NoahCoin(ノアコイン)

仮想通貨ノアコインは値上がりするのか?〜将来性と現在価格、評判を検証

仮想通貨ノアコインは値上がりするのか?〜将来性と現在価格、評判を検証

泉忠司さんが関係する仮想通貨ノアコイン(NoahCoin 通貨単位noah)については、ICOの時から過剰は広告が詐欺や危ないといった印象を受けていた人もいると思います。

しかしながらノアコインは2018年にイギリスの取引所「HitBTC」に上場後、最近はノアコインの取扱いの取引所が拡大されたり、日本企業を事実上買収し、支払い通貨としてユニオンペイや公共料金の支払いなどプロジェクトの拡大に向けて事業が進んでるみたいです。*買収は無くなりました。

最も大きな出来事としてノアコインのプロジェクトは2019年6月にBTCNEXTという仮想通貨取引所を設立し、BTCNEXTで直接ノアコインや取引所通貨であるBNXを購入することが可能になりました。

価格は2018年6月現在で仮想通貨市場全体と同じで停滞している状況ですが、今後値上がりするなどの噂も広がっており価格が気になる人も多い状況です。

2019年8月(追記)→ノアコインがBTCNEXTを設立。新しい通貨ノアコインプラチナ(NOAH.PLATINUM)に生まれ変わる。

HITBTCは現在日本在住者は使用できません。代わりにロシアの取引所「Yobit」で取引される方が増えています。ノアコインの取引はBTCNEXTが現在のところオススメです。

ヨリコ
ヨリコ
BTCNEXTでノアコインを買う場合には、まずは国内取引所でビットコインを買う必要があるわ。

この記事の目次

仮想通貨ノアコインとは?

通貨名ノアコイン(NOAH)
通貨単位NOAH
発行上限額

216,000,000,000 NOAH

設立団体ノアファンデーション(noah foundation))
上場日2018年3月
ICO価格0.72円
対応取引所BTCNEXT、YOBIT
ブロックチェーンERC20(イーサリアムベース)*2019年8月からオリジナルのブロックチェーンに移行
ホワイトペーパーホワイトペーパー(日本語)

ノアコインはフィリピンの経済問題(送金手数料など)を解決するために、設立されたプロジェクトなります。

当初ノアコインはイーサリアムベースで作られたERC-20トークンですが、今後の送金処理のさらに高速化するために2019年9月からオリジナルのブロックチェーンに移行することになります。

ヨリコ
ヨリコ
新しいブロックチェーンはEOSベースだと聞いたけど。EOSは高速処理ができる仮想通貨として有名な通貨ね。

ノアコインの配当は40年間と長期設定されている

ノアコインは保有するメリットとして、40年間配当が受け取れる仕組みがとられています。

1年目2年目・・・40年目
配当の割合20%17.2%・・・0.06%

ノアコインの配当の割合については上の表のようになります。

このような配当の仕組みを取り入れた理由としては

●ノアコインのホルダーを増やすため

●ノアコインを証券のように保有するだけで配当がもらえるメリットを享受し、保有者に対してノアコインの保有継続と支払いなどの実用性を高めたい

ということが言えます。

ヨリコ
ヨリコ
仮想通貨を保有している人は値上がり益を狙っている人が多いわ。だから運営側はできるだけ多くの人にノアコインを保有してもらうための仕組みとして配当を取り入れたわけね。

