Bitcoin(ビットコイン)

ビットコインETFとは?〜承認と上場の可能性、そして今後の将来性について

ビットコイン(Bitcoin 通貨単位BTC)ETFが現在仮想通貨市場で大きな注目を集めています。

「ビットコインETFの承認の可能性は?現状の課題が気になる」 「ビットコインETFが取り扱いされたらどうなるのか?価格は上がるのか?」  「ETFの仕組みと今後の動向が気になる。」

と多くの人が現在その状況を見守っている状況です。

この記事ではビットコインETFの概要と今後の方向性(将来性)についてご紹介していきます。

ビットコインETFとは?

ETFとは別名で「上場投資信託」と言われる金融商品になります。

ETFは国内や外国株や不動産など様々なものに価格を連動させているものになります。

有名なもので「日経平均株価」がありますが、日経平均は国内の大企業225の株価の平均なので、一つの指標として常に情報が流れていますが実際に買うことはできません。

ですが、ETFという金融商品で日経平均株価を連動したものについては、ETFを運用することで日経平均株価を買っているという感じになります。

ヨリコ
ヨリコ
日経平均は株価の平均だから直接買えないけど、それを買えるように日経平均に連動させたものがETFよ!

平均だから値動きが個別株に比べて緩やかで運用しやすいと行った特徴があるわ。

ビットコインETF

以上のETFの特徴からビットコインETFは

ビットコインの価格に連動した金融商品

ということになります。

現在はビットコインETFについて大きく取り上げていますが、将来的にはビットコインやイーサリアム 、リップルなどの取引高の通貨を含めた平均のETFなどの商品も出てくる可能性があります。

ビットコインETFがなぜ注目されているのか?

ヨリコ
ヨリコ
でもビットコインETFってビットコインの動きに連動しているからってなんで注目されているの?

連動しているのなら、結局はビットコイン買っても同じじゃないの?

ケイシ
ケイシ
ビットコインETFがなぜ注目されているのかは以下の特徴があります。

・ETFの承認条件は厳しく、上場が承認となるとより金融商品としてビットコインの認知が広まる。

・現在の株式投資家がETF上場のビットコインについて投資を始める可能性がある。株の取引高は8000兆円と言われており、仮想通貨の30兆円(2018年9月現在)に比べてると大きく、資金の流入の可能性がある。

・ETFの承認条件では、マネーロンダリングや市場価格操作などの不正行為も商品の条件としており、承認されるとビットコインの信頼性がます。

ETFを審査する期間はSEC(米証券取引委員会)と言われるところで非常に厳しい審査をするところと言われています。

ビットコインETFの現状の課題とは

米国証券取引委員会(SEC)は22日、投資会社プロシェアーズとディレクシオン、グラナイトシェアーズから申請されていた計9つのビットコインETF(上場投資信託)を拒否すると発表した。これで残されたビットコインETFは、市場の注目が最も集まるシカゴオプション取引所(CBOE)のビットコインETFのみとなった。

ETFの上場については、仮想通貨取引所の各社が個別に申請をすることができ、2018年9月現在ではSECの承認は一つも得られていませんでした。

ヨリコ
ヨリコ
上の画像はSECの会社になるわ。

SECのETF否決の理由については

 「取引所はとりわけ詐欺価格操作を防ぐ上でSECが求める水準に達していない」

といまだ仮想通貨の不透明な部分について課題が克服できていないことを説明しています。

ケイシ
ケイシ
SECからすると現状では各国の規制についてははっきりと決まっていない段階で、リスクをとってETFを承認することは避けたいのが現状でしょう。

ビットコインがある程度の水準で規制が設けられ、安全な取引ができると判断した段階で通常はゴーサインを出すのではないかと感じています。

ヨリコ
ヨリコ
SECがETFを承認したら後に規制は後からついて来そうな来そうな気もするけど

SECのクリプトママとは


ETFのSECの委員の一人に「へスターピアース」という女性が現在在籍しており、彼女は仮想通貨について肯定的な存在感であるため、「クリプトママ」と言われています。*クリプトは仮想通貨という意味です。

