Bitcoin(ビットコイン)

ビットコインが公共料金の支払いに対応!〜日本国内初

ビットコイン(bitcoin)が国内で初となる公共料金支払いに対応するとのニュースです。 導入予定なのは、電力料金の支払いになり東京の電気会社が導入を決定しています。

ビットコインについては昨年(2015年)から1年で3倍近くも価格が上がっており、またビットコインを導入する企業や店舗が増え続けています。

2016年9月現在で2500店舗以上の店舗がビットコインを導入していおり、公共料金の支払いにビットコインを導入する今回の試みは、さらにビットコインについて日本での知名度を上げそうです。

今後のビットコインの動向

ビットコインが今、再び盛り上がりを見せ、世界で利用者が急速に増えています。こうした中、東京の電力小売り会社が電気料金の支払いにビットコインを導入することを決め、国内で初めて公共料金の分野での利用が始まる見通しになりました。 NHKニュースより。

今回のニュースでまた去にビットコインを導入する会社が増えそうです。

ビットコインの導入自体は海外がさらに先行して導入しており、かなり活発に行われています。日本の仮想通貨については、海外に比較するとニュースの数も少なく、なかなか幅広く情報を未だに得にくい状況でもあります。

しかし今回のニュースは、ビットコインについての広がりを加速させることは間違いありません。

日本人の中には仮想通貨(ビットコイン)に対しマウントゴックスのように取引所が破綻したりする危機感を多くの方がなんとなく抱いている人が多いと思います。 そんな中でのビットコインの嬉しいニュースとも言えます。

えっビットコインは危なくない?」「公共料金の支払いって本当?」私の周りからはそのような声もありましたが、その方たちが仮想通貨に対して気になっているのは確かです。

本サイトで仮想通貨のリスクについて記事を書いていますのでよければ参考にしてみてください。

オススメの読んでおきたい記事

 

ビットコインは長期投資で

今はビットコインついてには、ボランティリティと言って価格の値動きも日々大きくなっています。 それだけ取引が活発になっているとも言えますが、ビットコインは将来的な長期投資というスタイルが良さそうです。

 

ビットコインのことを勉強して、将来的にその価値があると判断したら迷わず投資をして見ることを私はオススメしています。

なぜならビットコインを持つことにより、実際のやり取りを通じて仮想通貨の世界に触れさらに知識が深まるからです。

それにビットコインは少額(100円程度)から持つことができるので、投資する人にあった柔軟な投資も行えることができます。投資のチャンスが来た時にスムーズな取引ができるようになっておくことが投資を成功に導く重要な思考なのです。

もしかしたらチャンスは今かもしれません。 下記の記事でビットコインについて書いていますので、ぜひ参考にされてください。

★大好評★仮想通貨無料メルマガ!


初心者からの仮想通貨が学習できる「無料メルマガ講座」と最新の仮想通貨情報をお届けする読者数3000人のメルマガ。

メルマガの詳細はこちら

仮想通貨が買える「注目の国内取引所」

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所でセキュリティ世界評価第一位を受けた国内大手取引所「ビットフライヤー」。国内でもビットコイン取引所第1位をほこる取引所です。

登録方法はこちら

公式ページはこちら

 

下落相場でも利益が狙えるビットバンクトレード

ビットバンクトレード取引所の口座開設 「最大レバレッジ20倍」で「追証なし」、そして「売り」からでも下落相場で利益が狙えるビットコインFXを提供する「ビットバンクトレード」下落相場での力強い味方になってくれる取引所です。
登録方法はこちら

公式ページはこちら