また配当をもらえる場合の条件については

●専用のウォレットに預けた後移動させてはいけない。

という条件がついています。

ヨリコ
ヨリコ
ウォレットでノアコインを保管し続ける必要があるけど、ノアコインは新しい通貨の移行のために一度BTCNEXTに送金する必要があるわ。

2019年9月から新しい通貨に移行するために、ウォレットからBTCNEXTに送金した場合には配当が継続される仕組みをとる。

泉忠司氏がノアコインのマーケティングを行なっている。

ノアコインが大きく認知されたことの理由として、国内でも有名な泉忠司氏がノアコインの普及活動を行なっていたことが挙げれます。

泉氏のプロフィール

●本名:泉 忠司

●生まれ:1972年生まれ 香川県高松市出身

●高校在学時に偏差値30という成績から半年で全国模試1位をとる

●ケンブリッジ大学に留学後、青山学院大学などの有名大学で臨時講師を17年に渡って歴任。英語に関する書籍も出版している。

●「リアルドラゴン桜」とも呼ばれ、コミック【ドラゴン桜】12巻(講談社)で紹介される

泉氏がノアコインでたくさんの購入者を集められた大きな理由として

仮想通貨カルダノ(ADA)のプレセールで60億円もの資金を調達し大きな注目を集めた

ということがあります。

この中心人物となっていた人が泉氏になります。

さらにこのカルダノは2017年11月下旬に上場したから1ヶ月で10倍もの値上がりを記録し、多くの億り人が誕生したのも有名となっています。

ヨリコ
ヨリコ
カルダノで60億円も資金を調達して、上場後に通貨が爆上げしたから注目されるのは当然とも言えるわ。

ノアコインが新しく生まれ変わる(2019年9月から)→10月に延期になりました。

新しいNOAHブロックチェーンがもう完成間近を迎えていることをここに発表致します。

新しいブロックチェーンのコード名は「NOAH.PLATINUM」です。

NOAHトークンスワップについて
今後新しくスワップされるNOAH.PLATINUMはBTCNEXT取引所でのみの取り扱いとなります。ー泉忠司公式メールマガジン

新しい通貨名はNOAH.PLATINUM(ノアプラチナ)になるようにです。

そして新しい通貨の機能としては

①Web 3.0を利用

②「お金のインターネット」というコンセプト

③ステーブルコインによるマイクロペイメントおよびクロスボーダーペイメントに対応

になると言われています。

これらは、国際送金で高速な送金と無料に近い割安な手数料を目指すものとなります。

そして最後の③については、各国の法定通貨に価格が連動したステーブルコインで支払いができるようなることを言います。

コイン処理速度
ビットコイン7回/毎秒
イーサリアム15回/毎秒
新しいノアコイン数千〜数万/毎秒

実際に新しいNOAH Coinが使えるのはメインネット稼働の12月中予定となっています。

ヨリコ
ヨリコ
ブロックチェーンを変えるとは、ノアコインの仕組みを変えるということなの。

もともとイーサリアムのブロックチェーンをさらに高速に処理できるオリジナルのブロックチェーンにしようとしているのね。

従来のノアコインの保有者は、2019年8月末(9月末)までにBTCNEXT(取引所)にノアコインを預けておく必要があります。 2019年9月より10月より預けたノアコインは自動的に新しい通貨となります。

BTCNEXTの特徴と、ノアコインの預け方については以下の記事をご覧ください。

あわせて読みたい
ノアコインがBTCNEXT取引所の運営を開始〜今後の価格と展望について
ノアコインがBTCNEXT取引所の運営を開始〜今後の価格と展望についてフィリピンの送金問題の解決としたプロジェクトである仮想通貨ノアコイン (NOAHcoin 通貨単位NOAH)が、フィリピンでBTCNEX...

仮想通貨ノアコインの目指すべきプロジェクトはフィリピンに焦点を当てている。

仮想通貨ノアコインが目指すべきプロジェクトは以下の通りです。

ノアコインのプロジェクトについて
👉ノアファンデーションがノアコインの流通の促進やフィリピンの経済問題の解決を進める。

👉日本や海外で働く出稼ぎのフィリピン人の母国への送金に、ノアコインを使うことにより大きな手数料を削減できるとしている。(3兆円規模)

👉フィリピンのマニラにノアシティを計画している。

以上ノアコインの主なプロジェクトになります。

ノアコインは3月にイギリスの取引所「HitBTC」に上場をした後に、価格が高騰しました。

一時はICOの価格の5倍程度に上場しましたが、その後は仮想通貨相場に連動する動きとなっています。

フィリピンの経済・労働問題の解決のための海外送金

フィリピンにとって海外で働く出稼ぎ労働者は経済を支える屋台骨だ。人口の1割にあたる約1000万人が海外で働き、家族などへ送金される額は国内総生産(GDP)の約1割を占め、消費を押し上げている。

