ニュース

ビットコイン時価総額34兆円〜歴代最高、国内の株をすでに上回る

ビットコイン時価総額34兆円〜歴代最高、国内の株をすでに上回る

暗号資産(仮想通貨)ビットコインの時価総額が34兆円となり、2017年末のバブルの水準を超え歴代最高額を記録しました。

34兆円という時価総額、国内の株式市場でのトップはトヨタ自動車の23.8兆円で、すでに大きくそれを上回っている状況です。

時価総額は暗号資産(仮想通貨)の価格に発行枚数をかけて算出される額で全体の取引高というイメージです。

ビットコインはすでにバブルの時の時価総額を超えましたが、価格はまだ歴代最高価格の220万円には届いていません。

しかしながらこの状況はビットコインを中長期で保有するという流れといえ、すでに市場が前回に比べて成熟に近づいていると言えます。

ビットコインの時価総額が歴代最高を記録

代表的な暗号資産(仮想通貨)であるビットコイン価格が18日急伸し、1万8000ドルを上回った。急騰に沸いた2017年12月以来の水準を回復し、時価総額は過去最大になった。3年前と異なり、個人の投機マネーが主役だった市場に投資家層の広がりが出ている。

米決済大手ペイパルが仮想通貨を決済手段として導入するなど決済利用への期待が再び高まり、価格上昇に弾みをつけている。ー日本経済新聞

上の画像はビットコインの全期間における時価総額のチャートとなっています。*価格ではなく時価総額のグラフです。

このチャートでは、2017年末のバブル時期が一番の増加となっており、今回の上昇で歴代最高時価総額の34兆円を記録しました。

今回は時価総額は歴代最高価格を記録したものの価格は180万円代と歴代最高価格の220万円を超えていません。

しかしながらこれは、ビットコインを将来に向けて保有すると言う動きから現れている状況と言えます。

ビットコインについては2020年からマイクロストラテジーの440億円購入から始まり大きな注目をあつめ、そのころからビットコインの価格も大きく上昇を加速させている状況です。

ヨリコ
ヨリコ
企業がビットコインを保有すると言う流れはこれからもありそうね。というか未発表でビットコインを買っている企業が多くいると推測しているわ。
大手企業の暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)購入する理由と会社まとめ
大手企業の暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)購入する理由と会社まとめ2020年になり世界の大手企業がビットコイン(Bitcoin 通貨単位BTC)を購入するニュースが増えています。 企業がビットコイ...

ビットコインの時価総額は日本の株式市場と比べてどのくらいか?

上の画像は日本の株式市場の時価総額のランキングになります。(2020年11月18日時点 ヤフージャパン

トヨタ自動車が一歩上に抜けて23.8兆円となっています。

銘柄時価総額
ビットコイン34兆円
トヨタ自動車23兆円
ソフトバンクG13.8兆円

次に米国の株式市場を見てみると

銘柄時価総額
アップル220兆円
マイクロソフト175兆円
アマゾン170兆円

以上のように日本とは桁が一つ違っています。

この米国の株式市場のランキングからは、ビットコインは11月18日時点で17位となります。

すでに世界的なレベルの取引高となっているビットコイン。

既存の金融も無視できないレベルに達していると言えます。

国内ではビットコインの取引が増加傾向

国内大手取引所のコインチェックでは、口座開設者及、取引を再開される人が増えており日本でもどんどんビットコインの存在感が増していると言えます。

ビットコインについては将来的に有望しされている状況でありますが、資金は一気に入れず分散して積み立てから始めるなど堅実に投資しておくのがおすすめです。

コインチェック(coincheck)の使い方と評判〜初心者が使いやすい仮想通貨取引所コインチェック(Coincheck)は、国内の仮想通貨取引所として初心者に使いやすく、通貨の取引(売買)がしやすい取引所として有名です。...

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
仮想通貨の口座開設は、
●【使いやすい取引所
●【国内取引アプリダウンロードNo. 1】  
●【取り扱い仮想通貨数No. 1】のコインチェックがオススメです。  

詳細ページ

注目の仮想通貨情報★

初心者からオススメしたい国内仮想通貨取引所

大手企業マネックスが運営する国内仮想通貨取引所「コインチェック、取り扱い仮想通貨国内第1位で今一番オススメのの取引所と言えます。

 

【2016年から配信】プレミアム級の仮想通貨投資情報

2016年から配信している、より具体的な仮想通貨投資情報を配信した内容

これまでより多くの方から支持を受けており、2016年からの購読者も多数います。

 

★大好評★仮想通貨無料メルマガ!

初心者からの仮想通貨が学習できる「無料メルマガ講座」と最新の仮想通貨情報をお届けする読者数3000人のメルマガ。

メルマガの詳細はこちら