Bitcoin(ビットコイン)

仮想通貨市場(相場)が反発し高騰中!!〜リップルは100円へ

2018年1月から暴落を続けていた仮想通貨市場が4月13日より大きく価格上昇し高騰を続けています。 ビットコインは70万円代前半からすでに90万円に到達し、リップルは50円からすでに100円近くまで高騰しています。

4月17日と20日はアメリカと日本の納税振替の日、つまり税金を納める日です。この直前になり価格が高騰をはじめています。

関連記事▼▼

[blogcard url=’https://bitcoin-newstart.com/bitcoin-end0412′ width=” height=” class=” style=”]

ビットコインは100万円へ

ビットコインは底値の70万円に反発しながらもレンジ相場でいったりきたりしていました。 その後4月13日に大きく高騰し、そのまま価格が上がり続けており、100万円の水準を目指しています。

この底値の70万円は非常に強いサポート(買いの圧力が強く、反発する可能性があるが、価格を割ると大きく下落する可能性がある。)と『まぐまぐの有料メルマガ🔗』でお伝えしていましたが、そこから大きな反発となっていまました。

ビットコインを買う場合は、世界の取引所の中でもセキュリティ第1位を獲得した『ビットフライヤー🔗』がオススメです。日本一番ビットコインが取引されている取引所になります。

リップルは100円へ

リップルは50円の底値からビットコインと同じタイミングで上昇をして90円を超え100円を目指しています。

リップルについては特に時価評価額が高い通貨の中で上昇率が高く200%に到達としています。

リップルは本サイトでも「2018年の専門家の予想は700円🔗』と言われていますが、SBIの北尾会長は2018年にリップルが1000円の可能性があるという発言をしています。10ドル→1100円

リップルについては取引所の上場や銀行との提携が進行中となっています。

リップルについては『GMOコイン(特に初心者におすすめ)🔗』や『ビットトレード 🔗』で購入が増えています。

ネム(nem)は盗まれたことで大きな反発となった

国内では『ザイフ🔗』で取引量が多いネム(nem)ですが、24円の底値から50円の価格を目指している状況です。

ネムについては2018年1月に『コインチェックから約500億円🔗』が流出し価格を100円から大きく下げていましたが、その価格の分他の通貨に比べて大きな反発となりました。

ネムについてはコインチェックから盗まれたことでネガティヴなイメージを持つ方もいますが、実際はネムに何か問題があったわけではなく、取引所のセキュリティに問題があったわけで、ネムの下落を「チャンス」と捉えていた人は大きな利益になったと思います。『まぐまぐの有料メルマガ🔗』でもネムは買いのチャンスであると書いていました。

価格高騰のタイミングについて

価格高騰を始めた4月13日は特に何かニュースがあったわけではありません。

しかしながら直近に

  • 4月17日→アメリカの納税日
  • 4月20日⇨アメリカの納税日

が控えていました。

納税日の直前まで価格が下がり続けるということは仮想通貨で利益が出た人の納税で納税ができない可能性の人が出てくる可能性があると考えています。 

しかしながらもしそのような状況が出てきた場合は、日本の税制を既存の累進課税制度から株などの20%一律とした課税などが検討される可能性と言えるのです。 仮想通貨のようにボラティリティ(値幅)が大きすぎるものは本来通常の累進課税では当てはまらない部分があります。


このツイッターのように藤巻参議院議員も仮想通貨の税制について改善が必要だとコメントしています。

専門家が2018年仮想通貨の高騰を予測している

ビットコインは29日も下落を続け、隔週での安値更新に向かっている。コインテレグラフの価格トラッカーでは7600ドル近辺で推移。イーサリアムは1か月で52%下落し、400ドル以下も視界に捉えている。

 それにも関わらず、バーハイト氏は、強気な姿勢を崩さない。「ヘッジファンドや資産家、商品投機を行う投資家とも話している。彼らは仮想通貨マーケットのボラタリティに着目し、大きなチャンスと見ている」

 「仮想通貨には、欧米の機関投資家の大きな資金がまだ流れ込んでいない。それが日本の現状だ」と同氏は述べた。

コインテレグラフ

2018年、ビットコインについてはETFやライトニングネットワークでの取引の改善や、仮想通貨市場全体として機関投資家の投資の参画など、仮想通貨相場はまだまだ盛り上がる可能性があり目が離せない状況と言えます。

リップルは『GMOコイン(特に初心者におすすめ)🔗』、『ビットトレード 🔗』、そしてネムは『ザイフ🔗』での多くのユーザーが取引をしています。

ビットコインについては『ビットフライヤー🔗』での取引が多いです。*アルトコインの価格が高めなので、他の取引所と組み合わせるといいでしょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
★大好評★仮想通貨無料メルマガ!


初心者からの仮想通貨が学習できる「無料メルマガ講座」と最新の仮想通貨情報をお届けする読者数3000人のメルマガ。

メルマガの詳細はこちら

仮想通貨が買える「注目の国内取引所」


仮想通貨取引所の「ビットポイント」は、国内の仮想通貨でも資本力がNo.1の取引所になります。

それだけでなく、仮想通貨も安く購入できるため今注目度No. 1の仮想通貨取引所と言えます。

登録方法はこちら

公式ページはこちら

 

下落相場でも利益が狙えるビットバンクトレード

ビットバンクトレード取引所の口座開設 「最大レバレッジ20倍」で「追証なし」、そして「売り」からでも下落相場で利益が狙えるビットコインFXを提供する「ビットバンクトレード」下落相場での力強い味方になってくれる取引所です。
登録方法はこちら

公式ページはこちら