Bitcoin(ビットコイン)

仮想通貨相場の暴落の理由(原因)と対処方法について〜リスクを知る

仮想通貨相場ビットコインをはじめとしてこれまで大きな暴落(値下がり)をいくつも経験してきました。 

仮想通貨が大きく値上がりするたびに世間の注目を集めますが、一方でこれまでの流れから「暴落はいつ?年末か?」と特に仮想通貨投資経験者は予測を考え慎重になると思います。

この記事では仮想通貨の暴落の要因についてこれまでの相場を振り返り解説をしていきます。

2018年も「ビットコイン🔗」や「リップル🔗」などの主要な仮想通貨についての専門家の価格予想も政府の規制で一次的に下落になるものの、中長期的には上昇の方向性が出ています。

ますます注目されていく仮想通貨市場、この記事を読むことで暴落のタイミングをある程度予測できるようになりますし、買う(投資する)タイミングについても今後の参考になると思います。

仮想通貨の暴落の歴史

仮想通貨の暴落はこれまで度々行われてきました。一番最初の暴落はマウントゴックスが2013年に破綻した時のビットコインの暴落になります。

この記事では直近の暴落にについてその特徴をご紹介していきます。

2017年1月に中国の取引規制を受けビットコインが暴落

2017年1月にビットコインは大きな暴落を経験しました。 

【上海=張勇祥】中国人民銀行(中央銀行)は11日、ビットコインの大手取引所の検査に着手したと発表した。外貨管理やマネーロンダリングなどで違法行為がないかを重点的に調べる。取引の規制強化につながるとの見方から、ビットコインの人民元建て価格が一時6000元を割り込むなど急落した。ー日本経済新聞

ビットコインの価格は一時的に2016年の年末に大きく高騰しましたが、その後1月に中国の規制のニュースが出ており、上昇前と同じ水準の85000円まで急落しています。

当時は現在よりも、より中国のビットコインの影響が強い状況でした。中国のビットコイン保有率とマイニングの参加者は世界的に主要だったからです。なので、中国の取引所立ち入りのニュースは仮想通貨市場では大きな出来事だったのです。その後日本が中国に匹敵する取引量を持つようになります。

この詳細については、「ビットコインが暴落(急落)〜中国政府(中央銀行・人民銀)がBTCCへ立ち入り調査」の記事を参考にしてください。

 

2017年6月の仮想通貨市場全体の暴落

 

この時期の高騰は前回とは違いました。

  • ビットコイン以外のアルトコイン、リップルやイーサリアムなど大きく高騰し注目を集めた。
  • 仮想通貨市場全体が大きく高騰し暴落している。
  • 暴落の要因となる主なニュースはなかった。(投機マネーが主な理由か?)

2017年3月からアルトコインが次々と値上がりをして注目を集めた時期でした。

しかしながら何十倍も値上がりしたアルトコインもある中、6月から暴落をしほとんどの仮想通貨が同じように値下がりするという状況に陥っていました。投機的なマネーが仮想通貨市場を大きく高騰させたのではないかと感じています。 

この相場では高騰中に買ったほとんどの人は損をしていますが、以前から通貨を持っていた人は値下がり後も利益がのっている状況となってます。暴落と言っても以前の水準よりは価格が上がっていたからです。

2018年前半の仮想通貨市場全体の暴落

直近の2018年5月の暴落になります。

この暴落がこれまでで一番大きな暴落と言えます。通貨によっては2017年末のピーク時より半分以上下落しました。

この時の相場の状況としては、各国の仮想通貨の規制についてのニュースが流れていましたが、ここまでの暴落に当たる理由ではないのではないかというのが率直な可能性です。

この暴落の主な要因▼▼

    • マウントゴックスが保有しているビットコインを売る。
    • 日本を含め各国が仮想通貨の規制に乗り出す。
    • コインチェックから仮想通貨ネムが流出

2017年の仮想通貨利益についての納税のため利益確定

となっています。

この暴落時には、私は知り合いからラインでメッセージを以下のようにもらっていました。

 

暴落の大きさに不安になっています。

暴落大きいので、一握りの上昇している仮想通貨に交換しようとのことですが、基本的にリスキーと言えます。通貨に交換した後にその通貨が値下がりする可能性もあるからです。

仮想通貨市場の暴落の原因(要因)について

 

  • 政府の仮想通貨に対する規制
  • 株式市場などの他の金融に資金移動
  • 「仕組まれた高騰(投機的な資金)」からの下落
  • 3月の確定申告の税金支払いのための利益確定

