bitbank Trade(ビットバンク)

ビットバンクトレードとビットバンクCCの違いについて

ビットバンクトレード(bitbank trade)ビットバンクCC(bitbank CC)は、国内仮想通貨取引所として別々の違う機能をもつ取引所になります。

アルトコインなど取扱仮想通貨違い」「レバレッジトレードの違い、ビットコインFXができる」など親会社は同じですが、機能をお互いに知って取引に活用することができます。

 

ビットバンクトレードとビットバンクCCの違いについて

ビットバンクトレードとビットバンクCCの違いは以下のようになっています。

ビットバンクトレードビットバンクCC
取引レバレッジ20倍まで現物
取扱通貨ビットコイン6通貨
手数料0.01%無料*

 

以上2つの違いをまとめました。 *ビットバンクCCは手数料が無料ですがスプレッド(取引コスト)があります。

簡単にまとめると

👉ビットバンクトレードはレバレッジを使ってビットコインFXができる。

👉ビットバンクCCは、ビットコイン以外の仮想通貨が取引できる。*レバレッジの取引は不可

以上のような違いがあり、どちらもその人の取引方法によって使い勝手があります。

ケイシ
ケイシ
レバレッジ取引では「売り」から注文ができます。つまり下落相場で「売り」から利益を狙うことができるのです。ビットコインCCでは基本的に通貨を買って持っておくということになります。

ビットバンクトレードについて

ビットバンクトレードについては

👉レバレッジが最大20倍と運用幅が広い

👉追証がなく、柔軟な取引が可能

👉24時間365日取引可能

👉ビットコインFXの取引通貨はビットコイン

という特徴があります。

ビットコインFXは「売り」からでも利益が狙える。

ビットバンクトレード ではレバレッジを使ってビットコインFXを行うことができます。

レバレッジ20倍では、持っている金額の20倍ものビットコインを売買することができるのです。

それに加えて、ビットコインFXでは「売り」からでも利益が狙えるとう特徴があります。

仮想通貨の下落相場場面では、持っている仮想通貨資産が減って行きますが、ビットコインFXでは「売り」から注文をすることができ、価格が下がることが利益となります。

なので、ビットコインFXを組み合わせることにより弾力的な取引ができるようになります。

ビットバンクCCの特徴について

ビットバンクCCではビットバンク以外のアルトコインが取引できるという特徴があります。

つまりビットコイン以外の通貨も持つことにより「分散投資効果」でリスクを減らすことが可能です。

ビットバンクCCビットバンクトレード
取引通貨ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
リップル(XRP)
ライトコイン(LTC)
モナコイン(MNC)
ビットコインキャッシ(BCH)
ビットコイン(BTC)

 

2017年の仮想通貨相場は大きく値上がりを記録しましたが、持っている通貨によって値上がりは違い、複数の仮想通貨を持つことより効率よく資産を増やすことにできました。

(参考記事)2017年に値上がりした仮想通貨

あわせて読みたい
仮想通貨2017年の値上がり(上昇率)銘柄(通貨)比較ランキング仮想通貨元年と言われる2017年はビットコイン、リップルをはじめとして多くの仮想通貨が上昇(値上がり)しました。 この記事では国内...

まとめ

以上ビットバンクトレード とビットバンクCCについてその違いを解説してきました。

通常はビットバンクCCで複数の通貨を持って分散投資するとともに、価格が上がりすぎて下落相場になった時にはビットコインFXでリスクヘッジをするなど弾力的に運用することで、運用の幅が広がりそうです。

 

 

★大好評★仮想通貨無料メルマガ!


初心者からの仮想通貨が学習できる「無料メルマガ講座」と最新の仮想通貨情報をお届けする読者数3000人のメルマガ。

メルマガの詳細はこちら

仮想通貨が買える「注目の国内取引所」

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所でセキュリティ世界評価第一位を受けた国内大手取引所「ビットフライヤー」。国内でもビットコイン取引所第1位をほこる取引所です。

登録方法はこちら

公式ページはこちら

 

下落相場でも利益が狙えるビットバンクトレード

ビットバンクトレード取引所の口座開設 「最大レバレッジ20倍」で「追証なし」、そして「売り」からでも下落相場で利益が狙えるビットコインFXを提供する「ビットバンクトレード」下落相場での力強い味方になってくれる取引所です。
登録方法はこちら

公式ページはこちら