2016年1~11月の外国送金額は243億ドル(約2兆8000億円)で前年同期比5.2%増えた。

15年に海外で新規に雇用されたフィリピン人(船員を除く)は51万人超で家政婦は約4割を占めた。ー日本経済新聞社

フィリピンの海外での出稼ぎで大きな問題となっているのが国際送金に伴う手数料になります。

フィリピンのGDP約30兆円
国際送金額約3兆円
手数料3500億円
国際送金額に占める手数料の割合約12%

*2019年8月現在

以上のように、フィリピンの国が生み出す国内総生産の約1割にあたる約3兆円が毎年送金されていることになります。

フィリピンの他国への出稼ぎは一般的になっていますが、せっかく稼いで母国の家族のために送金する10%以上が手数料で徴収されるという状況になっています。

ノアコインはこのような送金インフラを改善することが大きな目的となっています。

ノアコインでの送金が実現すれば3000億円を超える手数料の削減に

ノアコイン海外送金
送金時間数分から数十分1週間程度
送金手数料1%未満約12%

ノアコインは仮想通貨であり一般的に仮想通貨の手数料は1%と未満となっており、従来の国際送金に比べて大きな送金手数料の改善をすることが可能になります。

ヨリコ
ヨリコ
でもノアコインで送金するっていっても、ノアコインは価格の変動が今の所激しい、そのまま持っておくのは厳しいのではないかしら。。

ノアコインを使った送金は現在の技術からすると

●ノアコインのブロックチェーンを使った送金

●ノアコインを実際のブリッジ通貨として使用した送金

の2つを考えることができます。

以下はノアコインをブリッジ通貨として使用した場合の送金の例です。

*画像は海外からフィリピンにノアコインを使って送金するイメージ図です。(イメージなので実際は異なる場合があります。)

仮想通貨を送金として使った場合に、価格変動の問題がありますが、仮想通貨取引所または銀行で瞬時に仮想通貨に変換して送金をすることにより価格変動の影響を減らすことが可能です。

ケイシ
ケイシ
送金自体はノアコインを使いますが、実際に受け取る通貨についてはフィリピンのペソになると考えられます。

仮想通貨は銀行を通さない送金なので、出稼ぎで得た収入を仮想通貨取引所、もしくは銀行でブロックチェーン を使った送金をすることで高速送金が可能になります。

「日本円」→「ノアコイン(送金時)」→「ペソ(受け取り時)」

というようにノアコインは送金のシステムで使うので、短時間で価格変動の影響はさほどないと思われます。

実際にノアコインを使った国際送金をする場合に銀行や取引所はノアコインを保有する必要があり、取引量の拡大につながる可能性があります。

実際に各国の大手銀行と提携しているリップルネットワークについてもブロックチェーンを使った送金となっています。

リップルは自社の送金システムとしてxRapid(エックスラピッド)というリップルを実際に使用した国際送金の技術を確立しており、世界的に注目を集めています。

フィリピンにノアシティを建設する

ノアコインは送金問題の解決の他に、ノアシティという施設を開発することとしています。

ノアシティの建設は以下のような手順となっています。

●ステージ1:アミューズメント施設(2017年 着工)

●ステージ2:ショッピングモール(2019年 着工)

●ステージ3:ホテルとカジノ(2020年 着工)

当初着工予定としていた計画時期については現在は延期となって状況です。

おそらくその原因としては2018年1月末からの仮想通貨市場全体の暴落に起因するものと考えられます。

この下落ではノアコインだけでなく、多くの仮想通貨プロジェクトが延期や中止になっています。

ノアシティの建設予定地について

そして気になるノアシティの建設予定地についてですが、フィリピン の「イートン・シティ」という都市に建設を考えていると言われています。

そしてこのイートンシティはフィリピンの首都であるマニラから車で約50分の所にあります。

上の図がフィリピンの首都マニラからイートンシティへのルートです。

ヨリコ
ヨリコ
現状を考えるとノアシティより先に、ノアコインを使った送金問題の解決を優先にしているようね。

ノアコインのロードマップについて

時期内容
2016年12-2017年6月プレセール1、2
2017年6月NipponPay との覚書締結
2017年7月24日ホワイトレーベル・ウォレットARK
2017年9月30日Noahシティーホライゾン・マニラ Jbros
2018年第1四半期Ark Walletのローンチ
2023年NoahシティーでのNoahトークン利用開始

