NoahCoin(ノアコイン)

ノアコインは値上がりするのか?〜将来性と価格、評判を検証

泉忠司さんが関係する仮想通貨ノアコイン(NoahCoin 通貨単位noah)については、「ICOの時から過剰は広告が詐欺や危ない」と行った印象を受けていました。

しかしながらノアコインはイギリスの取引所「HitBTC」に上場後、最近は取り扱いの取引所が拡大されたり、日本企業を事実上買収し、さらに通貨の拡大に向けて事業が進んでるみたいです。

価格は2018年6月現在で仮想通貨市場全体と同じで、停滞している状況ですが、今後値上がりするなどの噂も広がっており、価格が気になる人も多いみたいです。

(参考記事)ノアコインに爆上げの噂?本当?

あわせて読みたい
ノアコイン爆上げの噂〜仮想通貨市場の波に乗るか?買い方とチャート分析仮想通貨にノアコイン(NoahCoin、通貨名Noah)というものがあります。2018年にリリースした通貨で、今年のリリース時にICOの...

 

上場後のノアコインについて

ノアコインのプロジェクトについて
👉ノアファンデーションがノアコインの流通の促進やフィリピンの経済問題の解決を進める。

👉ノアコイン。 日本で働く出稼ぎのフィリピン人の送金にノアコインを使うことにより大きな手数料を削減できるとしている。(3兆円規模)

👉フィリピンのマニラにノアシティを計画している。

以上ノアコインについて簡単に特徴を書いています。

ノアコインは3月にイギリスの取引所「HitBTC」に上場をした後に、価格が高騰しました。

一時はICOの価格の5倍程度に上場しましたが、その後は仮想通貨相場に連動する動きとなっています。

ノアコインの価格について(2018年6月)

 

上のチャートはノアコインの価格になります。

2018年6月13日現在は特に仮想通貨相場全体が値下がりしているところで、ノアコインもそれに引きずられる形で価格を下げてきています。

👉ノアコインだけでなく、仮想通貨全体が下げてきている時期

👉このチャートでは価格が将来どのくらい上がるかの判断は難しい。

👉ノアコインは上場してまだ新しいため、今後の事業次第で値上がりの可能性もないとは言えない。

ノアコインが企業買収し事業に乗り出す。


以下ノアコインのメールから拝借しています。

Noah Ark Technologies Limitedが2018年4月25日に、日本の東証2部上場企業である
ビート・ホールディングス・リミテッドの発行株式の15.8%に相当する
新株予約券300万個を取得したことはすでにお知らせ済みですが、
6月8日ビート・ホールディングス・リミテッド社に対してNoah Ark Technologies Limitedは株主提案を行いました。

要は、Noah Ark Technologies Limitedがビート・ホールディングス・リミテッド社の株の過半数を取得するという提案で、
東証2部上場企業を母体として、
今後アジア圏を中心に「NOAH GLOBAL EXCHANGE」という
ノアコインを基軸通貨とした取引所を世界展開していく予定というもの。
「NOAH GLOBAL EXCHANGE」は世界32言語を用いたコールセンター等も完備した
安心・安全に使用できる取引所を目指すということで、
世界中にノアコインを流通させていく狙いがあるのは明らかですよね。

この株主提案は仮想通貨業界のみならず、株式の世界でもおおいに注目を集めているようで、
株主提案の発表を受けて、ビート・ホールディングス・リミテッド社の株価は急騰。
一昨日も昨日もストップ高となり、Noah Ark Technologies Limitedの株式取得が発表されてから
約1ヶ月ちょっとでビート・ホールディングス・リミテッド社の株価は何と400%以上も上がっているのです!!!

 

このように、ノアコインを基軸として取引所を開設するとの話になっているみたいです。

もしそれが拡大すれば価格に影響する可能性もあります。

インドの取引所でノアコインが法定通貨と交換可能に

先日上場したインドの取引所WazirXで、ノアコインと法定通貨インドルピーとをダイレクトに交換できるようになりました。
これまではノアコインとビットコインとか、ノアコインとイーサリアムのように、暗号通貨同士の取引のみだったのですが、
ノアコインから法定通貨に直接取引できるようになったのは、スゴいことですよね。

実際にインドの取引所の画面で確かめて見ましたが、ちゃんとノアコインがありました。

コインチェックマーケットにのっていない取引所なのでそんなに取引量は多くないと思いますが。

これが今後どう影響して行くかは気になるところです。

ノアコインが取引できる取引所は?


ノアコインは現在取引量が多い取引所でいうと上の画像のようになります。

一番取引量が多いのはHitBTCですが、HitBTCは現在日本居住者向けには取引を一時停止しています。*2018年6月現在(金融庁の規制のため)

その次は「Yobit」となっています。

ヨリコ
ヨリコ
Yobitは世界でも有名な取引所ですね。

ノアコインがフィリピンの公共料金に対応?

さらには、フィリピン国内最大手のOFW向けペイメント会社PayRemit社との業務提携も発表されました。
PayRemit社はフィリピンの最大手のペイメントゲートウェイの一つ。
世界中のOFWがフィリピンの様々な店舗等への支払いを便利なものにしている会社です。

ノアコインとPayRemit社の提携により、フィリピンで人気のショッピングサイトでノアコインで買い物ができるようになったうえ、
フィリピンの健康保険にあたるPhilHealthや、電気会社のMeralcoや、最大手電気通信会社PLDTなどの
公共料金の支払いまでもが、ノアコインで行えるようになったのです!!!

ノアコインまとめ

以上これまでをまとめると。

👉ノアコインが企業買収をし、アジア圏を中心にノアコインの取り扱いを増やして行く。

👉現在11の取引所でノアコインが取引可能

👉ノアコインがフィリピンの決済会社と提携

ということになります。

ICO時から怪しい声が聞こえていたノアコインも取引所が拡大し、アジア圏にかけて同じく事業を拡大してきているみたいです。

ノアコインはまだ上場したばかりの通貨と言えるため、投資を考えている人は現段階が「安く仕込む」チャンスと言えるかと思います。

しかしながらまだ時価評価額がまだ高くないため、仮想通貨投資はビットコインやイーサリアムなど時価評価額が多いものを中心に持っておいて、他に投資ができる余裕資金があれば時価評価額が低い通貨を買うのがいいのではないかと感じています。

ビットフライヤー」や「ビットバンクCC」をはじめ国内取引所では時価評価額が高い通貨を取り扱っています。

 

 

本サイトでは初心者から学べる「無料仮想通貨メルマガ」を配信していますので、仮想通貨投資の参考にしてもらえれば幸いです。

 

★大好評★仮想通貨無料メルマガ!


初心者からの仮想通貨が学習できる「無料メルマガ講座」と最新の仮想通貨情報をお届けする読者数3000人のメルマガ。

メルマガの詳細はこちら

仮想通貨が買える「注目の国内取引所」

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所でセキュリティ世界評価第一位を受けた国内大手取引所「ビットフライヤー」。国内でもビットコイン取引所第1位をほこる取引所です。

登録方法はこちら

公式ページはこちら

 

下落相場でも利益が狙えるビットバンクトレード

ビットバンクトレード取引所の口座開設 「最大レバレッジ20倍」で「追証なし」、そして「売り」からでも下落相場で利益が狙えるビットコインFXを提供する「ビットバンクトレード」下落相場での力強い味方になってくれる取引所です。
登録方法はこちら

公式ページはこちら