初心者は仮想通貨をどう勉強して運用していくのか。収益を上げる視点で重要な項目をご紹介。
仮想通貨を運用するにあたり、役立つ重要な知識ついて解説します。
仮想通貨は触れていくうちにどんどん知識が含まっていきます。まずはビットコインを持って見ることが重要。おすすめの取引所を紹介します。
仮想通貨において代表的な、そして重要な通貨についてご紹介します。

コールドウォレット・ペーパーウォレットの作成方法〜ビットコインを保管

コールドウォレット・ペーパーウォレットの作成方法〜ビットコインを保管

ビットコイン(bitcoin)などの仮想通貨をより安全に保管するために、今回はBitaddress.org(ビットアドレス)コールドウォレット(Coldwallet)・ペーパーウォレット(paper Wallet)の作成方法を解説します。

このようなオフライン(ネットに繋がっていない)のペーパーウォレットは、仮想通貨を保管するにあたってはセキュリティーで一番安全な資産管理と言われています。

紙に出して管理するため少し手間がかかりますが、大きな金額を運用する場合などに通常用いられる方法として有名です。ですので、頻繁に動かさないお金についてはこのようにペーパーウォレットにして管理する場合が多いと思います。

ペーパーウォレットを最初に作成してビットコインの出し入れをする際には少額から行うことをオススメします。

*ペーパーウォレットの作成方法はサイトのユーザーの方から要望が多かった項目であり、また具体的に説明している日本のサイトが少ないため、良ければフェイスブックやツイッター等でシェアしてもらえると助かります。より多くの人にセキュリティーの高い方法を知ってもらいたいからです。

*ウォレットの作成にあたっては自己責任でお願いします。

コールドウォレット・ペーパーウォレットの特徴

ペーパーウォレットとコールドウォレットは同じ意味になります。以下ペーパーウォレットの特徴です。

  • 紙媒体などオフラインで管理するためハッカーから盗まれる可能性がない。
  • セキュリティーとしていは一番安全な保管方法と言われている。
  • 紙媒体が汚れたり薄れたり、経年劣化が起こった場合は、パスワードが見れなくなる可能性があるため留意する。
  • 火災やその他の事故で紛失する可能性に留意する。
  • 基本的に一つのペーパーウォレットはセキュリティーの面から1回の取引が望ましいとされている。(1回の仮想通貨の出入れ)

以上がペーパーウォレットの特徴になります。

仮想通貨は資産です。現金のお札と一緒なので、高品質の紙等で印刷したほうが後々管理する場合に文字が薄れたりしにくくなるため望ましいと言われています。

Bit address.org でペーパーウォレットを作成する。


上の動画は英語でのペーパーウォレットの作成方法を解説した動画ですが、かなり参考になりますので、参考に見てもらえるとその流れの概略がつかめると思います。bit address』 はペーパーウォレットのサイトの中でも世界的に利用されているサイトと言われています。

bit address のページは下記のボタンから進めます↓↓

Bit address.org にアクセスする。

上の画像はBitadrress.orgの画面になります。 画面上あるに言語選択で日本語を選ぶことができます。

*(重要)ここでペーパーウォレットを作成する際に、「オフライン」状態で作業を行います。

オンライン状態でペーパーを作成する理由は他の人から見られないためです。

サイトをPCに保存して、ネットの接続を切ります。

PCの「ファイル」からウェブサイトを保存します。

上の画像のようにウェブサイトを、PCに保存しました。

その後PCを「オフライン(ネットの接続を切ります。)」にして、上の画像の赤枠のサイトをクリックしてサイトを再度表示させます。

Bit address でペーパーウォレットを作成する(オフライン)

再びbit address.orgの画面です。 

この画面でマウスのカーソルを動かして、緑の着色の数値が100%になるまで動かし続けます。カーソルを動かすと緑の点が表示されます。

Pepar Wallet のタブを選択し、ウォレットを作成

 

100%になったら、ウインドウの「Paper Wallet」のタブをクリック。こちらの項目では紙幣のようなペーパーウォレットを作成することができます。

他のタブでもペーパーウォレットを作成することが可能だと思われますが、ここでは紙幣のように印刷ができるペーパーウォレットでご説明をしてきます。

上の画像が最初のペーパーウォレットの画面になります。

ここで赤枠で囲った設定で下記のように入力をします。

  • Address Generate に1を入力(アドレスが一つ表示されます。)
  • BIP38Encrypt にチェックを入れ右側にパスワードを入力します。(任意で設定できます。)
  • Address per pageに1を入力(紙幣が一つになります。)

すると、先ほどの黄色の紙幣が、上の画像のように青の紙幣に変わります。

ここでEncrypt にチェックを入れるとパスワードの入力欄が表示されます。ここの入力は任意なので、セキュリティをより強化したい場合に使用します。

ここで入力したパスワードはペーパーウォレットに入金した金額を引き出すときに、入力するパスワードになりますので、必ずわすれないようにしてください。*ビットコインを引き出せなくなります。

ペーパーウォレットを印刷する。

上記でできたペーパーウォレットを印刷して完了です。

印刷したウォレットは、経年劣化(パスワードが消えかけてくる)や火災等の事故等に気をつけて管理することをおすすめします

ここからは完了したペーパーウォレットへ資金を送金することができます。QRコードが表示されているので、スマートフォンのブロックチェーンアプリでQRコードをスキャンしてビットコインを送金します。

パスワードを厳重に管理する。

ペーパーウォレットを作成する際にセキュリティー対策として設定した「パスワード」とペーパーウォレット右側のQRコードの『Secret passward(秘密鍵)』は絶対に他人に知られないようにしないといけません。

ここを知られるとビットコインを引き出されてしまいます。

また『Secret passward(秘密鍵)』は資金を引き出す時にに使用するコードになります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

★大好評★仮想通貨投資実践メルマガ

    初心者から学べる無料の仮想通貨実践講座メルマガ   本サイト無料限定メルマガで初心者から学べる仮想通貨の基礎知識及び未公開仮想通貨情報などの有益な情報が満載!   仮想通貨実践講座の詳細はこちらから
メールアドレス:
氏 名:
Powered by ABC Mail

ビットコイントレードができる注目の取引所!

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 1 )

No commented yet.

  1. […] 画像は「仮想通貨の投資方法」から引用しました。 スポンサーリンク スポンサーリンク […]

LEAVE A REPLY(コメント欄)

*
*
* (公開されません)

よく読まれている記事