ノアコインでは以上のようなロードマップとしています。

ですが、これまで2019年6月BTCNEXTを設立したり、重要なプロジェクトが出ているので、2023年のノアシティー建設までに、色々と情報が出てきそうです。

ノアコインの運営者

ノアコインの運営者についてはホワイトペーパーから確認することができます。

ノアコインではユーチューブでの情報発信を行っており、右下のBeaさんが度々登場しています。

ケイシ
ケイシ
この動画の0:58に登場する後ろ姿の男性は、泉忠司氏のような印象を受けます。

ノアコインのICO(資金調達)について

ノアコインが事業を行うにあたって、行なった資金調達がICO(イニシャル・コイン・オファリング)になります。

ICOの概要については以下の通りです。

価格発行額時期
第1期0.59円23.11億NOAH2017年1月11日〜3月19日
第2期0.67円55.85億NOAH2017年4月3日〜5月28日
ICO0.72円241.16億NOAH2018年2月〜2013月中旬

*ノアコイン の第1期からICOの売り出し時期と価格は上の表の通りです。

第1期と第2期をプレセールと呼んでいます。

海外取引所HitBTCに上場した時の価格

ノアコインは上場前の事前販売にあたるイニシャル・コイン・オファリング(ICO)で1億ドルがわずか3分で完売。追加で行われたICOでも3,000万ドルが1分で完売という世界的な記録を提げ、大きな期待とともに上場。

 初値でICO価格の約6.69倍にあたる0.0455ドル(4.8円)をつけ、初日の最高値ではICO価格の10倍にまで高騰。その後は少し戻したものの、現在もICO価格の7倍から8倍の水準で推移している。ーグローバルニュースアジア

ノアコインが上場した時の価格は4.8円(当時のレート1ドル=106.5円)とニュースがありました。

ICO時の約6.69倍の価格が4.8円とすると

ICO時の価格→4.8/6.69=0.72円

となります。

ケイシ
ケイシ
ノアコインについてはこれまでネガティヴな話題もありましたが、上場時にICO価格の6倍もの値上がりを見せた時には多くの注目を集めています。

ノアコインのプレセール時の返金問題について

ノアコインで大きな注目を集めた出来事といえばプレセール時の返金問題があります。

返金問題のまとめ

●ノアファンデーション側がノアコインを国家プロジェクトと発言

●フィリピンの中央銀行がノアコインの国家プロジェクトについては認めておらず、ノアコインの販売を許可した事実はないと発表

●ノアコイン側が購入者(希望者)に対して、全額返金に応じる

以下フィリピンの中央銀行からの実際の声明になります。

フィリピン中央銀行によりますと、中央銀行は、ノア・ファウンデーション及びノア・グローバルイノヴェーションサービス(ノア・グローバル)に対して、ノア・コインの事前販売に携わる権限を与えておらず、また、ノア・コインを国家プロジェクトとして承認しておりません。中央銀行により行なわれた初動調査では、ノア・コインの事前販売活動は、会社定款に記載されたノア・グローバルの主要・副次目的からかけ離れたものです。

フィリピン中央銀行と証券取引委員会の調査では、ノア・グローバルに国債や証券、その他類似証券を販売取引するライセンスや権限はありません。ーフィリピン大使館

以上のようにフィリピン大使館は、フィリピン中央銀行の発言をウェブサイトに掲載をしました。

以上のことからノアコイン側は既に販売したノアコインについて返金に応じる対応を行なっています。

*以下の内容は実際のノアコインの声明です(一部省略)