彼女は

「仮想通貨のETFを否決することは市場の健全性を損なう可能性もあり、投資家に選択の自由を与える必要がある。」

と発言をしています。

今後の彼女の動きにも注目が集まっています。

ビットコインETFの現状

ビットコインETFのこれまでの流れと現状としての概略は以下の通りです。

2017年

▶️ウインクルボスがビットコインETFを初めて申請したが3月に否決される。

2018年

▶️ウインクルボスのビットコインETFが7月に2度目の否決が決定

▶️9つのビットコインETFの申請が否決されたが、クリプトママの反対により再申請となった。

▶️世界最大の先物取引所であるCBOEのビットコインETF申請の審議が延長されている。2019年に答えが出るとの声が多い。

以上がこれまでの流れになります。

ヨリコ
ヨリコ
2018年の状態ではSECはETF承認にまだかなり慎重な姿勢を見せていると感じるは。 2018年内のETF承認は難しいかもしれないわね。

ビットコインETFの大きな要因

これからはビットコインETFの上場の可能性として大きな要因をご紹介していきます。

CBOEのビットコインETF

CBOEは、シカゴにある世界最大の先物取引所として2017年12月にビットコインの先物を世界で始めたリリースさせました。

その後2018年に入り、自らビットコインETFを申請し、8月に申請の判断が延期となっており、最大で2019年に回答となると言われています。

CBOEのビットコインETFが現状では一番影響力があると言われており、そのためSECは否決をせずに判断を先送りにした形になります。

注目の取引所Bakkt(バックト)のETFの可能性

 ニューヨーク証券取引所(NYSE)を傘下に持つ米インターコンチネンタル取引所(ICE)は3日、仮想通貨の新会社を設立するとともに、11月にビットコインの先物を上場させる計画を発表した。歴史ある大手金融機関の参入とあって、仮想通貨業界にとっては大きな追い風となりそうだ。

マイクロソフトに加えて、米コーヒーチェーン大手のスターバックスなどとも提携して行く方針で、支払い手段としてビットコインや仮想通貨が普及するきっかけになるかもしれない。

このようにニューヨーク証券取引所の親会社が、スターバックスやマイクロソフトと共同で仮想通貨取引所を設立することを発表しました。

この取引所では「ビットコイン先物」を取扱いしますが、ビットコインに裏づけされた先物ということで、ビットコインの取引量の増大に期待が持たれています。

ヨリコ
ヨリコ
現在世界最大の先物取引所であるCBOEでビットコイン先物が取引されているけど、Bakktの先物は直接ビットコインを購入することになると言われているわ。


またBakktは、SECのETFの基準を現状で満たしているという話が出ており、今後のETFのリリースや取引について注目されています。

ETF承認後の金の価格について


ETF承認について、ビットコインETFが期待を持たれている一つに、金の比較があります。

以前金についてもETFが承認された際にもその信用から、金が買われて歴代最高価格を上回った記録があります。

このようなことからも、ETFがビットコインに及ぼす影響は大きいのではないかと言われています。

まとめ〜承認は2019年か

以上ビットコインETFについてまとめてきました。

SECは現在もなお、ビットコインの価格操作や各国の規制の問題でETFの承認について慎重な姿勢を見せています。

しかしながらすでにご紹介したように、ビットコインの規制や新しい取引所などを含めてどんどん状況が変化してきており、2018年は現状として厳しい感じがするものの早くて2019年にETF承認される可能性があるのではないかと感じています。

このように注目されているビットコインをどのようなものか「まずは持ってみる。」というのもビットコインを知る上で大事なことだと考えています。

今後もビットコインETFを含めて仮想通貨について大きな目が離せない状況と言えます。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
★大好評★仮想通貨無料メルマガ!


初心者からの仮想通貨が学習できる「無料メルマガ講座」と最新の仮想通貨情報をお届けする読者数3000人のメルマガ。

メルマガの詳細はこちら

仮想通貨が買える「注目の国内取引所」

仮想通貨取引所の「ビットポイント」は、国内の仮想通貨でも資本力がNo.1の取引所になります。

それだけでなく、仮想通貨も安く購入できるため今注目度No. 1の仮想通貨取引所と言えます。

登録方法はこちら

公式ページはこちら

 

下落相場でも利益が狙えるビットバンクトレード

ビットバンクトレード取引所の口座開設 「最大レバレッジ20倍」で「追証なし」、そして「売り」からでも下落相場で利益が狙えるビットコインFXを提供する「ビットバンクトレード」下落相場での力強い味方になってくれる取引所です。
登録方法はこちら

公式ページはこちら