仮想通貨の基礎知識

【2021年版】暗号資産(仮想通貨)おすすめの将来性銘柄ランキング

【2021年版】暗号資産(仮想通貨)おすすめの将来性銘柄ランキング

2020年暗号資産(仮想通貨)相場は、コロナウイルスの経済対する影響から資本が集中し大きな成長となりました。

この記事では国内や海外の暗号資産(仮想通貨)取引所で取り扱っている暗号資産(仮想通貨)についておすすめランキングとして順位をつけてまとめています。

特にビットコインは、2020年途中から機関投資家が参入し、歴代の最高価格220万円(2017年末時点)を2020年12月に大きく更新し300万円近い価格を記録しています。

今後各国はデジタル通貨についての規制や取り扱いについて現在の成長から、取り組みを行っていくと感じています。

規制は避けては通れない問題ですが、市場が成長するためには必要なことでそれに生き残っていく通貨こそ今後需要が出るのではないかと思います。

ヨリコ
ヨリコ
2020年の暗号資産(仮想通貨)ランキングが気になる人はこちらの記事を確認してみてね。

暗号資産(仮想通貨)の選び方について

仮想通貨の選び方について
時価評価額が高く安定性のある通貨

将来性があり世の中の需要があるもの

プロジェクトに実用性がある。(支払いシステム・インフラ)

コミュニティが強い

以上のような基準で暗号資産(仮想通貨)のランキングとしています。

【2021年】暗号資産(仮想通貨)銘柄ランキング

銘柄ランキングでは以下の表でご説明します。

通貨単位 仮想通貨の通貨単位です。(BTC,ETHなど)
主な取引所 手数料を含めて購入がおすすめの取引所を記載 *取引所をクリックと詳細ページに飛びます。
将来性(5段階) 星(⭐)で5段階で評価

 

1位『ビットコイン』Bitcoin

仮想通貨で一番歴史が古いデジタルゴールドと言われる「ビットコイン」。

2020年はコロナウイルスによる金融危機により安全資産としてビットコインに資本が集中し、年末には一時300万円を超える大高騰をみせました。

近年は機関投資家の参入が増えており、今後のさらなる参入が期待されます。

通貨単位 BTC
時価総額 1位
取引所 コインチェックビットフライヤー
将来性(5段階) ⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
2021年の注目ポイント

コロナウイルス による世界各国の現金給付により法定通貨の価値下落。ビットコインの価値の上昇の可能性

・機関投資家の参入

ビットコインETFのSECによる認可がどうなるか

ビットコイン(bitcoin)とは?〜仮想通貨の仕組みと特徴についてビットコイン(bitcoin 通貨単位:BTC)は、仮想通貨(暗号資産)で最も古く歴史がある通貨で、その希少性・安全資産としての可能性か...

 

2位『イーサリアム』Ethereum

スマートコントラクトを持つ仮想通貨イーサリアム。

2020年はイーサリアムベースのシステムであるDeFiが大きな成長と需要を生みました。

現在新たなアップグレードであるETH2.0について実行中の段階。今後の成長が期待されます。

 

通貨単位 ETH
時価総額 2位
取引所 コインチェックビットフライヤー
将来性(5段階) ⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

 

2021年の注目ポイント

・2021年にフェーズ1についてどこまで進むのかが注目

・イーサリアムベースのDeFiAppの銘柄(uniswapなど)がどこまでさらに成長ができるか。

注目のイーサリアム2.0とは?今が買い?〜その時期と今後の価格予想について
注目のイーサリアム2.0(ETH2.0)とは?今が買い?〜その時期と今後の価格予想についてイーサリアム(Ethereum)の大型アップデートであるイーサリアム2.0は、いつのリリースか、また価格に及ぼす影響について大きな注目を集めています。 イーサリアムの研究者はイーサリアム2.0のリリース時期について「2020年内のローンチに95%の自信がある」という回答を行っており、12月1日にビーコンチェーンが起動し、実際にETH2.0はリリースしました。...

 

3位 Polkadot ポルカドット

 2017年に1300億円もの資金調達を成功したポルカドット。2020年にリリースすると同時に時価総額が10位以内に入るという、強烈なインパクトを与えました。

ことなるブロックチェーン同士を繋ぐ仕組みを持つポルカドット。個人的には国内でも早く取り扱いができるようになってほしいと思っています。

通貨単位 DOT
時価総額 6位
取引所 バイナンス  FTX
将来性(5段階) ⭐️⭐️⭐️⭐️

 

ポルカドット (DOT)とは?仮想通貨の将来性と購入できる取引所について
ポルカドット (DOT)とは?仮想通貨の将来性と購入できる取引所について仮想通貨ポルカドット (polkadot 通貨単位DOT)は2017年のICOで1300億円もの資金調達をして注目されたWeb3財団が開...