この中で一番私が着目しているのが「仕組まれた高騰」です。

仮想通貨市場がこれからどんどん取引されていくと、その中で当然利益を大きく得たいと考える人が多いのが当然です。

現在の仮想通貨の取引金額については他の金融商品の約3%程度と非常に少ない額と言われています。つまり資産を多くもつ人が仮想通貨の取引をすると価格を高騰させることができるのは可能性があると言えます。

そしてその高騰に他の人もつられて通貨を買った後で、大きな取引をした人が「利益確定」をすれば、その人は大きく儲けることができ、市場は暴落します。そして新しく高騰中に通貨を買った人は一時的にでも損をすることになるのです。 

仮想通貨の取引においては投機による取引は大きく今回のように新しく入ってきた人を振り落とすようなこともあるのです。

以下はForbesの参考記事▼▼

韓国のニュースが仮想通貨市場の暴落をもたらした背景には2つの要因が考えられる。

1. 経験の浅い投資家が、韓国政府の発言が仮想通貨市場全体に与える影響を理解せず、売り時を逃すことを恐れて資産を一気に売却した。
2. プロ投資家らが利益確定のためにストップ・ロス・オーダーを行い、結果として市場の暴落を招いた。-forbes

暴落時の対処法について

資産が大きく減ることに多くの人が以下のように不安になります。

  • 資産が大きく減っているから、さらに下がるまでに「利益確定(損切り)」したい。
  • 他の下落が小さい通貨に乗り換えたい。

と資産が減っている現状にストレスがかかり、その状況を変えようとします。

しかしながらそういった行為は仮想通貨の取引においてマイナスに働くことも多くあります。

上のツイッターは金融資産が百億単位を持つCIS(シス)氏ですが、仮想通貨市場は暴落のたびに価格を上げてきているのです。高騰中に買った人は一時的にマイナスになりますが、数ヶ月もすれば利益が出てきているのが現状です。

まとめると暴落時の対処法としては

  • 「将来性のある通貨」を買っているのであればそのままホールドする。

という選択肢になります。 

通貨をどこで買うかという判断は相場の経験がある人が有利にはなりますが、どこのタイミングで買っても実用性・将来性のある通貨を持っているのであればホールドするという選択肢がこれまでの相場を見れば有力ではないでしょうか。それを他の通貨に換えたり、損切りすると、暴落後のリバウンドでの回復の恩恵を受けれなくなるばかりか、乗り換えた通貨が下がったらさらなる損失となる可能性あります。

暴落時のまとめ〜リスクを知って注目される仮想通貨市場に参入する

仮想通貨取引に参入したい人は当然、大きく儲けたいと思っています。すでに説明したように大きな資金を持つ人は相場を動かせることができる可能性があります。

しかしながら仮想通貨がどんどん認知され、一般的に取引されていくと適正な価格で次第に価格は上がっていきます。

なので、一時的な高騰にはある程度慎重になって暴落の可能性があることを頭に入れておくことが必要になります。

  • 「自分がなぜこの通貨を選んだのか?」
  • 「不自然な価格の高騰になっていないのか」

そういったことを頭に入れておくだけでも皆さんの資産を増やしていける大きな助けとなると思います。

2018年のこのサイトで記事を書いてご紹介している「ビットコイン🔗」や「リップル🔗」の専門家の価格予想も今後5倍以上となっています。

投資する通貨を知ってその将来性に共感できるのであれば魅力的な投資対象となると思います。 

まだまだこれから認知されていく仮想通貨市場に今後も目が離せない状況と言えます。

仮想通貨の実践的な基礎知識が学べる仮想通貨「無料仮想通貨メルマガ」でリアルタイムの仮想通貨相場の有益な情報も同時に配信しています。

あわせて読みたい
仮想通貨実践投資メルマガ(無料)をリニューアル!この度好評をいただいている本サイトの「仮想通貨実践投資メルマガ(ビットコインメルマガ)」を新しくリニューアルしました。 実践メルマ...

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
★大好評★仮想通貨無料メルマガ!


初心者からの仮想通貨が学習できる「無料メルマガ講座」と最新の仮想通貨情報をお届けする読者数3000人のメルマガ。

メルマガの詳細はこちら

仮想通貨が買える「注目の国内取引所」


仮想通貨取引所の「ビットポイント」は、国内の仮想通貨でも資本力がNo.1の取引所になります。

それだけでなく、仮想通貨も安く購入できるため今注目度No. 1の仮想通貨取引所と言えます。

登録方法はこちら

公式ページはこちら

 

下落相場でも利益が狙えるビットバンクトレード

ビットバンクトレード取引所の口座開設 「最大レバレッジ20倍」で「追証なし」、そして「売り」からでも下落相場で利益が狙えるビットコインFXを提供する「ビットバンクトレード」下落相場での力強い味方になってくれる取引所です。
登録方法はこちら

公式ページはこちら