bitflyer(ビットフライヤー)

金融庁が仮想通貨取引所に業務改善命令〜ビットフライヤーは新規口座開設を停止制限!

金融庁仮想通貨取引所ビットフライヤー、ビットバンク、ザイフ、QUOINEXなどを含む6取引所に、マネーロンダリング対策を含む改善命令を出しました。

今回の改善命令は既存の取引所に全て業務改善命令が下った形ですが、今回は何か事件が発生したということではなく、仮想通貨を保有する顧客の保護という観点からは、事前の対策としてプラスと考えています。

このうちビットフライヤーは、改善命令を受けて新規顧客の受け入れを制限すると発表しました。

7月中旬に改善命令でのレポート提出となっているため、その後は新規顧客の受け入れるかもしれません。

2018年1月末にコインチェックから580億円分の仮想通貨ネムが流出し、その後仮想通貨取引所の一部は業務改善命令を受けました。

その当時の取引所の各社のセキュリティ対策については、「仮想通貨取引所のセキュリティ対策状況について〜比較検証」の記事を参考にしてください。

あわせて読みたい
仮想通貨取引所のセキュリティ対策状況について〜比較検証コインチェックの仮想通貨ネム(NEM)が流出した問題より各仮想通貨取引所(ザイフ、ビットバンク、ビットフライヤー等)がセキュリティ対策に...

ビットフライヤーを含む6社に業務改善命令

 金融庁は、仮想通貨交換業者の大手ビットフライヤー(東京・港)や、QUOINE(同・千代田)など5社以上に業務改善命令を週内にも出す方針を固めた。すべて改正資金決済法に基づく登録業者。検査の結果、マネーロンダリング(資金洗浄)対策を含む内部管理体制に不備があると判断した。預かり資産が急拡大していることも踏まえ厳しい姿勢で臨む。

検査の結果、仮想通貨の取引拡大に照らして従業員が足りなかったり、資金洗浄など犯罪に絡んだと疑われる取引の確認がずさんだったり、内部管理体制の問題が相次いでみつかった。すでに3月にシステム管理態勢の不備に伴い業務改善命令を出したテックビューロ(大阪市)やGMOコイン(東京・渋谷)に対する2度目の処分も視野に入れている。

日本仮想通貨交換業協会(会長=奥山泰全マネーパートナーズ社長)によると、2017年度の仮想通貨取引量は約69兆円になり、16年度から約20倍に膨らんだ。顧客数は延べ360万人に増えており、業容拡大に伴うセキュリティ強化や資金洗浄対策が一段と重要になっている。

 

仮想通貨取引所の従業員数について

仮想通貨取引所の従業員数については、2018年1月に仮想通貨が流出したコインチェックが、24万人の顧客に480億円もの資金を日本円で返金するという驚くべきことがおきました。

ちなみにコインチェックが返金した480億円は、スカツリー1本分の事業費500億円に匹敵する金額になっています。

ビットフライヤーの顧客については、転職サイトでは従業員「102名」と記載があります。

しかしながらビットフライヤーにしてもコインチェックと同等の利益を得ていたと思われます。

このうちビットフライヤーは新規顧客を制限

当社におきまして、一定のお客様に対して実施が義務付けられている本人確認プロセスに関し、運用の不備が認められました。

当社では、このような事態が発生した原因調査を行い、速やかに適正な管理体制を構築するための改善プランとして、既存のお客様に対する本人確認状況の再点検を行うことを決定いたしました。

これにより、お客様のご登録情報に万が一不備及び不足が認められた場合には、お客様の本人確認プロセスを改めて実施させていただく必要がございます。したがいまして、一部のお客様には本人確認書類の再提示等をお願いする場合もあり、ご不便とご迷惑をおかけすることを深くお詫び申し上げます。当社は、本措置により法令遵守の徹底と健全な取引環境の構築を図ってまいりますので、何卒ご理解とご協力のほど改めてお願い申し上げます。なお当社は、既存のお客様への本人確認状況の再点検が完了し、かつ、内部管理体制 強化が整うまでの間、新規のお客様によるアカウント作成を自主的に一時停止させて いただきます。当社サービスのご利用を新たにご検討いただいておりましたお客様に は大変ご迷惑をおかけしますことを、謹んでお詫び申し上げます。

 

当社は 2018 年 6 月 22 日 16 時 00 分(日本時間)をもって、新規アカウント作成を一時停止いたしました。ービットフライヤー のメールより

ヨリコ
ヨリコ
ビットフライヤーは、口座開設時の本人確認に不備があったみたいね。金融庁も後から色々行って迷惑なところも、取引所は感じているところも正直あるかもね。。

ヨリコ
ヨリコ
芸能人のタムケンさんは、今回のニュースを良いニュースとしてとらえているみたいね。

仮想通貨相場の影響について


価格下落の時間から見ても「金融庁の業務改善命令」が影響かと思われます。

ケイシ
ケイシ
顧客資産の保護のための金融庁の業務改善命令が、顧客の資産を減らすことになるとは。しかしながら中長期的に見てなんら問題ないと見ていますが。

今後の方針について

ビットフライヤーを含む6社については、「業務改善計画を平成 30 年 7 月 23 日までに、書面で提出」する必要があります。

ビットフライヤー の新規顧客受け入れについては、業務改善計画書を提出次第の再開になると思われます。

一部の情報では仮想通貨は相場は夏頃から盛り上がるとの情報も上がっていますが、まだ状況ははっきりしません。

しかしながら夏からは、SBIバーチャルカレンシーズの一般顧客の口座開設の受け入れやコインチェックの業務開始予定となっており、プラスの材料が控えている状況です。

ヨリコ
ヨリコ
コインチェックは当初から6月の再会を目標にしていたけど、どうかしら。でも7月から事業開始するのではという声も上がっているわ。

仮想通貨資産の保管について

仮想通貨の保管については、現在言われいてるのは「保管場所を分散させる」ことが有効と言われています。

セキュリティーが高い「ビットフライヤー 」や「ビットバンク」などの国内取引所、そして「レジャーナノS」などの個人用のウォレットに保管することが重要になってきます。

あわせて読みたい
公式レジャーナノSの購入方法と使い方について〜評判でおすすめのコールドウォレット仮想通貨リップルやイーサリアムなど多くのアルトコインの保管ができるレジャーナノs(Ledger-nanos、ハードウォレット)はセキュリ...
ケイシ
ケイシ
私は取引所にも仮想通貨は入れていますが、ほとんどは「レジャーナノS」で保管しています。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
★大好評★仮想通貨無料メルマガ!


初心者からの仮想通貨が学習できる「無料メルマガ講座」と最新の仮想通貨情報をお届けする読者数3000人のメルマガ。

メルマガの詳細はこちら

仮想通貨が買える「注目の国内取引所」

GMOコインは、国内大手GMOインターネットが展開する仮想通貨取引所。 取扱仮想通貨は、ビットコイン、イーサリアムを始め、リップルも取引できる注目の取引所です。

登録方法はこちら

公式ページはこちら

 

下落相場でも利益が狙えるビットバンクトレード

ビットバンクトレード取引所の口座開設 「最大レバレッジ20倍」で「追証なし」、そして「売り」からでも下落相場で利益が狙えるビットコインFXを提供する「ビットバンクトレード」下落相場での力強い味方になってくれる取引所です。
登録方法はこちら

公式ページはこちら