通貨情報などの有益な情報が満載!   仮想通貨実践講座の詳細はこちらから
メールアドレス:
氏 名:
Powered by ABC Mail

ビットコイントレードができる注目の取引所!

LEAVE A REPLY(コメント欄)

*
*
* (公開されません)

よく読まれている記事