仮想通貨の種類と特徴の一覧まとめ

仮想通貨の銘柄は1000種類を超え現在様々な種類があります。 

仮想通貨の多くは実用性がないものもあるため、しっかりと通貨が将来的に有望か、実用性はあるのかと言う視点で見ることが重要です。

しかし、膨大な仮想通貨の中から、調べてすごく値上がりするものを時間をかけて狙うよりは、現在の仮想通貨の中で、より多く普及されつつある、そして技術が注目されている仮想通貨を選ぶことが、時間もかからず堅実な投資になります。

このページでは仮想通貨の種類について、現在のところ時価評価額が高く、将来的需要がある可能性が高いものについてご紹介します。

通貨の種類については随時更新していく予定でいます。

仮想通貨の種類について

ビットコイン(BTC)

仮想通貨’(ビットコイン)の半減期は投資のチャンス!歴史が一番あり、世界で一番取引されている通貨

2009年のリリース以来、右肩あがりで上昇を続けている『ビットコイン』仮想通貨の代名詞とも言われる通貨です。 この通貨の時価評価額が他の通貨の群を抜いて高いのは投資する上で注目するべきところです。

詳細ページ

イーサリアム(ETH)〜スマートコントラクトが注目される


スマートコントラクトが注目を集める

イーサリアムは、厳密に言うと仮想通貨の部類ではなく、仮想通貨2.0と言われるプラットフォームになります。ブロックチェーンを応用した技術である『スマートコントラクト』は世界中で注目を集めています。そのプラットフォームでの通貨を「イーサ」と呼んでいます。

詳細ページ

リップル (XRP)〜より国際的な通貨として

リップル(ripple)とは? 通貨の特徴

素早い送金とローコストを実現した通貨

ビットコインより素早し送金と、世界の銀行と提携し世界の通貨とリップルの交換をより柔軟に対応した通貨。仮想通貨時価評価額の上位に位置している。

詳細ページ

ビットコインキャッシュ(BCH)

ビットコインキャッシュは、2017年8月にビットコインが分裂して発生した通貨です。

ビットコインキャッシュはビットコインを改良版として送金スピードも早く取引に向いています。

 

詳細ページ

ライトコイン(LTC)

ビットコインの機能を改善した通貨

ビットコインが金であれば、ライトコインは銀で例えられます。ビットコインの取引スピードを改善し、いち早くセグウィットを実装したラインコインの将来性が注目されます。

詳細ページ

ネム(XEM)

リップルとともに大きな価格上昇で億万長者を生み出したNEM。

NEMを使ったサービスで企業を提携をし、ますますグローバルに影響を与えていくNEM。今後も価格の上昇が期待されています。

詳細ページ

カルダノ(ADA)

カルダノはイーサリアム を超える通貨としての目標を掲げる分散型のシステムになります。

開発者は世界的に影響力のあるチャールズホスキンソンで、今後の開発が注目されます。

 

詳細ページ

ジーキャッシュ(ZEC)

世界最大手銀行JPモルガンとの提携で注目を集める通貨

ジーキャッシュは、「ゼロ知識証明」と言われる技術で取引を非公開にすることができる特徴を持つ通貨になります。このプライバシーの技術は大手銀行やイーサリアムなどの仮想通貨でも実用化に向けて取り組み始めています。

詳細ページ

シビック(CVC)

シビックはブロックチェーンを使った個人認証を行うシステムになります。 免許証、保険証などあらゆる身分証明書を一元的に管理した認証を目指しています。

開発者はあの仮想通貨会で有名なビニーリンガムです。

 

詳細ページ

リスク(LSK)

リスクはサイドチェーンという独自のシステムを採用している仮想通貨です。

開発者は積極的なマーケティングと独自のサービスを進めています。

 

詳細ページ

オミセゴー(OMG)

イーサリアム開発者がアドバイザーを務める有力通貨

あのイーサリアムの開発者で仮想通貨で世界的有名なビタリク氏がアドバイザーを務める仮想通貨です。 オミセゴーは東南アジア圏の支払いの通貨としての普及を行っており、タイ政府からも支援を受けている将来性のある通貨と言えます。

詳細ページ

 

モナコイン(MONA)

モナコインは2チャンネルから生まれた仮想通貨です。

日本では一番歴史が古いと言われており、そのユニークさから多くのファンがいます。

2017年には400倍の値上がりを記録しました。

詳細ページ

エニグマ(ENG)

エニグマは世界的に有名な大学マサチューセッツ工科大学で開発された仮想通貨です。

イーサリアムに似た機能を持ちますがプライバシーに配慮した設計となっています。

 

詳細ページ

 

ウービット(WWB)

国内の企業であるオーケイウェブが開発した仮想通貨であるwowbit(WWB)。

オーケイウェブは現在Q &Aサイトで有名ですが、このサイトで仮想通貨を使い人の役に立った人に報酬を与える仕組みを作る予定です。

詳細ページ

ノアコイン(NOAH)

ノアコインは海外で出稼ぎで働く人の母国への送金問題を解決するために開発されました。

マーケティングを行う泉忠司さんはフィリピンの政府高官とも知り合いであり、フィリピンでの仮想通貨のライセンスを取得しています。

詳細ページ

 

シリンラボ(SRN)

シリンラボはイスラエルの企業で世界で初めてブロックチェーンスマホをリリースしました。

スマホではDappの使用やコールドウォレットで仮想通貨が保管できる仕組みが取り入れられています。

 

詳細ページ

 

 

Crypto.com(MCO)

シンガポールに拠点を置くCrypto.comでは仮想通貨を使ったデビットカードのサービスを提供しています。

すでに各国にデビットカードを配布しており先行して事業を進めています。 Crypto.comのアプリを使ってのエアドロップ の受け取りは必見!

 

詳細ページ

 

ベーシックアテンショントークン(BAT)

ベーシックアテンショントークンは、インターネットブラウザーの「ブレイブ」で広告を見ることにより報酬としてもらえる仮想通貨になります。

ブレイブはグーグルクロームよりインターネットが高速という検証結果が出ており、インターネットをする人のより多くの人が従来よりもメリットが大きくなるように設計されています。

詳細ページ

その他の仮想通貨

リブラ(フェイスブック)

世界的SNSのサービスを行うフェイスブックが開発中の仮想通貨リブラ。店舗での決済や送金などあらゆる場面での利便性を目指しています。

XP(エクスペリエンスポイン)

草コインの代名詞と言われるXP。かつては1000倍を超える値上がりを見せたことも。

 

注目の仮想通貨取引所「CoinCheck(コインチェック )」

 

大手企業マネックスが運営する国内仮想通貨取引所「コインチェック、使いやすいシステムは初心者からオススメの取引所と言えます。

詳細ページ

★大好評★仮想通貨無料メルマガ!

 


初心者からの仮想通貨が学習できる「無料メルマガ講座」と最新の仮想通貨情報をお届けする読者数3000人のメルマガ。

メルマガの詳細はこちら