Decurret

ディーカレットの取引手数料は安い高い?〜スプレッドと仕組みを解説

ディーカレットの取引手数料は安い高い?〜スプレッドと仕組みを解説

国内の暗号資産(仮想通貨)取引所であるディーカレット(Decurret)でビットコインやイーサリアムを購入することができ、その取引手数料(コスト)は無料となっています。

その代わりに、スプレッドといって、市場価格とディーカレットでの通貨の価格の差がディーカレットの実質的な手数料となっています。

手数料は無料なので、解説する必要はありませんが、ここでは売買の度に発生してくるスプレッドについて解説をしていきます。

ヨリコ
ヨリコ
ディーカレットでは、取引手数料は無料、そして口座開設(アカウント)手数料や口座維持手数料も無料となっているわ。気軽に利用できるわね。

 

ディーカレットでは暗号資産(仮想通貨)の売買取引手数料は無料

ディーカレットでは暗号資産(仮想通貨)の取引手数料は無料となっています。

また上の画像の下に書いているように、購入レートと売却レートの差であるスプレッドが実質的な手数料となっています。

※お取引に際しては、お客様へ提示する購入レートと売却レートとの差である「スプレッド」を、お客様にご負担いただいております。

 

ディーカレットでのスプレッドを検証


上の画像はビットコインを購入する場合の価格が記載されています。

実際に購入するときにどのくらいスプレッド がかかっているかというと

1158910円(ディーカレットでの価格)ー1143100円(市場価格)=15810円(スプレッド)

つまり15810÷1,158,910円=1.3%

が手数料となっています。

ヨリコ
ヨリコ
販売所としては良心的な手数料ね。

 

次にイーサリアムを見てみます。

ビットコイン同様に市場価格と購入価格の差を考えると

39,908円(ディーカレットでの価格)ー39,078円(市場価格)=830円(スプレッド)

つまり830÷39,078円=2

となっています。

スプレッド は変動する

スプレッドについては変動します。

相場がゆっくりした場合についてはある程度同じ程度ですが、価格が大きく変動しているときなどは変動しやすいため、スプレッドがその際にはどうなっているのか事前に確認しておきたいものです。

ディーカレットのスプレッドは良心的

ディーカレットでは取引コストであるスプレッドを検証した場合1ー2%となりました。

暗号資産(仮想通貨)自体が変動が大きいため、この手数料は一般的で国内では平均よりやや低めの手数料となっています。

大手企業が出資している取引所だからこその安心感で取引ができる取引所と言えます。

ディーカレットとは?〜暗号資産(仮想通貨)取引所の評判と特徴について
ディーカレットとは?〜暗号資産(仮想通貨)取引所の評判と特徴についてディーカレット(Decurret)は2019年3月に暗号資産交換業として金融庁から認可を受けた暗号資産(仮想通貨)取引所になります。 ...

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
仮想通貨の口座開設は、
●【使いやすい取引所
●【国内取引アプリダウンロードNo. 1】  
●【取り扱い仮想通貨数No. 1】のコインチェックがオススメです。  

詳細ページ

注目の仮想通貨情報★

初心者からオススメしたい国内仮想通貨取引所

大手企業マネックスが運営する国内仮想通貨取引所「コインチェック、取り扱い仮想通貨国内第1位で今一番オススメのの取引所と言えます。

 

【2016年から配信】プレミアム級の仮想通貨投資情報

2016年から配信している、より具体的な仮想通貨投資情報を配信した内容

これまでより多くの方から支持を受けており、2016年からの購読者も多数います。

 

★大好評★仮想通貨無料メルマガ!

初心者からの仮想通貨が学習できる「無料メルマガ講座」と最新の仮想通貨情報をお届けする読者数3000人のメルマガ。

メルマガの詳細はこちら