仮想通貨を運用するにあたり、役立つ重要な知識ついて解説します。
仮想通貨は触れていくうちにどんどん知識が含まっていきます。まずはビットコインを持って見ることが重要。おすすめの取引所を紹介します。
仮想通貨において代表的な、そして重要な通貨についてご紹介します。
仮想通貨投資でより実践的な投資内容をお伝えする特別記事になります。将来性のあるオススメの仮想通貨やICOをご紹介

ビットバンク(bitbank)CC取引所について〜評判と特徴(手数料等)について

ビットバンク(bitbank)CC取引所について〜評判と特徴(手数料等)について

ビットバンクCCとは国内仮想通貨取引所であり、ビットコイン以外にもリップル(Ripple)をはじめとするアルトコイン(イーサリアムEthreum、ライトコインLitecoin 等)が取引できる取引所になります。

ビットバンクCCの取り扱い仮想通貨は世界で多く取引されている時価評価額の高いアルトコインで、今後もモナコインやなどその他の仮想通貨を随時追加する予定としています。

ビットバンクにはビットバンクトレードビットバンクCCの2つの取引所がありますが、現在の位置付けとしてはビットバンクトレードはレバレッジを使ったビットコインFXトレード。ビットバンクCCは通常の現物取引でビットコイン以外にもイーサリアム、リップルなど魅力的な通貨が取引できる違いがあります。

見やすいチャートでビットコインFXトレードができる「ビットバンクトレード」はこちら▼▼

ビットバンクCCの口座開設方法はこちらから▼▼▼

ビットバンク(bitbankCC)の特徴は板でアルトコインが取引できる。

ビットコインCCの特徴は、ビットコイン以外のアルトコインの取引を板を使って取引ができることです。

上の画面はビットバンクCCの取引画面になります。ログインをすると上の画像が表示されます。

ビットバンクCCの特徴はビットコイン以外の仮想通貨も取引ができ、同時の取引で「売り板、買い板」を使って取引ができるということです。この板を使った取引というのは個人間の取引になり、例えばリップルを買いたい場合は、「売り板」を見て誰かが出している売りの注文について買うことができます。

板を使った取引により通常取引所より直接通貨を買う場合に比べて、安く仮想通貨が購入出来る特徴があります。

取引できる仮想通貨数自体はコインチェック取引所より少ないですが、ビットバンクCCで取り扱っている通貨のみの取引であるならば手数料を抑えて取引ができるのが特徴となります。

bitbank.cc とは
bitbank.ccなら、アルトコインのトレードも自由自在。 1円未満の単位から、お試しで購入することもできます。24時間365日、PCから、スマホから、スマートで最先端な投資クラスをご体験ください。ービットバンクCCより

 

ビットバンクCCの取引通貨について

ビットバンクCCの取り扱い通貨(2017年7月現在)は、

  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • リップル
  • ライトコイン
  • モナコイン(近日導入)

になり、時価評価額の高い通貨の取引ができるが特徴です。

ビットバンクCCの特徴

以下ビットバンクCCの特徴(ビットバンクホームページより)

– 業界最安値
ビットコインも、アルトコインも、bitbankでは板で売買するから価格の透明性が段違い。 常に最適なレートで、隠れたコストもありません。いつでも、どこでも、快適に仮想通過の売買を行うことができます。

– 高い流動性
bitbankなら、国内最大級のアルトコイン流動性にアクセス可能。 新たな資産クラスとして注目されている仮想通貨アルトコインを、安心してお取引できます。もちろん、API取引にも対応しています。

– 強固なセキュリティ
マルチシグとコールドウォレットによる最先端のセキュリティで、お客様の仮想通貨は安全に守られています。また、お客様のアカウントもメール、スマホ認証によるマルチファクター認証で保護されます。お客様の仮想通貨を弊社の世界最高水準の技術と運用によってお守りします。

 

ビットバンクCCの手数料について

取引手数料は基本的に取引板で取引をすると「メイカー手数料」となり、手数料はかかりません。(手数料がマイナスなのは逆にコインがもらえることになります。%が少ないので微々たるものですが)

入出金の手数料は上の通りです。ここで説明しておくところは「BTC、LTC」の「出金手数料」です。

仮想通貨の出金とは「送金」と同じ意味です。他の取引所やウォレットに送金する時にかかる手数料で、「*3」にあるように承認にかかる手数料で一般的にどこでも送金にかかる手数料という意味になります。(取引所がもらう手数料ではありません。)

ビットバンクの2つの取引所を使い分ける

ビットバンクのではすでに紹介したように「ビットバンクCC」と「ビットバンクトレード」の2つの取引所があります。

通常の売買でビットコイン以外のイーサリアムやリップルを取引するのであれば「ビットバンクCC」で、レバレッジを効かせて少額でもある程度大きな額の資金を取引したいのであれば「ビットバンクトレード」になります。「ビットバンクトレード」では通常の売買ができず、ビットコインFXのみが取引できることができます。

人によってはイーサリアムやリップルなどのアルトコインのために「ビットバンクCC」を開設し、同時にビットコインの売買をレバレッジを効かせてトレードするために同時に「ビットバンクトレード」の口座を開設する人も結構います。

ユーザーのニーズに合わせて賢く仮想通貨を運用するように使い分けができるのが特徴です。

仮想通貨のアルトコインが取引できるビットバンクCCはこちらから▼▼(メールアドレスですぐに登録できます。)
bitbank.cc 新規口座開設

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

★大好評★仮想通貨投資実践メルマガ

    初心者から学べる無料の仮想通貨実践講座メルマガ   本サイト無料限定メルマガで初心者から学べる仮想通貨の基礎知識及び未公開仮想通貨情報などの有益な情報が満載!   仮想通貨実践講座の詳細はこちらから
メールアドレス:
氏 名:
Powered by ABC Mail

ビットコイントレードができる注目の取引所!

LEAVE A REPLY(コメント欄)

*
*
* (公開されません)

よく読まれている記事