Bitcoin(ビットコイン)

ビットコインが反発高騰し85万円を目指す!〜ETFと大口投資家の期待感

ビットコイン(Bitcoin 通貨単位BTC)が16日の70万円から80万円を一気に突破する価格上昇を見せました。

要因としては、現在世界最大の先物取引所であるCBOEのETF申請と、世界最大級のファンドであるブラックロックが社内に仮想通貨のグループを開設し、投資を検討している可能性があるということです。

またクレジットカード会社大手であるマスターカードは仮想通貨の支払いを高速に処理できる仕組みの特許を申請したということで、仮想通貨市場に好材料が続いている状況です。

ビットコイン価格の高騰

こちらの画像はビットコインの4時間足です。

7月16日にビットコインが高騰し、18日には80万円を突破する上昇を見せています。

 

2018年の大きな目玉であるETF

 

米国証券取引委員会(SEC)がシカゴオプション取引所(CBOE)からビットコインETF(上場投資信託)上場の申請を受けてから、3週間のうちに90人もの個人がSECにコメントを寄せている。これはSECが4月に同様にETF上場の関して、一般に意見を求めた時の10倍だ。ブルームバーグが17日に伝えた。

ビットコインETF上場への関心が高まっている。この熱狂は仮想通貨の領域を超えて、その他にも及んでいる。ETFに関する幅広い規程を策定する委員会へのコメントは、21コメント中19個はビットコインETFに関する嘆願だった。

2018年の目玉と言えるビットコインのETF

もし承認された場合には、ビットコインが金融商品としてのETFとして取引されることになり、実際のビットコインへの資金流入も見込まれることになります。

株式市場が8000兆円に対して仮想通貨はわずか30兆円資金の本格的な流入が入れば、2017年の仮想通貨の高騰は、フォームアップではないかと専門家からの声もあります。

ヨリコ
ヨリコ
大手の投資ファンドは仮想通貨市場で利益を上げる可能性があるのではないかと探っているわ。それだけ投資に回せるお金があるのが現状よ。

大口投資家が参入するためには、規制の枠組みも必要になると言われているわ。

世界的大手投資ファンドの仮想通貨参入の期待感

ブラックロックは17年時点で6.3兆ドルの資産を運用している世界最大の運用会社だ。

フィナンシャルニュースは、関係者の話として、ブラックロックのワーキンググループはビットコイン先物に投資するべきかどうかに焦点を当てているという。

フィンクCEOはブルームバーグとのインタビューの中で、「ブロックチェーンには興奮している」と話し、仮想通貨については研究はしていると語った。だがフィンクCEOは「顧客は仮想通貨に関心がないだろう」とも強調している。

ケイシ
ケイシ
CEOは依然として冷静な対応をしているみたいですが、仮想通貨に期待している周りの反応は大きいみたいですね。

株式市場と仮想通貨市場は、資金の流入と流出で相反するところがあると考えています。 つまりバフェット氏が仮想通貨市場を否定するには株式市場からの資金流出を懸念しているところが少なからずあるのでは。

マスターカードが仮想通貨支払いで特許申請

米国のクレジットカード会社大手、マスターカードは17日、新たな特許を申請し、法定通貨と仮想通貨をリンクさせることで、仮想通貨のトランザクションにかかる時間を短縮することを検討することが可能になるという。米国特許商標局(USPTO)が17日公表した書類で明らかになった。

トランザクションとは、取引のことを意味します。

大手マスターカードがこのように仮想通貨での支払いを視野に入れているということは、今後の仮想通貨の需要を期待してのことだと考えます。

ビットコインの支払いについては、高級車や不動産など世界的に対応が進んでいるのが現状です。

ちなみに上のツイッターは仮想通貨芸人と言われる「タムケン」さんのツイートになります。

仮想通貨投資で収益を得て、自ら経営する焼肉店で仮想通貨支払いを対応させることなど、仮想通貨に大きな期待をしている芸人さんの一人です。

タムケンさんの仮想通貨の概要は、「芸人タムケン、が仮想通貨で大儲け」の記事を参考にしてください。

あわせて読みたい
芸人たむけん(たむらけんじ)が仮想通貨で大儲け?〜その一方で被害者も?芸能人(お笑い芸人)の「たむけん」こと、たむらけんじ氏が仮想通貨投資(ビットコイン、ネム、リップルなど)で、大きな収益を得ていると芸能界...

仮想通貨WWBを買い増し。

仮想通貨WWB(wobit)は、オーケイウェイブの子会社が計画している、国際取引所であるwowooのメイン通貨になると言われているものです。

実は先日、このWWBが暴力団が買っているという情報が流れ価格が下がっていました。しかしながらそれについては確証がなく、情報とともにWWBの価格が下がっていたのが現状です。


*松田元氏は、オーケイウェイブの子会社の社長です。


私はすでにWWBを持っていましたが、下がったところで「買い増し」を行なっています。

買い増し」の詳しい理由などや買った直後は「私が配信している有料メルマガ」で読者さんに配信をしていました。

ケイシ
ケイシ
WWBが必ず成功するということは断言しませんが、将来性のあるものを安値で買っておくということは、重要な投資方法の一つになります。 WWBの成功は今後のプロジェクト次第ですが、目が離せない状況と言えます。

WWBの詳細については「Woowbitが取引所に上場〜特徴と購入方法について」の記事を参考にしてください。

あわせて読みたい
仮想通貨WowbitがBit-Zに上場!〜特徴と購入方法についてOKwave(オーケーウェイブ)注目の仮想通貨であるWowbit(ワウビット通貨単位WWB)が中国の仮想通貨取引所であるBit-zに初め...

まとめ

以上仮想通貨市場の状況についてご紹介してきました。

仮想通貨については、規制の枠組みが整うことが、大口投資家の一つの契機になると言われています。

また日本では金融庁から取引所に業務改善命令が出ていますが、FXが始まった時も状況は同じで、証券会社が業務改善命令を受けてきた事実があります。

今後規制と技術の進歩を繰り返し、今後仮想通貨市場がさらに成熟して行くのではないかと感じています。

仮想通貨の今後の価格予想については、「ビットコインの2018年の価格予想」の記事にその要因を書いていますので、参考にしてください。

あわせて読みたい
ビットコインの2018年の価格予想(予測)について〜投資のチャンスはあるのか?仮想通貨ビットコイン(bitcoin 通貨名BTC)の2018年相場は値上がりをするのか?多くの人が投資をするチャンスに注目をしています...

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
★大好評★仮想通貨無料メルマガ!


初心者からの仮想通貨が学習できる「無料メルマガ講座」と最新の仮想通貨情報をお届けする読者数3000人のメルマガ。

メルマガの詳細はこちら

仮想通貨が買える「注目の国内取引所」


仮想通貨取引所の「ビットポイント」は、国内の仮想通貨でも資本力がNo.1の取引所になります。

それだけでなく、仮想通貨も安く購入できるため今注目度No. 1の仮想通貨取引所と言えます。

登録方法はこちら

公式ページはこちら

 

下落相場でも利益が狙えるビットバンクトレード

ビットバンクトレード取引所の口座開設 「最大レバレッジ20倍」で「追証なし」、そして「売り」からでも下落相場で利益が狙えるビットコインFXを提供する「ビットバンクトレード」下落相場での力強い味方になってくれる取引所です。
登録方法はこちら

公式ページはこちら