ニュース

三菱東京UFJが独自の仮想通貨を発行予定〜手数料が格安に

今回大手銀行の一つである三菱東京UFJ銀行が独自の仮想通貨を開発しているというニュースが話題になっています。

その名もMUFJコインいう通貨で1円=1コインで取り引きができるということです。大きな特徴としてはビットコイン(bitcoin)と同じで利用者間でやり取りができるため、これまでの手数料よりかなり安くなることになると言われています。

またビットコインと違う点は交換比率の違い、投資の対象となりにくいこと。

今回のメガバンクの独自通貨の作成で、また大きく仮想通貨の技術が革新的という点と将来性のある通貨だと認識されることにないrます。 MUFJコイン特徴を含めてどのようなものかを解説します。

MUFJコインの特徴

下の図は現在開発中のMUFJコインの特徴になります。

MUFJコインの特徴 仮想通貨

ビットコインが発行者・運営がいないのに対して、MUFJは管理主体となり独自の仮想通貨を管理します。 交換比率を1コイン=1円とすることで、円と同等の価値つまり円と同じように取り引きができる仮想通貨を持つことになります。

それに比べてビットコインは価格が変動していますので、1BTC=40000円の時もあれば、1BTC=50000円の時もあるのが特徴です。つまり投資の対象でもあるということです。

三菱東京UFJが独自通貨を発行した理由

理由はいくつもあると思いますが、ここで特徴しては以下の点が挙げられます。

  • 独自通貨を発行することにより利用者を増やし手数料を安くする。
  • 独自通貨を使うことにより手数料から収益を得る。

当然ビットコインと同じ技術を使っているので、送金手数料は格安なると思います。ですがビットコインよりは高くなると思います。なぜならその手数料はUFJが受け取るからです。

ビットコインは運営者がいないため、革新的とも入れる手数料の安さを実現できています。つまりみんなビットコインで取り引きすれば銀行がいらなくなるということも言えるのです。

当然銀行はそんなことは経営の危機として捉えていますので、それを防止するために先行してこのように独自通貨を発行することにより、手数料収入を得ることにしていているのです。 革新的な技術をもったビットコインの将来の進歩に1種の布石を打った感じですね。

スマホのアプリを開発中

MUFJコインをスマホで取り引きするアプリも同時に開発中とのことです。 それによって口座開設をすることなしに、ATMでスマホを使って現金を引き出せるようになるということです。

まだ新しい取り組みなので具体的な方針は決まっていませんが、サービスを拡充させることにより顧客の確保を狙っていくことと思われます。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
★大好評★仮想通貨無料メルマガ!


初心者からの仮想通貨が学習できる「無料メルマガ講座」と最新の仮想通貨情報をお届けする読者数3000人のメルマガ。

メルマガの詳細はこちら

仮想通貨が買える「注目の国内取引所」

仮想通貨取引所の「ビットポイント」は、国内の仮想通貨でも資本力がNo.1の取引所になります。

それだけでなく、仮想通貨も安く購入できるため今注目度No. 1の仮想通貨取引所と言えます。

登録方法はこちら

公式ページはこちら

 

下落相場でも利益が狙えるビットバンクトレード

ビットバンクトレード取引所の口座開設 「最大レバレッジ20倍」で「追証なし」、そして「売り」からでも下落相場で利益が狙えるビットコインFXを提供する「ビットバンクトレード」下落相場での力強い味方になってくれる取引所です。
登録方法はこちら

公式ページはこちら