日本国における過剰広告の再発防止策及び予約券購入者への対応について

当社は、当社の2017.7.1付見解において事前に通知しました今後の対策について、以下のとおり表明致します。

1 先般、一部の予約券購入者におかれまして、代理店等として、自らのサイト等でノア・コインについて過剰な宣伝・広告等を行っている事実が判明し、当社としても事態を深刻に受け止めております

2 当社は、予約券購入者の全員に対し、今後は事実と異なる記載を行わないよう注意喚起するとともに、体制が整備されるまでの間、ノア・コインの宣伝や募集類似行為等の行為は行わないよう、本日付で通知致しました。

3 また、当社は、予約券購入者の一部の方に明確な違反行為が認められたことを真摯に受け止め、体制が整備されるまで、当社としてノア・コインの販売を一時停止することと致しました。過剰な宣伝等が行われない体制を整えた上で、販売を再開する予定です。

4 一方、当社は、すでに上記のような事態が発生したことを深刻に受け止め、すでに予約券を購入された方で、返金を希望される方につきましては、全額を返金することとし、本日付で、予約券購入者の皆様に通知致しました。

当社の理念及びノア・コインに賛同頂いている方にはご迷惑をお掛け致しますが、ご理解頂き、変わらぬご支援を賜れますと幸いです。ーNoacoinホームページ

以上のようにノアコインは実際の宣伝方法や声明について謝罪をし、ノアコインの購入者に対して全額返金に応じる姿勢を見せています。

ヨリコ
ヨリコ
なるほど、ノアコインの販売は代理店方式で、ノアコインの運営側が直接販売していただけでなく、代理店も販売していたのね。

一部の代理店がノアコインについて「値上がりが確定している」なんて誇大な表現をして販売した事実があったということね。

ケイシ
ケイシ
問題が発生して、迅速に謝罪と全額返金の対応をしたことは、運営の体制としては一部評価できるものはあるかと感じています。

仮想通貨ノアコインの現在価格とこれまでの価格推移

ノアコインの現在価格以下の通りです。

ノアコインの価格について(2018年6月時点)

 

上のチャートはノアコインの価格になります。*価格の3.5円は上場後の平均価格です。

2018年6月13日現在は特に仮想通貨相場全体が値下がりしているところで、ノアコインもそれに引きずられる形で価格を下げてきています。

👉ノアコインだけでなく、仮想通貨全体が下げてきている時期

👉このチャートでは価格が将来どのくらい上がるかの判断は難しい。

👉ノアコインは上場してまだ新しいため、今後の事業次第で値上がりの可能性もないとは言えない。

 (追記)ノアコインのこれまでの価格推移

ノアコインの2018年3月に上場してからの価格推移は以下の通りです。

時期価格
ICO価格0.72円
2018年3月 3円
2019年1月0.03円

ノアコインは上場後、ICO価格に対して3倍の値上がりを見せましたが、その後仮想通貨市場全体の下落とともに価格が下落し安値で推移をしている状況です。

ヨリコ
ヨリコ
実際に2018年1月末から仮想通貨のバブルがはじけて、多くのコインが下落をしているわ。

90%以上の下落は想定外の下落と言えるわね。

ノアコインのプロジェクトの進行について

ノアコインが企業買収し事業に乗り出す。(買収は中止になりました。)


以下ノアコインのメールから拝借しています。

Noah Ark Technologies Limitedが2018年4月25日に、日本の東証2部上場企業である
ビート・ホールディングス・リミテッドの発行株式の15.8%に相当する
新株予約券300万個を取得したことはすでにお知らせ済みですが、
6月8日ビート・ホールディングス・リミテッド社に対してNoah Ark Technologies Limitedは株主提案を行いました。

要は、Noah Ark Technologies Limitedがビート・ホールディングス・リミテッド社の株の過半数を取得するという提案で、
東証2部上場企業を母体として、
今後アジア圏を中心に「NOAH GLOBAL EXCHANGE」という
ノアコインを基軸通貨とした取引所を世界展開していく予定というもの。
「NOAH GLOBAL EXCHANGE」は世界32言語を用いたコールセンター等も完備した
安心・安全に使用できる取引所を目指すということで、
世界中にノアコインを流通させていく狙いがあるのは明らかですよね。

この株主提案は仮想通貨業界のみならず、株式の世界でもおおいに注目を集めているようで、
株主提案の発表を受けて、ビート・ホールディングス・リミテッド社の株価は急騰。
一昨日も昨日もストップ高となり、Noah Ark Technologies Limitedの株式取得が発表されてから
約1ヶ月ちょっとでビート・ホールディングス・リミテッド社の株価は何と400%以上も上がっているのです!!!

