Litecoin(ライトコイン)

ライトコイン(Litecoin)がセグウィットの期待感から価格が上昇!

アルトコインの一つであるライトコイン(Litecoin)が、ビットコインに先行してセグウィット(Segwit)を実施しするということでその期待感から価格が急上昇しています。

ライトコインのセグウィットが成功すれば、ビットコインについてもセグウィットへの期待感から通貨が買われる可能性があると言われています。

ライトコインはビットコインに比べて、セグウィットを必ず行わないといけない状況ではありませんが、これはある意味ビットコインの将来のスケーラビリティの問題に対してのある種の「実験」とも言える先行した行動と言えます。

現在ビットコインは、スケーラビリティ(拡張性)の問題から、ハードフォークとセグウィットで揺れています。

しかしながら現在はハードフォークへのセキュリティ面でのリスクが大きな問題となっており、セグウィットの方へ世論が大きくシフトしつつあります。

それに加えて日本の家電量販店であるあの「ビックカメラ」がビットコインを取り扱うなど、ビットコインに注目が集められています。 果たしてこのライトコインがビットコインの追い風となるのか注目を集めています。

セグウィットに関する説明の記事はこちら↓↓

[blogcard url=’https://bitcoin-newstart.com/bitcoin-hardfolk’ width=” height=” class=” style=”]

ライトコインのセグウィットに対するニュース

以下ライトコインに関するニュースです。(4月7日)

特にライトコインは4月に入ってから最大約73%(4月6日時点、ドルベース)の上昇を見せている。時価総額2位のイーサリアム(4月6日時点、前述のビットコインと同じ計算で14.8%)の売買代金(流動性)をベースとしてアルトコインのフェアバリューを算出すると、ライトコインは現在時価総額トップ100の仮想通貨の中でももっとも割安な仮想通貨となっている。
ライトコイン価格急騰の理由は、ライトコインが前述のビットコインの技術的解決策の最有力候補のひとつであるセグウィット(Segwit、Segrigated witness)と呼ばれる技術的施策をビットコインよりも先に採用しようとしていることが主な原因だ。

現在採用可否をめぐる投票が実施されているが(参照リンク:http://litecoinblockhalf.com/segwit.php)、早ければ今週中にも採用にこぎつけるのではないかと見られており、この採用可否の結果はライトコイン価格にさらに大きな影響を与えると考えられる。

ライトコインは2011年にビットコインの欠点を解消しようと公開された仮想通貨で、数ある仮想通貨の中でも老舗の存在だ。ライトコインによるセグウィット採用がネットワークにどのように作用するかは、今後のビットコインの技術的議論にも影響を与える可能性が高いため引き続き動向に注目したい。

ライトコインの価格の推移

 ライトコインの全期間チャートになります。(2013年4月〜2017年4月)

リリース当初に価格は50ドル台と上昇しその後長い間価格が低迷する期間が続いていました。そして2017年の3月に価格が上昇しています。

ライトコインについて

ライトコインはビットコインの取引スピードを改善し新たに作られた通貨と言われています。しかしながら現在の時価評価額が大きくビットコインが上回っている状況となっています。

このライトコインのセグウィットについては、ビットコインのスケーラビリティの問題について大きく注目が集められているのです。

ライトコイン直近3カ月のチャート

このチャートは直近3カ月のライトコインのチャートです。(2017年1月〜)

緑色の線はドルベースでの価格になっています。この緑の線に注目してください。

3月後半に約4ドルであったライトコインが大きく上昇した、最高価格11ドル後半に達してその後買い戻しによる下落となっています。

価格にして約3倍弱の値上がりです。

ライトコイン開発者の声

“I also believe that the market is waiting for litecoin to get SegWit and the price will react positively if SegWit is activated. Seeing all these other altcoins pump is definitely disheartening. So let’s give the market what it wants.”

ライトコインの開発者リー氏のコメントです。

訳➡︎私はマーケットがライトコインのセグウィットを待ち望んでいると信じている、そしてそれが今の価格に反映されています。もしセグウィットが稼働すればその他のアルトコイン(イーサリアムやリップル等)以上に価格が上昇するかしれません。 市場がセグウィットに対して望んでいるものを与えましょう。

ライトコインはセグウィット稼働いは今週か?

http://litecoinblockhalf.com/segwit.php

ライトコインのセグィットは現在(4月8日現在)まだ進行段階となっています。

このセグウィットが成功すれば、ライトコインとビットコインはともに今後価格が上昇する可能性がある注目されています。しかしながらビットコインはスケーラビリティの問題がまだ解決していないため、まだ将来的に安心できるとはっきりは言えない状況も確かです。

ライトコインの取引ができる取引所

国内取引所で「ビットバンク C C」がライトコインの取引が可能です。他にも「モナコイン」「リップル」とライトコインと同じく世界的に注目を集めている通貨も含まれています。

時価評価額が高い通貨を取扱う国内でも注目で先進的な仮想通貨取引所になります。

注目の仮想通貨「ライトコイン」が取引ができるオススメの国内取引所ビットバンクC Cの特徴はこちら↓↓

[blogcard url=’https://bitcoin-newstart.com/bitbankcc-exchage-ripple’ width=” height=” class=” style=”]

ビットバンクC Cへはこちら(メールアドレスで簡単登録できます)↓↓

★大好評★仮想通貨無料メルマガ!


初心者からの仮想通貨が学習できる「無料メルマガ講座」と最新の仮想通貨情報をお届けする読者数3000人のメルマガ。

メルマガの詳細はこちら

仮想通貨が買える「注目の国内取引所」

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所でセキュリティ世界評価第一位を受けた国内大手取引所「ビットフライヤー」。国内でもビットコイン取引所第1位をほこる取引所です。

登録方法はこちら

公式ページはこちら

 

下落相場でも利益が狙えるビットバンクトレード

ビットバンクトレード取引所の口座開設 「最大レバレッジ20倍」で「追証なし」、そして「売り」からでも下落相場で利益が狙えるビットコインFXを提供する「ビットバンクトレード」下落相場での力強い味方になってくれる取引所です。
登録方法はこちら

公式ページはこちら