ニュース

Eigenlayerのre-stakingの詳細について

EigenLayerとは〜イーサリアムのハイパースケーリングを目指す

Eigenlayer(エイゲンレイヤー・アイゲンレイヤー)は、イーサリアムノスケーリングプロジェクトであり、預けたイーサリアム(ETH)を再ステーキング(re-staking)することができます。

Eigenlayerのプロトコルはコインベースの2023oultlookレポート(P30)でもその内容が紹介されたもので、2023年のメインネットを予定しています。

Eigenlayerのre-stakingの詳細についてMeirbank氏のツイートほ翻訳してご紹介指定行きます。

ツイートの原文

Eigenlayerの全体の概要(トークン発行やロードマップも含め)はこちら👇

EigenLayerとは〜イーサリアムのハイパースケーリングを目指す
EigenLayerとは〜イーサリアムのハイパースケーリングを目指すEigenLayer(エイゲンレイヤー・アイゲンレイヤー)は、イーサリアムのスケーリングを目的としてたプロジェクトです。 re-s...

Eigenlayerのre-staking(再ステーキング)とは?

Eigenlayerはイーサリアムの開始以来最も重要なプロトコルであり、イーサリアムの長期的な価値を生み出しながら、ベースレイヤーで web3 を正の方法で再形成すると確信しています。

Eigenlayer が重要な理由は次のとおりです。

Eigenlayerとは?

Eigenlayer は、バリデーターが ETH ステークを再仮説化して他のプロトコルを並行して同時に検証できるようにするために、ベース クライアント レイヤーで Ethereum を変更するプロトコルです。

これが意味することは、オラクルやデータ可用性モジュールなどの他のプロトコルを検証するために、Ethereum を保護するために既に使用されているステークされた ETH を再利用できるということです

各アプリケーションは、バリデーターのスラッシュを許可する基準を定義できます。

ベースレイヤーの改善

Eigenlayer は、Flashbots が MEV のオフチェーン トランザクション注文オークションをサポートするために公式の Ethereum クライアントを変更して以来、私たちが見たことのない方法で Ethereum ベース レイヤーを拡張する試みです。

Flashbots Alphaは2021年1月6日にオープンソースでリリースされたコードで、MEV-Gethクライアントをフォークしたもの。 取引者とマイナーの間にオフチェーンでのコミュニケーションチャネルを設け、誰でも簡単にMEVを得られるようにすることで一部の大規模プレーヤーだけがMEVを独占することを防ぐ-引用元 

実際にはどのように見えるか

32 ETH をステーキングして Ethereum バリデーターを実行するとします。

将来的には、一種の「アプリ ストア」でさまざまなアプリケーションを閲覧できるようになります。誰がアプリを構築しているか、何人の人がそれを実行しているかを確認できます….

..潜在的なスラッシングの条件と、アプリケーションの実行に対して受け取る補償。

次に、リスク/報酬分析を実行し、アプリケーションを実行することが理にかなっているかどうかを判断し、複数のアプリケーションをシームレスに並行して実行できます。

セキュリティについて

セキュリティは、Eigenlayer を実行するバリデーターにとって深刻な問題です。セキュリティ上の欠陥がある場合、アプリケーションがあなたの賭け金を盗む可能性があります。

将来的には、バリデーターが保護を購入できるようにする保険市場を作成することが可能になります。

また、Eigenlayer は、スラッシュが確定する前に (特に初期の段階で) スラッシュを確認または覆すためのガバナンス プロセスが保留されている間、スラッシュに遅延が生じる可能性があります。バリデーターは、実行するアプリケーションを選択することで、独自のセキュリティ レベルを選択します。

バリデーターがどのアプリを実行するかについてデューデリジェンスを実行することが重要です。非常に大規模な ETH バリデーターのサブセットがすべてアプリケーションを実行している場合、脆弱性がある場合、イーサリアムに深刻な影響を与え、ETH 供給の非常に大きな割合が失われる可能性があるという懸念があります。

特にこれらのアプリケーションでは、ネットワーク全体へのリスクを防ぐために、スラッシングのガバナンス レビューが長期的に必要になる場合があります。

 ユースケース

Eigenlayer の最適な使用例は、スラッシュされる可能性が低いプロトコルです

たとえば、ライブネス保証のあるプロトコルは Eigenlayer には適していません。サーバーがクラッシュしてステークされたものが切り落とされる可能性が常に高いからです。

ブリッジは、設計によっては、Eigenlayer の適切な使用例です。 ETH Mexico でHyperlane_xyzというブリッジをハッキングしました。

Hyperlane は、ノードの活性要件がなく、切断される可能性が非常に低いという点で非常に柔軟です。

このタイプのアーキテクチャは、Eigenlayer での実行に非常に役立ちます。他のプロトコルとしては@SuccinctLabs、@axelarcore+@0xsquid_が適しています。

アセット転送ブリッジのほかに、@HerodotusDevなどの ZK メッセージング プロトコルも Eigenlayer を使用できます。

ロールアップ シーケンサー

重要なユース ケースは、Eigenlayer でロールアップ シーケンサーを実行することです。これにより、イーサリアムL2であるoptimismやarbitrumなどの L2 のロールアップ シーケンサーを分散化して安全にすることができます。

現在使用されている集中型シーケンサーは、トランザクションを検閲して並べ替えることができます。

上の分散型シーケンサーは、Flashbot のようなトランザクション優先オークションを作成するか、公正/無作為化された順序 (つまりproject_shutterを使用) を使用できます。