このように、ノアコインを基軸として取引所を開設するとの話になっているみたいです。

もしそれが拡大すれば価格に影響する可能性もあります。

(追記)その後ノアコインはビートホールディングスの株を売却し、企業買収を中止しています。

インドの取引所でノアコインが法定通貨と交換可能に

先日上場したインドの取引所WazirXで、ノアコインと法定通貨インドルピーとをダイレクトに交換できるようになりました。
これまではノアコインとビットコインとか、ノアコインとイーサリアムのように、暗号通貨同士の取引のみだったのですが、
ノアコインから法定通貨に直接取引できるようになったのは、スゴいことですよね。

実際にインドの取引所の画面で確かめて見ましたが、ノアコインの表記があります。

ノアコインがフィリピン中央銀行公認の取引所で取引が2019年内に開始。


ノアコインがフィリピン中央銀行(BSP)認定の仮想通貨取引所 Rebittance Inc.にて、フィリピンペソと暗号通貨ノアコイン間の売買が可能になりました。

そしてあわせてCEZA(カガヤン経済特区庁)から暗号通貨取引ライセンスを取得をしたことで、将来的にもノアコイン独自の取引所である「ノアエクスチェンジ(名称はBTCNEXTに変更)「」の開設が可能となっています。

ヨリコ
ヨリコ
このニュース(2019年3月)でノアコイン の価格は一気に4倍上昇したのよ。

 

ノアコインがフィリピンの公共料金に対応?

さらには、フィリピン国内最大手のOFW向けペイメント会社PayRemit社との業務提携も発表されました。
PayRemit社はフィリピンの最大手のペイメントゲートウェイの一つ。
世界中のOFWがフィリピンの様々な店舗等への支払いを便利なものにしている会社です。

ノアコインとPayRemit社の提携により、フィリピンで人気のショッピングサイトでノアコインで買い物ができるようになったうえ、
フィリピンの健康保険にあたるPhilHealthや、電気会社のMeralcoや、最大手電気通信会社PLDTなどの
公共料金の支払いまでもが、ノアコインで行えるようになったのです!!!

ノアコイン がユニオンペイと仮想通貨デビットカードで業務提携

銀聯カードは発行枚数60億枚以上の世界第1位のクレジットカードで、現在、世界168ヵ国に2,300万もの加盟店がありますが、BTCNEXTにてノアコインやビットコインやイーサリアムやリップルをはじめとした様々な仮想通貨を換金し、BTCNEXTが発行するクレジットカードにチャージすることで、上記加盟店でのショッピングはもちろん、ATMによって世界各国の法定通貨での現金引き出しも可能となります。ーノアコイン公式

ノアコインは支払いの普及の一環として、UnionPayと提携をしました。

UnionPayと提携することにより、クレジットカードを発行することが可能になります。

カードの特徴については以下の通りです。

●仮想通貨をクレジットカードにチャージし支払いに使える

●UnionPayに対応した加盟店で使用可能

●クレジットカードを使ってATMから現金の引き出しも可能

 

