Bitcoin(ビットコイン)

(追記)ビットコインが80万円に到達!年内2倍の値上がり〜買うチャンスはリップルか?

ビットコインが80万円に到達!〜買うチャンスはリップルか?

ビットコインが2018年4月に入り価格が上昇していて5月11日の時点で80万円まで高騰しました。

*その後ビットコインは5月14日に90万円を突破する高騰を見せています。

この短期での上昇トレンドは4月2日に大きな買いで上昇したきっかけですが、価格高騰の要因ははっきりとはしていないのが現状ですが、前日の4月1日には新年号である「令和(れいわ)」が発表されたことも有名でこの影響もあるのかと様々な議論となっています。

価格高騰中で注目を集めているビットコインですが、価格が落ち着いているイーサリアム、リップルなど私は狙い目の通貨だと考えています。

つい先日「世界最大の取引所であるバイナンスで44億円ものビットコインが盗まれました」がそれを感じさせない高騰となっています。

ビットコインが一時80万円に到達!

執筆時点(5月12日8時45分)までの24時間でビットコインは14%以上も急騰。現在は7300ドル付近で推移しており、昨年9月の水準を回復した。

昨年末につけた直近の最安値である3200ドルからは2倍以上上昇したことになる。年初来で比較すると80%以上のプラスだ。

イーサリアム(ETH)は11%、ビットコインキャッシュ (BCH)は23%、ライトコイン(LTC)は14%、EOSは13%、ステラ(XLM)は12%、カルダノ(ADA)は18%以上のプラスとなっている(出典:CoinMarketCap

 

ビットコインは4月2日の45万円から一気に10万円の価格上昇となり、そこから次第に上昇をしていきました。

そして5月11日に一気に高騰し80万円に到達しています。

この価格上昇の要因ですが、はっきりとは理由が分からないのですが、私なりに整理をしていました。

ここにタイトルを入力

●令和の年号発表を契機に、誰かが大口の買いを入れた。(?)

●ビットコインETF上場の期待感。直近では5月中に審査期限を迎えます。

●2019年2月3月ごろからビットコインの40万円の価格から大口の投資家がビットコインの買いを増やしているというニュースがあり、4月に入り買いが殺到した。

●6月に仮想通貨の規制についても議題に上がっているG20についての期待感

●4月にディーカレットの仮想通貨取引運営、5月にヤフーの仮想通貨取引運営、そして6月に楽天ウォレットの運営開始

以上が考えられます。

どの要因についても可能性の問題でありはっきりとして要因がどれかは分かりませんが、簡単にいうと「ビットコインが買われている。アルトコインの資金からビットコインに移っていることも考えられる。」ということが言えます。

仮想通貨のシェア(ドミナンス)でいうと

●ビットコイン58%

●イーサリアム9.5%

●リップル6.8%

となっており、ビットコインに資金が集中しているのが分かります。

また仮想通貨の時価総額(全体の取引高)でいうと

●2019年1月→10兆円

●2019年5月11日→23兆円

と2.3倍の取引量の増加となっています。

結局ビットコインを買っておけば良かった??

ビットコインが先行して価格高騰している場合には「結局ビットコインを買っておけば良かった?」という声が聞かれます。

実際にビットコインは時価評価額1位ということもあり、他の通貨に比べて価格が上がりにくく、下がりにくいという安定している性質を持っているのは確かです。

しかしながら、ビットコイン以外のアルトコイン価格上昇は2017年に100倍を超えたものも結構あるなか、利益を狙っているく姿勢としてはビットコインのみに着目するのではなく、アルトコインのチャンスも押さえておく必要があります。

イーサリアムの価格状況

実はイーサリアムは、今年に入ってビットコイン以上に値上がりをしている通貨になります。

2019年2月に1万円をつけて、1万円と16000円のボックス相場でしたが、4月に上昇からボックス相場を上に抜けて、現在は2万円に到達しています。

私が私が配信している「まぐまぐメルマガ」で、4月にイーサリアム が1万円を割った時に買いを入れたと配信をしました。

ビットメックス のCEOであるアーサーヘイズが「イーサリアム は電子ゴミで1万円を割る」と発言したのに対して、私は、その価格帯(1万円)を意識して狙っていたからです。

*のちにアーサーヘイズは「2019年はイーサリアム に注目する」と発言をしています。

リップルの現在の価格状況

リップル」は日本でもビットコイン以上に保有量が多い通貨ですが、現在今ひとつ価格が上がりきれない状況です。

ですが、私は逆に「価格が落ち着いているリップルこそ買っていくチャンスではないか」と考えています。

今多くの人がビットコインの価格上昇に注目をしていますが、実際に高騰を追いかけるのは暴落のリスクも同時にあるということです。*とは言っても今回の高騰くらいではそんなに大きな損失にはならないかもですが。

ケイシ
ケイシ
こういう状況の時こそ、価格が落ち着いていて、拾いやすい通貨は何か着目してます。

安いところで買って高いところで売りたいからです。

ビットコインは暴落するのか?

直近の上昇のスピードが早いため、一度は利益確定のため下げると思いますが、それはそれでその時に買うタイミングを考える必要があると思います。

ビットコインを始め、仮想通貨全体に言えることですが、各国の法規制や新しい取引所の新設などデジタル通貨を取引する基盤はどんどん進んできているのが現状です。

国内でも人気がある取引所である「GMOコイン」「ビットポイント」では新しく口座開設数も増えてきていると聞いています。

ですが、買いを急ぐというよりかは、投資するチャンスを待つ、もしくは価格が落ち着いている通貨を買っていくなどが個人的にいいのではないかと考えています。

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
【10月末まで】注目の仮想通貨IEO「Horos(ホロス)」
仮想通貨Horos(ホロス)とは?〜注目のIEOと価格、そして将来性について

2018年のIEOで成功を納めシンガポールのタイムイノベーション社からリリーされたクロノコイン。クロノコインは上場後最大160倍の値上がりを記録その第二弾となる仮想通貨「Horos」。クロノコインの実績から大注目の案件と言えます。

詳細ページ

大手企業マネックスが運営する国内仮想通貨取引所「コインチェック、使いやすいシステムは初心者からオススメの取引所と言えます。

詳細ページ

★大好評★仮想通貨無料メルマガ!

 


初心者からの仮想通貨が学習できる「無料メルマガ講座」と最新の仮想通貨情報をお届けする読者数3000人のメルマガ。

メルマガの詳細はこちら