4位 Chain link チェーンリンク


 チェーンリンクは、イーサリアムベースの暗号資産(仮想通貨)でERC-20という規格で作れています。

イーサリアムの仕組みであるスマートコントラクト(自動的な契約)と外部をつなぎ合わせる仕組みとなっており、支払いシステムや契約など現物の資産とのやり取りを目指したプロジェクトです。

2021年は時価総額トップテンに入るなど大きな成長を見せています。

通貨単位 LINK
時価総額 10位
取引所 バイナンス   FTX
将来性(5段階) ⭐️⭐️⭐️⭐️

 

 

 5位『バイナンスコイン」Binance Coin

世界最大の取引所バイナンスの公式仮想通貨がバイナンスコイン。

バイナンスコインを使うと取引手数料が割引になったりICO、IEOの参加資格がもらえたりとかなり需要がある通貨.  2021年は世界を牽引しているバイナンスがどのようなサービスを打ち出してくるのか期待

 

通貨単位 BNB
時価総額 9位
取引所 バイナンス 
将来性(5段階) ⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
2020年の注目ポイント

・取引所通貨として世界最強クラス

・定期的にバーンを行って発行枚数を減らし価値を上げている

・バイナンスの規模や取引者数が増えれば増えるほどBNBも注目度が増す

Binance(バイナンス)海外仮想通貨取引所の使い方と登録(口座開設)方法海外で世界最大級の仮想通貨取引所と言われているBinance(バイナンス) 海外で仮想通貨(暗号資産)の売買をしたい人に評判が高く...

 

6位『UNISWAP』 UNI

Uniswap(ユニスワップ)取引所とは?〜仮想通貨の買い方、交換方法について

分散型取引所として2020年に大きく成長したユニスワップ。取引量は大手取引所並みの取引となり大きな注目を集めました。

イーサリアムのDappとして2021年さらなるユーザー数の増加と成長ができるかに期待。

通貨単位 UNI
時価総額 31位
取引所 バイナンス 
将来性(5段階) ⭐️⭐️⭐️⭐️

 

Uniswap(ユニスワップ)取引所とは?〜仮想通貨の買い方、交換方法について
Uniswap(ユニスワップ)取引所とは?〜仮想通貨の買い方、交換方法についてDeFi(分散型金融システム)の有名なシステムであるUniswap(ユニスワップ)。 ユニスワップではイーサリアム(ETH)ベース...

 

7位『コスモス』COSMOS

 COSMOS(コスモス)はプルーフオブステークを採用した仮想通貨で2019年から大きな注目を集めました。

2020年は価格が他の暗号資産(仮想通貨)より伸び悩んでいますが、今後のプロジェクトに期待をしています。

 

通貨単位 ATOM
時価総額 23位
取引所 バイナンス 
将来性(5段階) ⭐️⭐️⭐️⭐️

 

仮想通貨COSMOS(コスモス)のATOMをデリゲートして報酬を得る方法を解説。仮想通貨であるCOSMOS(コスモス 通貨名:ATOM・アトム)は、通貨をただ保有するだけでなく、デリゲート(delegate・ステーキ...

番外編『リップル』Ripple

時価評価額3位のリップル。 リップルは銀行間の取引において、従来のコストと取引スピードを改善するもので、世界でも大手の銀行がリップルのネットワークを使う契約をしています。

2020年末に米国のSECがリップルに対してXRP(リップルの仮想通貨)は証券に当たると提訴を行っています。 リップルの裁判については他の暗号資産(仮想通貨)にも影響をうけるため注目すべきないようです。

通貨単位 XRP
時価総額 4位
取引所 コインチェックビットフライヤー
将来性(5段階) ⭐️⭐️⭐️

 

リップルへのSEC提訴(訴訟)〜今後の展開と通貨は売るべき?そのまま?
リップルへのSEC提訴(訴訟)〜今後の展開と通貨は売るべき?そのまま?米証券取引委員会(SEC)がリップルの暗号資産(仮想通貨)XRPが有価証券に該当するとして12月23日にリップル社を提訴しました。 24時間で40%以上下落したリップルですが、リップルに投資をしている投資家はこのままリップルを売るべきか(利確・もしくは損切り)、それとも将来に向けてまだホールドしておくべきかを考えないといけない状況となっています。...

仮想通貨は分散投資を基軸に

以上2021年の暗号資産(仮想通貨)注目ランキングについてご紹介してきました。

ビットコインのデジタルゴールドとしての存在感と最高価格更新中の状況

そしてイーサリアムの開発による大きな注目は2020年から2021年も引き続き注目される内容ととなっています。

ヨリコ
ヨリコ
以下に仮想通貨取引所のランキングを紹介しているから、ぜひチェックして見てね!

 

スペシャルな暗号資産(仮想通貨)情報を配信中

2020年私が毎週配信しているまぐまぐメルマガで大賞を受賞しました。(暗号資産(仮想通貨)専用のメルマガとしては私のみがランクイン)

有料メルマガ(2つのメルマガがありどちらも内容は一緒)では私の実際投資通貨について、気になる注目のニュースを厳選して詳しく配信をしています。

どちらも配信タイミングと内容は一緒です。

ゴゴジャンメルマガ(月額900円)

まぐまぐメルマガ(月額1100円)

2016年から配信しているプレミアム級の仮想通貨情報仮想通貨(ビットコイン)での投資で、より具体的に投資に直結した内容(未公開通貨情報等)で、投資で収益を得ることを目的とした有料連載記事 ...
ヨリコ
ヨリコ
「「無料メルマガ」も配信しているからそちらもチェックしてみてね!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
注目の暗号資産(仮想通貨)情報★

初心者からオススメしたい国内仮想通貨取引所

大手企業マネックスが運営する国内仮想通貨取引所「コインチェック、取り扱い仮想通貨国内第1位で今一番オススメのの取引所と言えます。

 

【2016年から配信】プレミアム級の仮想通貨投資情報

2016年から配信している、より具体的な仮想通貨投資情報を配信した内容

これまでより多くの方から支持を受けており、2016年からの購読者も多数います。

 

★大好評★仮想通貨無料メルマガ!

初心者からの仮想通貨が学習できる「無料メルマガ講座」と最新の仮想通貨情報をお届けする読者数3000人のメルマガ。

メルマガの詳細はこちら