2019年6月 ノアコインがBTCNEXT取引所をリリース

ノアコインがBTCNEXT取引所の運営を開始〜今後の価格と展望について


ノアコイン が公式の仮想通貨取引所としてBTCNEXT取引所をリリースさせました。

取引所ではノアコイン を始めビットコイン、イーサリアム 、リップル、エイダコインなど時価評価額が高い主要な通貨の取引が可能です。

BTCNEXTの特徴は以下の通りです。

BTCNEXTの特徴

ノアコインをメインとして仮想通貨取引所

取引所トークン(通貨)としてBNXを発行。BNXを保有することで手数料が割引になる仕組み。定期的に発行枚数を削減をし、価格上昇の仕組みを取っている。

●BTCNEXTは各国の主要通貨に連動したステーブルコインを発行。

ステーブルコインの裏付けとして仮想通貨QDAOをIEOでリリースし価格が高騰している。

●BTCNEXTでは、ノアコインのトークンスワップで新しい仮想通貨に対応している。

以上がBTCNEXTの特徴になります。

BTCNEXTはノアコインの主な取引所となり、今後ノアコインの取引量を上げるための施策がとられていくと言われています。

(追記)ノアコインが取引できる取引所は?


ノアコインは現在取引量が多い取引所でいうと上の画像のようになります。

一番取引量が多いのはHitBTCですが、HitBTCは現在日本居住者向けには取引を一時停止しています。*2018年6月現在(金融庁の規制のため)

その次は「Yobit」となっています。 *現在はBTCNEXTがオススメです

ヨリコ
ヨリコ
Yobitは世界でも有名な取引所ですね。

Yobitはロシアの取引所で、特に草コインをはじめとして多くの通貨を取り扱う世界的にも有名な取引所です。

Yobitでノアコインを買ったとは、マイイーサウォレットなど個人のウォレットで管理しておくことをオススメします。

(追記)ノアコインの取引はBTCNEXTがメインとなるか

2019年6月にBTCNEXT取引所が稼働したことにより、ノアコインの取引は今後BTCNEXTがメインとなると思われます。

BTCNEXTがノアコインのメインの取引となる理由については

●既存のノアコインは、新通貨への移行のためBTCNEXTに送金される。

●BTCNEXTはノアコインの運営側が設立した取引所となっている。

●今後ノアコインを基軸通貨として様々な通貨と取引される可能性がある。

ということが言えます。

ノアコインの運営側はBTCNEXTでのノアコインの取引量を増やすための施策を打ち出してくると予想されます。

その一つが、既にご紹介したノアコインを使ったクレジットカード支払いとなっています。

ヨリコ
ヨリコ
BTCNEXTの特徴と使い方については以下の記事を参考にしてね。
あわせて読みたい
ノアコインがBTCNEXT取引所の運営を開始〜今後の価格と展望について
ノアコインがBTCNEXT取引所の運営を開始〜今後の価格と展望についてフィリピンの送金問題の解決としたプロジェクトである仮想通貨ノアコイン (NOAHcoin 通貨単位NOAH)が、フィリピンでBTCNEX...

ノアコインの取引方法

ノアコインの取引方法については、

①国内取引所でビットコインを購入

②BTCNEXT(取引所)にビットコインを送金

③ビットコインでノアコインを購入

という流れとなります。

ヨリコ
ヨリコ
初めて送金をする人は、最初は少額で送金してちゃんとBTCNEXTに着金するかを確認して本格的な送金をした方がいいわ。

まずは国内の仮想通貨取引所で口座開設する

ノアコインを手に入れるためには、ノアコインを買うためのビットコインが必要になります。

現状では国内の仮想通貨取引所は全てビットコインを扱っており、どこでも手に入る状況です。

ヨリコ
ヨリコ
国内のオススメの取引所は下記のボタンの記事の上位にある取引所ほど今オススメよ!

国内取引所

仮想通貨ノアコインの価格は上がるのか?

