wallet(ウォレット)

詐欺の仮想通貨、高配当型ウォレットの危険性と注意点を知って運用に活かす

詐欺の仮想通貨、高配当型ウォレットの危険性と注意点を知って運用に活かす

最近の主流として、ビットコインなどを仮想通貨ウォレットに預けて(レンディング)おくと、金利がもらえるサービスが増えてきました。

中には月利10%などの高配当がもらえる高配当ウォレットもあります。

このような高配当型のウォレットでは、俗にいう「ポンジスキーム」「ハイプ案件」「MLM(いわゆるねずみ講)」と言われ一部の人が大きな利益を出し、多くの人が損をするということがこれまでにあったので、「詐欺」「危険性が高い」と言われたりすることがありました。

最近の高配当ウォレットで有名な仮想通貨はビットコネクトが有名です。

実際1000倍を超える値上がりを見せましたが、配当の原資の出所が出資者の資金でサイトが閉鎖されるということがわかると一気に価格が暴落しました。

なので、高配当型のウォレットが全て詐欺という訳ではありませんが、配当の資金がどこから出ているのか? 運営元の資金繰りは健全かどうかを知ってく必要があります。

ヨリコ
ヨリコ
高配当ウォレットは先行者利益があると言われていて、最初にウォレットに預けている人が配当と通貨の価格高騰で大きな利益を得る傾向にあると言われているわ。

特に仮想通貨を預けて金利を受け取る、配当型のサービスは取引所を含めて主流になりつつあるのが現状です。

詐欺もありますが、賢く運用することで短期的に収益を得ることも実際に可能となっています。

ポンジスキームとは〜高配当ウォレットの特徴

詐欺と言われる高配当ウォレットの特徴としてはポンジスキーム言われる手法が使われています。

ポンジ・スキーム(英:Ponzi scheme)とは、詐欺の一種。「出資してもらった資金を運用し、その利益を出資者に(配当金などとして)還元する」などと謳っておきながら、謳っていることとは異なって実際には資金運用を行わず、後から参加させる別の出資者から新たに集めたお金を(やはり運用せず)以前からの出資者に“配当金”などと偽って渡すことで、あたかも資金運用が行われ利益が生まれてそれが配当されているかのように装うもののこと。投資詐欺の一種に分類され、日本語で「自転車操業」と呼ぶような状態に陥り、最終的には破綻する。ウィキペディア

ポンジスキームの仕組みについては

①運営側が利用者から資金を集める。

②集めた資金から配当を渡す(事業に使っていない。)

③紹介制の報酬を用いてさらに新規参入者を増やす

という仕組みになっています。

もちろん高配当ウォレットが全て詐欺ということではありません。配当がもらえる場合については運営側がどのような資金から配当を出しているかを確認してみましょう。

 

