Bitcoin(ビットコイン)

ビットコインの勢いが止まらない!金融市場で先行して価格上昇中 !

ビットコインの勢いが止まらない!金融市場で先行して価格上昇中 !

ビットコインをはじめとして仮想通貨市場が先行して価格上昇しています。ビットコインは3月中旬に一時50万円という価格まで暴落しましたが、その後75万円まで反発上昇しました。

約50%を超えるこの価格上昇では、その他の金融市場である日経平均株価やダウ平均株価に比べても非常に高い上昇率となっています。

ビットコインの価格上昇の要因は明らかにはなっていませんが、5月の半減期やコロナウイルス による各国の財政政策からのインフレなど複数の要因が考えられます。

コロナウイルスが要因として経済が止まっている状況で各国が財政政策として、法定発行すれば(失業者とうに資金を配るなど)、将来的にインフレーションで価値が下がり、ビットコインやゴールドなどの価値が上昇すると考えている投資家が多いと感じています。

仮想通貨の口座開設は、【使いやすい取引所】【国内取引アプリダウンロードNo. 1】【取り扱い仮想通貨数No. 1】のコインチェックがオススメです。

 

コインチェック公式サイト

コインチェックの評判と特徴

仮想通貨の口座開設は、

●【使いやすい取引所
●【国内取引アプリダウンロードNo. 1
●【取り扱い仮想通貨数No. 1】のコインチェックがオススメです。

評判・口コミ公式ページ

ビットコインは暴落からの50%の価格上昇

記事内の引用については「仮想通貨実践投資(有料版)」から一部抜粋して使用しています。

ビットコインは先週の70万円から上昇し77万円と70万円台後半で推移をしています。

以前から意識しているラインである75万円を一時的に超え今後しっかりとその水準を超えてくるかどうかが注目されます

そしてビットコインは3月13日の安値から短期で上昇トレンドとなっています。

 

先週の4時間足では65万円、75万円の価格帯でレンジ相場として行ったり来たりしていましたが、直近で75万円を上にブレイクしています

そしてチャートのオレンジの線は200日平均移動線で、4時間足では200日平均線をこえています。

 

金融市場でビットコインが先行して価格上昇している

コロナウイルス については直近で日本でも緊急事態宣言が出されることになり、依然とし

コロナウイルスが経済に大きな影響を及ぼしている状況です。

その中でも特にビットコインは3月の下落の50万円から既に50%以上の価格上昇となっています。

ダウ平均株価は暴落から18%の上昇、日経平均株価は12%の上昇

上の画像はダウ平均株価になります。

上の画像は日経平均株価になります。

暴落からの上昇率
ビットコイン50%
ダウ平均株価18%
日経平均株価12%

 

これらを比較してみて分析するとビットコインの戻しはかなり大きいと言えます。

やはりダウと日経平均株価を比較しても米国株の方がパフォーマンスが高いことも感じ取れます。

コロナウイルスの状況から経済がよりキャッシュレスに向かうという専門会の見解もでています。

中国では手でやりとりをする現金(キャッシュ)については消毒を行っているみたいですが、今回の事例が一つのきっかけにはあるとは思いますが、実際にはキャッシュレスは、資金の迅速な供給、コストの削減、透明性など現金と比べてさまざまなメリットを持っています。

現金がなくなるということは現段階ではまだ見えてはきませんが、キャッシュレスが進めば透明性の高いブロックチェーンの信頼性もあがり、ビットコインなどもさらに資金が流入していくのではないかと考えています。

そうした出来事が起きれば、ビットコインのETFの承認など社会背景から可能性が高まってくるのではないかと考えています。

現状ではSECはビットコインの承認を何らかの理由(非公開なもの)で拒んでいる印象をずっともっていました。

それは仮想通貨が普及することでダメージを受ける他の金融商品などの理由からではないのかと。

また、金持ち父さん貧乏父さんの著書で知られるロバートキヨサキ氏が今回の経済危機の状況から

ビットコインについて「ビットコインは人々の通貨だ」と発言をしています。

それはビットコインがブロックチェーン上で存在する透明性、信頼性のあるもの、そしてどこの国にも属さない性質からの発言からではないかと考えています。

ビットコインの値上がりしている要因を考える

今回の上昇から考えられる要因としては、

ビットコインの5月の半減期前に安値で買っておきたい

コロナウイルスによる経済の停滞から将来的なインフレを考えてビットコインを買っておきたい。

ということが大きな要因として挙げられます。

ビットコインの半減期については以前からこのサイトで取り上げていますが、最近になって政府は緊急事態宣言を出すなど、コロナウイルスの防止策をより一層展開していくことになります。

そうなると経済活動ができなくなり、その分の労働者の補償等を考えると、法定通貨(日本円やドル)などを発行する動きがでてきます。

そうなると将来的に通貨を発行したことから、通貨の価値が下がり、相対的に安全資産とみられているビットコインやゴールドなどが買われるという見方が強くなっているのです。

ヨリコ
ヨリコ
ビットコインやゴールドは発行枚数が決まっているから、どれだけでも発行できるというわけではないの。

だからこそこういったときには大きなパワーを発揮すると言われているの。

いずれにしてもチャンスがればコインチェックなどの国内取引所で口座を持っておくとチャンス相場の時に投資のチャンスを逃さないのでオススメと言えます。

 

あわせて読みたい
おすすめしたい仮想通貨取引所一覧(国内・海外)〜使いやすい取引所ビットコイン、イーサリアム、リップルなどの仮想通貨(暗号資産)を持つためには『仮想通貨取引所』というところで法定通貨である円で仮想通貨を...

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
注目の仮想通貨情報★

初心者からオススメしたい国内仮想通貨取引所

大手企業マネックスが運営する国内仮想通貨取引所「コインチェック、取り扱い仮想通貨国内第1位で今一番オススメのの取引所と言えます。

詳細ページ

★大好評★仮想通貨無料メルマガ!

 


初心者からの仮想通貨が学習できる「無料メルマガ講座」と最新の仮想通貨情報をお届けする読者数3000人のメルマガ。

メルマガの詳細はこちら

 

仮想通貨のアドバイスしています。

仮想通貨投資をしっかりとアドバイス!〜コンサルタント

スカイプコンサル+メールサポートで仮想通貨の基礎知識や売買などの操作方法などのコンサルを行なっております。

詳細ページ