ノアコインが今後価格上昇する要因については以下のものが言えます。

価格上昇の要因

●BTCNEXTでノアコインが基軸通貨となり、BTCNEXTのユーザーが増えるとノアコインの取引量が増す。

●ノアコインがフィリピン国内への送金で使えわれるようになった場合の取引量と認知の増大

●仮想通貨市場全体の上昇によるノアコインの上昇

BTCNEXTの今後の運営が鍵を握るか

ノアコインのプロジェクトが設立したBTCNEXT

ここではノアコインをはじめとしてビットコインやカルダノ、リップルなど主要通貨の取引が可能です。

BTCNEXTが将来的にユーザー数が増加するとノアコインの取引量の拡大にも繋がると思われます。

ケイシ
ケイシ
運営側は、取引所コインのBNXやIEOでリリースされたQDAOは、ノアコインを支える通貨であるという説明がなされています。

これらの2つの通貨がノアコインの取引量拡大にどのように作用するのかが注目です。

ノアコインがフィリピンへの送金や支払いで使われるようになった場合影響について

実際にノアコインがフィリピンへの送金の支払いで使われるようになった場合に、取引量が拡大する場合もあります。

私なりの考えですが、その送金システムがもしノアコインを実際に使ったものとなれば、銀行は実際にノアコインを保有する必要があり、そのためその仕組みがノアコインのロックアップのように買いさせるような状態になるのではないかと想定されます。

実際にフィリピンの送金額は既にご紹介したように毎年3兆円という額となっています。ノアコインがこの中でどのくらいのシェアを伸ばせるかにかかってくると思います。

仮想通貨市場に大きな資金が流入するとき

2017年末から2018年1月は仮想通貨バブルと言われ、大きな資金が流入し、仮想通貨全体が大きく値上がりをしました。

この時の全体の時価評価額(取引額)は80兆円となっていました。2019年8月末では35兆円となっており、多くの金額がビットコインに入っている状況です。

2017年1月2018年1月上昇率
ビットコイン10万円150万円15倍
イーサリアム1000円11万円110倍
リップル0.7円350円500倍

2017年1月から1年間の値上がりを比較したのが上の表になります。

仮想通貨は2017年1月時点で時価評価額が小さいだけあり、資金が流入した時の値上がりの倍率は凄まじいものがあると分かると思います。

ノアコインのリリースはバブルがはじけた後の2018年3月だったため、仮想通貨市場全体の資金流入が仮想通貨の全体の価格上昇に起因することになるかもしれませんが、その際にノアコイン自体がどれだけ価格上昇するかは、それまでのプロジェクトの進歩状況やマーケティングにかかっていると思います。

仮想通貨ノアコインまとめ

ノアコインの今後の将来性をまとめると以下のようになります。

●ノアコインが企業買収をし、アジア圏を中心にノアコインの取り扱いを増やして行く。

●ノアコインはフィリピンとエストニアで仮想通貨のライセンスを取得済み

●ノアコインがBTCNEXTを主体として取引される。

●実施の送金にノアコインが使われる。新しいノアコインは毎秒数千回の処理

●今後もノアコインの取り扱い取引所が増える可能性

●ノアコインがフィリピンの決済会社と提携し、今後支払いの加盟店が増える。

ということになります。

ノアコインも取引所が拡大し、アジア圏にかけて同じく事業を拡大してきているみたいです。

ノアコインはまだプロジェクトがこれからの通貨と言えるため、投資を考えている人は現段階が「安く仕込む」チャンスうかがってみるのがまずオススメです。

ケイシ
ケイシ
私がノアコインの運営側に対して思うことは、現在日本人のノアコインのコミュニティは強い、多くの支持者がいることは確かです。

なので ノアコインのプロジェクトを信じて投資をした人たちのためにも、ノアコインを使って金融システムのインフラを構築してもらいたいのはもちろんのこと、ノアコインについては送金を採用した銀行などから手数料を徴収し、ノアコインを買い支えるなど安定した取引量のための工夫をより一層考えていってほしい良いと願っています。

本サイトでは初心者から学べる「無料仮想通貨メルマガ」を配信していますので、仮想通貨投資の参考にしてもらえれば幸いです。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
仮想通貨が買える「注目の国内取引所」

大手企業マネックスが運営する国内仮想通貨取引所「コインチェック、使いやすいシステムは初心者からオススメの取引所と言えます。

詳細ページ

★大好評★仮想通貨無料メルマガ!

 


初心者からの仮想通貨が学習できる「無料メルマガ講座」と最新の仮想通貨情報をお届けする読者数3000人のメルマガ。

メルマガの詳細はこちら