ポンジスキームを行うためには新規参入者が必要

利用者から集めたお金を、配当として配る場合に新規参入者がいないと資金繰りが将来的にできなくなる可能性があります。

なのでポンジスキームではいわゆる「ねずみ講」方式で新規参入者を増やすことが多いです。

紹介者は、紹介された利用者の配当の10%を受け取る。

などのメリットがある場合がほとんどです。

ポンジスキームで利用者を集客する手口について

ポンジスキームで利用者を集客する手口については

○セミナーでの勧誘

○対面での勧誘

○SNSやウェブで集客をする

という手口が最も多いと言われています。

ヨリコ
ヨリコ
特に最近はカフェなどで勧誘の話をよく聞くようになったわ。

しかも20代前半の人を勧誘している人もいるみたい。

ビットコインが値上がりすると、その話題を出して他の通貨を買わせたりするということね。

最終的ポンジスキームの破綻の状況について

このようなポンジスキームが最終的に破綻する場合については

①運営側の手法がポンジスキームだという噂が流れる。

②運営者側の配当が一部遅れ出す。

③噂が周り新規参入者が減る。

④運営側が配当を配れなくなり、同時に利用者がお金を引き出せなくなる。

⑤運営の破綻

という流れになることが多いです。

ポンジスキームの実例について

ビットリージョン

このビットリージョンというシステムはビットコインが2016年の5万ー10万円くらいのときからあったものになります。

このビットリージョンでは

ビットコインをウォレットに預けておくと毎日1%の配当がもらえる

というものになります。

しかしながら最終的には、資金繰りができなくなり破綻をしています。

ヨリコ
ヨリコ
今だに利用者の資金がサイトに閉じ込められたままなの。現在集団訴訟について参加者が集まっているみたいね。

ビットコネクト

ビットコネクトはなんと以前時価評価額10位だったこともある仮想通貨になります。

ビットコネクトの配当は以下の通りです。

期間配当
1期・6ヶ月預け入れ (2017年1月〜2017年6月)60%(月利10%)
2期・6ヶ月預け入れ (2017年7月〜2017年12月)50%(月利8%)
3期・6ヶ月預け入れ (2018年1月〜2018年6月)40%(月利7%)
4期・6ヶ月預け入れ (2018年7月〜2018年12月)30%(月利5%)
5期・6ヶ月預け入れ (2019年1月〜2019年6月)20%(月利3%)
6期・6ヶ月預け入れ (2019年7月〜2019年月)10%(月利1.4%)

 

ヨリコ
ヨリコ
この配当の表を見ると明らかに、最初に投資をした人が有利な状況と言えるわね。

1期では半年で60%もの配当を受け取ることができるなんて。。。

ケイシ
ケイシ
普通考えたらその資金はどこから?

と疑うのが通常ですよね。

上の画像はビットコネクトのチャートになります。(期間:2017年1月ー2018年8月)

チャートではビットコネクトの価格が2017年7月から急騰し、2018年2月には最高価格の400ドルを記録し、そこから一気に暴落をしました。

ケイシ
ケイシ
このチャートから読み取れることは、400ドルの高値から売り抜けできた人はごく一部の大金を稼いだ人で、多くの人は損をすることになります。

今月4日にICOの差止め請求を受け詐欺疑惑がかけられていたBitConnectが、貸出及び取引プラットフォームの閉鎖を発表した。閉鎖の情報が市場に伝わると、BitconnectのトークンBCCの価格は急落し、前日の最高値1BCC=330ドルから22ドルまで価格を下げた。下落率は90%を超えた。

プラットフォーム閉鎖の主な理由は明かされていないが、BitConnectは今月10日に予定していた新たなICOの発行に対してノースカロライナ州とテキサス州から差し止め請求を受けていた。両州は、BitConnectのICOは証券に該当し正式な発行手続きが済んでいないとしている。ーBTCニュース

 

ビットコネクトの関係者が別の詐欺コインのプロジェクトを開始した。

ビットコネクト関連では2019年6月に以下のニュースが報じられています。

インドの警察は、昨年1月に仮想通貨投資詐欺で運営を停止したビットコネクトのプロモーターが関与する別の詐欺スキーム「リーガルコイン(Regal Coin)」を突き止めた。同国メディアのタイムズオブインディアが6月3日に報じた。

インド・グジャラート州の犯罪捜査署(CID)によると、「ビットコネクト」のリーダー格で2018年8月に逮捕されたディビエッシュ・ダージ(Divyesh Darji)は、詐欺スキーム「リーガルコイン(Regal Coin)」に投資するよう人々を勧誘していた。5000%のリターンがあるとうたっており、詐欺被害額は推定数千万ルピー(1ルピー=約1.56円)に上るとされる。ーコインテレグラフ 

 

詐欺に騙されないために気をつけること

以上のことを踏まえて詐欺の仮想通貨に騙されないために以下のことが重要です。

要点まとめ

○仮想通貨セミナーで新しい仮想通貨の投資など積極的な勧誘の場合

○対面勧誘で「値上がりが確定している」「配当が必ずもらえる」などと断定した表現を言う場合。

○SNSなどで「副業しませんか?」などど個人にメッセージを送ってくる場合

などが挙げられます。

配当型ウォレットで運用する場合は戦略を持つ。

高配当型ウォレット→やめたほうがいい? 通常の投資でもリスクを伴う

上の画像はネムのチャートになります。

日本でも有名なトップブロガーであるイケハヤ氏も仮想通貨投資をしていることで有名ですが、彼は2017年に800万円で購入したネムを2019年8月に損切りしてマイナス600万円の損失を確定させました。

