初心者の仮想通貨のおすすめ運用方法
仮想通貨を運用するにあたり、役立つ重要な基礎知識。
仮想通貨取引所の紹介。
おすすめしたい仮想通貨一覧。
仮想通貨で収益を上げる実践投資情報をご紹介します。
仮想通貨最新のニュースをご紹介します。

コインツール(CoinTool) が仮想通貨の確定申告計算をサポート

コインツール(CoinTool) が仮想通貨の確定申告計算をサポート

ビットコインなどの仮想通貨確定申告時損益計算を自動でしてくれるソフト「コインツール(CoinTool)」が税理士のサポート付きでリリースされました。 リリースしたのは株式会社エンファクトリーというIT企業になります。

仮想通貨の税金について利益が20万円以上でた場合に税務薯に確定申告をしなくてはいけませんが、仮想通貨と日本円の交換だけでなく、仮想通貨同士の売買での利益分は課税対象となるなど、損益計算が株などに比べて複雑になっているのが現状です。

仮想通貨の確定申告をサポートしてくる「コインツール(CoinTool)」

日本経済新聞で「コインツール」が紹介される▼▼

IT(情報技術)企業が仮想通貨所得の確定申告支援ビジネスに参入している。インターネット関連事業のエンファクトリー(東京・渋谷)は2月中旬、仮想通貨の損益自動計算ツールを公開する。クラウド会計ソフトのマネーフォワードも申告書の作成支援サービスを提供する。2017年分の確定申告が16日に始まることを受け、投資家らのニーズを取りこむ。

エンファクトリーの「コインツール」は、「ビットフライヤー」「ザイフ」など4つの仮想通貨交換事業者を通じた取引履歴に対応する。取引履歴のファイルをコインツールのサイトにアップすると、損益を自動計算する。税理士へのメール相談機能を含めて4500円で販売する。

エンファクトリーの清水正樹副社長が個人で設立した企業が、同サービスを開発した。エンファクトリーが1日付で事業を譲り受けた。同社は今後、海外の仮想通貨交換事業者の取引履歴にも対応する。

マネーフォワードは税務支援などのエアリアル・パートナーズ(東京・新宿)と提携した。同社が紹介する税理士が、損益計算や申告書の作成などを支援するサービスを提供する。料金は5万4000円から。クラウド会計ソフトのfreee(フリー、東京・品川)も取引データを自動計算し、損益を報告するサービスを始めた。

国税庁は17年12月、仮想通貨取引による所得の計算方法のガイドラインを公表した。ガイドラインは仮想通貨の売買や店舗での決済、ほかの通貨との交換などを通じた損益を計算するよう求めている。

ただ、仮想通貨は過去のレートが公開されていなかったり、仮想通貨交換事業者ごとに取引履歴のデータ形式が違っていたりするため、損益計算は難しかった。一方、仮想通貨の値上がりで利益を得て、申告する必要のある投資家らは多いとみられる。エンファクトリーなどは支援サービスのニーズは高いとみて参入する。仮想通貨の普及にあわせて周辺ビジネスはさらに広がりそうだ。

「ビットコイン」など仮想通貨の知名度は急速に高まっている。2017年4月施行の改正資金決済法(仮想通貨法)で関連ルールが整備されたことを受け、決済手段として導入する企業が相次いでいる。ビットコインの価格上昇もあり、17年は仮想通貨の購入者が増えたとみられる。

フリーの前村菜緒個人事業部部長は「投資経験がなく、初めて確定申告をする個人が多い」と指摘する。同社が2月に開催したセミナーは満員。1億円以上の利益を得る「億り人」が話題になるなか、少額購入した仮想通貨が値上がりしたケースも多いようだ。

国税庁はビットコインなどの仮想通貨で生じた利益が「雑所得」にあたるとの見解を17年8月に明らかにした。会社員らの給与所得者は、給与とは別に20万円超の所得があった場合に確定申告する必要がある。同庁は17年12月に計算方法を説明する「Q&A」をホームページに公表した。ー日本経済新聞

2017年の仮想通貨の大きな値上がりに対応するために、今回リリースされた確定申告で損益計算をしてくれる「コインツール」。

仮想通貨の値上がりによる多くの確定申告を控えている時期だからこそ利用者のニーズが多そうです。

コインツールの特徴と利益確定の定義について

仮想通貨の利益確定の定義が国税庁より2017年に発表されました。

仮想通貨の利益確定の定義
👉仮想通貨の利益での商品の購入

👉日本円などの法定通貨の交換による利益

👉仮想通貨の取引における利益

仮想通貨は株などと違って金融商品どうしで売買できる、つまり仮想通貨同士で取引できるのが複雑な理由の一つになります。

また仮想通貨は送金もでき、それも合わせて複雑な損益計算になっています。

コインツールの特徴について
👉仮想通貨の損益計算を自動で行う。

👉対象取引所は主要な国内取引所「ビットフライヤー」「コインチェック」「ザイフ」「ビットバンク」に対応

👉税理士及びスタッフのメールサポート付き

このツールがオススメな人

コインツールがオススメな人とは、国内仮想通貨で取引をしている人になります。仮想通貨の損益計算を税理士さんに頼むのはそれなりに費用もかかります。

仮想通貨の利益20万円以上は確定申告が必要になりますが、個人でこの損益計算のソフトで計算が可能であれば良い選択肢になると思います。

コインツールに適した人
👉個人で確定申告をしたい人

👉税理士さんに頼むのは負担になると感じる人

👉主要な国内取引所で主に取引する人

個人の確定申告に便利!仮想通貨の損益計算サービス「コインツール」はこちらです▼▼

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

リニューアル!★大好評★仮想通貨投資実践メルマガ

    本サイト無料限定メルマガで初心者から学べる仮想通貨の基礎知識及び未公開仮想通貨情報などの有益な情報が満載!   仮想通貨実践講座の詳細はこちらから

★ネム、モナコインが取引高国内第1位「ザイフ」

ビットコイントレードができる注目の取引所!

LEAVE A REPLY(コメント欄)

*
*
* (公開されません)