Eigenlayer は真の分散型 RPC ノードを可能にします。

POKTnetworkネットワークのような既存のソリューションや、nfura_ioのような一部の集中型プロバイダーでさえ、Eigenlayer に移行できます。

分散型 RPC は、クライアント レベルでの検閲を回避するために重要です。

アプリチェーン

最近、アプリ チェーンのテーゼは、web2 のソート リーダーの間で多くの議論を引き起こしました。

スケーラビリティと引き換えにアプリケーションをサイロ化できるゲームなどの特定のユース ケースでは、スタンドアロンのモジュラー アプリチェーンを実行することでメリットが得られるようです。

atlas_zkや0xStackedなどのアプリ チェーン展開プロトコルは、Eigenlayer を舞台裏で使用して、新しいアプリチェーンのセキュリティをブートストラップし、価値の発生を基本的なセキュリティ担保として ETH に戻すことができます。

オラクル

Oracle はトークンの値、つまり LINK によって保護されるため、Eigenlayer に適しています。より多くの担保でオラクル ネットワークを保護することで、オラクルはセキュリティを 10 倍に高めることができ、DeFi に対する収益性の高いオラクル攻撃の可能性を減らすことができます。

データ可用性 (DA) 対@Celestia

Eigenlayer の主力製品の 1 つは、社内で構築されている Data Availability モジュールです。アイデアは、実行レイヤーと決済レイヤーをデータとコンセンサスから分離することです。

そのため、fuellabs_のような実行レイヤーを実行できます。

EigenDA には、Celestia よりも明らかな利点があります。

既存の ETH バリデーターとステークを利用することで、大規模なバリデーター ネットワークをより簡単にブートストラップできます。 Celestia とは異なり、EigenDA はコンセンサス層ではないため、低コストでスループットが高くなります。

コンセンサスを削除することで、EigenDA はいくつかの特殊なユース ケースを持つようになります。

特に、分散ロールアップ シーケンサーを有効にして、ロールアップ証明書を投稿するのに適しています。

EigenSettlement

あまり話題に上らない製品に EigenSettlement があります。

決済層は、モジュラー ブロックチェーン エコシステムが機能するために非常に重要です。特に、異なる実行環境を同じレイヤーに落ち着かせることができます。

これによる相互運用性と共有流動性効果は、モジュラー エコシステムの断片化を回避するために非常に重要です。

これは、完全に分散化されたロールアップ シーケンサーを作成するためのもう 1 つの要素です。解決レイヤーは紛争解決が行われる場所だからです。

創設者であるsreeramkannanは、ワシントン大学 (UW) のブロックチェーン ラボの所長です。

cjliu49は最高戦略責任者で、以前は Compound の戦略リーダーでしたチームの残りのメンバーは、主にギガブレイン Go の開発者と UW の研究者です。

ETH の価値の発生

Eigenlayer は、ETH ステークが他のすべてのレイヤーとプロトコルを保護できるようにすることで、ETH に多大な価値をもたらします。

ロールアップと L2 は ETH の未来であり、EIP 4844 により、イーサリアムは本質的にロールアップのための DA、決済およびコンセンサス プラットフォームになります。

EIP-4844は、「Proto-Danksharding」という機能を実装する提案。 ネットワークが混雑して取引手数料が高騰することがあるイーサリアムのスケーラビリティ問題を解決するための機能だ。 イーサリアムの処理をサポートする技術では、L2(2層目)ネットワークでロールアップの開発が進んでいるーコインポスト

新しいアプリケーション開発者にとっての重要性

バリデータ ネットワークのブートストラップは困難です。ネットワークを保護するためにトークンの価格に依存することは危険であり、市場操作の脆弱性を開く可能性があります.

Eigenlayer は、新しいプロトコルの開発者にとってこのプロセスを桁違いに改善しています。開発者は、プロトコル セキュリティのために既存の ETH バリデータ セットのサブセットを活用できます。

デュアルステーキングモデル

Ethereum 上の多くのアプリケーションは、プロトコルを保護するために使用する独自のネイティブ トークンを既に持っています。

しかし、Eigenlayer の恩恵を受けるのに遅すぎるということはありません。プロトコルは、デュアル ステーキング モデルを使用して、Eigenlayer にステークされた ETH とそのトークンの両方によって保護されます。

Eigenlayerの構築

Eigenlayer は Go 上に構築されており、スラッシング基準を定義するためのスマート コントラクト コンポーネントが存在する可能性があります。

現在、Eigenlayer でビルドすることはできませんが、今後、より多くのドキュメントや情報がリリースされる可能性があります。

Eigen layerの全体の概要

本記事ではEigen layerの詳細な内容でしたが、プロトコルの概要、ロードマップやトークン発行の可能性などの詳細については以下の記事を参考にしてください。

EigenLayerとは〜イーサリアムのハイパースケーリングを目指す
EigenLayerとは〜イーサリアムのハイパースケーリングを目指すEigenLayer(エイゲンレイヤー・アイゲンレイヤー)は、イーサリアムのスケーリングを目的としてたプロジェクトです。 re-s...

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
注目の暗号資産(仮想通貨)情報★

初心者からオススメしたい国内仮想通貨取引所

大手企業マネックスが運営する国内仮想通貨取引所「コインチェック、取り扱い仮想通貨国内第1位で今一番オススメのの取引所と言えます。

 

【2016年から配信】プレミアム級の仮想通貨投資情報

2016年から配信している、より具体的な仮想通貨投資情報を配信した内容

これまでより多くの方から支持を受けており、2016年からの購読者も多数います。

 

★大好評★仮想通貨無料メルマガ!

初心者からの仮想通貨が学習できる「無料メルマガ講座」と最新の仮想通貨情報をお届けする読者数3000人のメルマガ。

メルマガの詳細はこちら