取得単価・評価額損切り単価・評価額
22円800万円6.1万円220万円
ヨリコ
ヨリコ
確かイケハヤ氏は高配当ウォレットはリスクが高いからやめたほうがいいという発言をしていたわね。

でもこの例を見ると彼だって高配当ウォレットでなくても、大きな損失を計上しているわ。

ケイシ
ケイシ
そうですね。

通常の通しでも、価格が上がりきった時に買ってしまって、その後の暴落で損をする人がいるように、投資は通常の投資でも配当型ウォレットでも戦略が重要になってきます。

配当型のウォレットでもしっかりと利益の確保の出口さえ戦略的に考えることでしっかりとした運用をすることが可能です。

配当型ウォレットが破綻した例はここに紹介したもの以外にもありますが、運営が1年以上継続しているものも普通にあり、しっかりと利益を確保することで運用することができます。

通常の仮想通貨投資で、中長期で投資している場合には結果が出るまで時間がかかる場合が多くある。

しかしながら配当型ウォレットでの運用は、短期の配当で運用することが出るので、出口の戦略をしっかりすれば相場が低迷していても結果を出すことが可能

私も配当型ウォレットで運用中

既にご紹介したように、相場が低迷している時には仮想通貨を持ったままなので、利益を出るまで待つことが多くあります。

ですが、そのような場合に眠っている(ただ保管している)仮想通貨を使って、ウォレットに預けることで金利を得ることが可能になります。

エンジェリウムウォレット

実は2019年7月3日より、エンジェリウムという仮想通貨について公式のウォレットを使って配当を受けって運用をしています。

配当については

●4.5%・・・30日ロック

●6%・・・・60日ロック

●9%・・・90日ロック

となっています。 *ロックとはその期間中に預けておかなくていはいけないものです。

私が運用した経緯としては、運営側から「配当の資金を一部ICOから捻出」という根拠があったからです。

ケイシ
ケイシ
あと先行して配当を受け取る方がリスクは長期間にくらべて少なくなる。運営側の代表者がメディアに登場していて、運営会社の情報がはっきりしているなど総合的に判断しました。
ヨリコ
ヨリコ
配当の運用状況は下記の記事を参考にしてみてね。

ブロックエコ

ブロックエコはシンガポールの企業が運営する高配当のウォレットになります。

名称ブロックエコ
配当額月利8%ー20%
預け入れ対応通貨ビットコイン、イーサリアム、デザー(USDT)、リップル、カルダノ
配当の特徴資金をロックしなくても、預けているだけで配当が受け取れるのがブロックエコの特徴

ブロックエコは2019年9月現在で利用者の資金は100億円を突破している今注目の高配当ウォレットとなっています。

ブロックエコでは、韓国のスタバでブロックエコの仮想通貨が使えたりとどんどんプロジェクトが進んできています。

また2019年12月には5000人規模のカンファレンスを日本で開催する予定で、その後も盛り上がりを見せそうです。

ヨリコ
ヨリコ
配当型ウォレットで運用する場合にはまず国内の仮想通貨取引所でビットコインなどの通貨を買って、ウォレットに送金する必要があるわ。

仮想通貨は国内の取引所で購入が可能

仮想通貨では色々と新しい通貨を勧誘などで勧められたりしますが、仮想通貨ではまずビットコインのような世界で取引されている通貨を持っておくこといいと思います。

今や国内では、大企業をはじめとして仮想通貨が取引できる環境が整っており、金融庁の認可をしっかりと受けています

また海外の取引所で通貨を買ったり、今回のように配当型ウォレットで短期で運用する場合についても、国内の取引所で通貨を買い、それを送金することで運用することができるようになります。

ヨリコ
ヨリコ
国内の取引所で通貨を買って運用するのもオススメだし、短期でうまく運用した人はその仮想通貨を預けることによって金利を得ることも重要な選択肢の一つね。

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
仮想通貨が買える「注目の国内取引所」

大手企業マネックスが運営する国内仮想通貨取引所「コインチェック、使いやすいシステムは初心者からオススメの取引所と言えます。

詳細ページ

★大好評★仮想通貨無料メルマガ!

 


初心者からの仮想通貨が学習できる「無料メルマガ講座」と最新の仮想通貨情報をお届けする読者数3000人のメルマガ。

メルマガの詳細はこちら