ビットトレード(bittrade)

ビットトレードで仮想通貨リップルが取引できる!〜買い方と手数料について

国内仮想通貨取引所ビットトレード(bittrade)オススメ仮想通貨である「リップル(Ripple 通貨名XRP)」が取引できます。

ここではリップルをはじめとした仮想通貨の購入方法(買い方)手数料の考え方についてご紹介していきます。

ビットトレードは2017年設立の国内仮想通貨取引所であり、関連会社のFX会社であるFXTFは国内で定評のある会社で実績を持っています。

(参考記事)ビットトレードの特徴はこちら

あわせて読みたい
ビットトレード(bittrade)〜仮想通貨取引所の評判と取扱通貨について仮想通貨取引所「ビットトレード (bittrade)」はビットコイン(bitcoin)やイーサリアムだけでなく、リップルやモナコインなど...

 

仮想通貨リップルについて

リップルは仮想通貨の時価評価額でビットコイン、イーサリアムに次いで3位となっている仮想通貨になります。 

リップルの通貨はXRPと言われ、現在の銀行間取引でリップルを使った取引を行うことにより、従来よりコストを10分1へ削減することができ、また取引スピードも格段に早くなると言われています。

2017年からのリップルの値上がりはなんと121倍の上昇となっており、リップルを以前から持っていた人は大きな利益を上げてきました。

2018年の専門家の予想も700円と値上がり予想となっており、引き続き目が離せない通貨の一つと言えます。

リップルの価格予想(2018年)はこちら

あわせて読みたい
仮想通貨リップル(Ripple)の2018年の価格予想は?〜将来の価格について2017年に400倍を超える大きな値上がりを見せた仮想通貨リップル(Ripple 通貨名XRP)は、2018年どのような相場(価格予想)...

ビットトレードでリップルを購入する。

ビットトレードではこのリップルを購入することが可能です。

ビットトレードのログイン後の画面です。左上の通貨ペアのところへカーソルを持っていくと表示通貨を選択することができます。 

ここではリップルを買いたいので「XRP/JPY」を選択します。 

*XRP/JPYはリップルと日本円の交換という意味です。

するとXRPのチャートが表示されます。

チャートの見方

上の画像は表時されたリップルのチャートになります。

ます左上のローソク足の時間足を選択し、表時させたい時間足を選択します。 

例えば1Dであれば日足なので、一つのローソク足が1日で表時されます。

チャートを見るときのポイント
👉チャートは大きな流れをまず確認して小さな時間足で細かい値動きを把握する。

👉中長期の取引では大きな時間足(日足や4時間足)が重要

 

リップルを購入する。

こちらが画面右側の取引画面になります。 

今回はリップルを買うため、取引板の「売り板」から値段を選んでリップルを購入します。 

売り板とは売りの注文が並んだ板で、リップルを買いたい人はここから売りたい人の注文を見て買うことになります。

例えば上の画面で私が注文するとすると。 

「成行」ではなくてより安い価格からリップルを買いたいため「指値」」でリップルを買います。

「価格」→83.5 「数量」→1000XRP(約8万3千円分)

を入力して最後に「注文」ボタンを押してリップルを買います。

取引から購入するときのポイント
👉「売り板」から指値でより安い価格で購入する。

👉金額だけでなく、自分が買いたい量の注文が出ているか併せて売りに出されている「通貨量」も確認する。自分の買いたい量に合わせた売り注文の量で取引を行うこと。

売買するときの手数料について

※1メイカー:注文が取引板(気配値)に並ぶことにより、結果として市場の流動性を作る取引のことをメイカーと呼びます。

※2テイカー:注文が取引板(気配値)に並んだ既存の注文で約定することにより、結果として市場から流動性を取り除く取引のことをテイカ―と呼びます。

※3手数料は予告なく変更になることがあります。

今回は「売り板」から注文を出しましたので、「テイカー」の手数料となります。

テイカーの方が割高ですがすぐに約定するため、数時間や1日など注文が決まらないといったことがありません。  

そして、買ったり売ったりするごとに上の画像の手数料がその都度かかってくることになります。

ビットトレードの手数料で気をつけておくことが一つあります。

それは「他の取引所では手数料が0になっているけど、どうしてビットトレードでは0.3%などの手数料となっているの?」ということです。

ビットトレードのように取引板から購入する場合は「取引所」と言われる部類に入ります。

取引所では個人間の取引となるため、通貨の価格は適正な価格となっているのに比べて、「販売所」と言って仮想通貨取引所の持っているコインを買う場合は数%の価格が上乗せされた状態でコインを買うということになります。

ビットトレードでは基本的に取引所なので、手数料の図のように適切に手数料を取っているということになります。

ビットトレードで賢く資産運用

以上ご説明してきましたように、ビットトレードでは取引板より通貨を購入することになります。 

取引板には私たち以外の他の人の注文が並んでおり、個人間で取引をするため、通常より安く仮想通貨を買うことができるのが特徴です。

今後もビットトレードではリップルやライトコインなどのアルトコインの数を増やしていく予定としており、ますます目が離せません。

またFX会社としての実績があることから取引やセキュリティにおいても安心感が持ているのも大きなメリットの一つとなっています。

 

(参考記事)ビットトレードの口座開設方法はこちら

あわせて読みたい
ビットトレード(bittrade)取引所の口座開設(新規登録)方法、セキュリティ設定についてFX会社として実績があるFXTFの国内仮想通貨取引所『ビットトレード(bittrade)』で口座開設(アカウント作成登録)方法とセキュリ...

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
★大好評★仮想通貨無料メルマガ!


初心者からの仮想通貨が学習できる「無料メルマガ講座」と最新の仮想通貨情報をお届けする読者数3000人のメルマガ。

メルマガの詳細はこちら

仮想通貨が買える「注目の国内取引所」

仮想通貨取引所の「ビットポイント」は、国内の仮想通貨でも資本力がNo.1の取引所になります。

現在ビットコイン3000円分がもれなくもらえるキャンペーンを12月26日まで実施中!!

登録方法はこちら

公式ページはこちら

 

下落相場でも利益が狙えるビットバンクトレード

ビットバンクトレード取引所の口座開設 「最大レバレッジ20倍」で「追証なし」、そして「売り」からでも下落相場で利益が狙えるビットコインFXを提供する「ビットバンクトレード」下落相場での力強い味方になってくれる取引所です。
登録方法はこちら

公式ページはこちら