未分類

in-stapp〜仮想通貨(ビットコインなど)を使ったバイナリーオプションツール

in-stapp〜仮想通貨を使ったバイナリーオプション

IN-STAPP(インスタップ)は、ビットコインなどの仮想通貨を入金することで、MT5(メタトレーダー5)を使ってバイナリーオプションができるシステムです。

バイナリーオプションは、一定時間経過後に価格が上がっているか、下がっているかを予想して当たれば収益が増えるというもので、国内でもバイナリーオプションはGMOをはじめ大手企業がサービスを展開しています。

IN-STAPP(インスタップ)が仮想通貨の入金でトレードできるため、通常の日本円での入金に比べて非常にスムーズですぐにトレードができるというメリットがあります。

この記事ではIN-STAPP(インスタップ)についての特徴と評判や口コミについてもご紹介していきます。

 

仮想通貨できるバイナリーオプションのIN-STAPP(インスタップ)とは?

運営会社360 degrees markets ltd(セーシェル諸島)
対応言語英語、日本語(画面右上から変換可能)
取引可能時間15秒・30秒・60秒・3分・5分
入金可能通貨ビットコイン、イーサリアム、リップル、テザーUSDT
対応端末PC、スマートフォンアプリ(iPhone版とAndroid版)

IN-STAPP(インスタップ)はセーシェル諸島にある360 degrees markets ltdという企業が運営しているシステムです。

サービス開始が2019年10月と新しいため、日本国内での知名度は低いですが、金融ライセンスを取得しているため、安心して参加できます。

運営会社が海外企業ではありますが、ホームページの言語は英語と日本語の2種類があるため、日本国内からでも参加しやすいシステムとなっているのも魅力的です。

IN-STAPP(インスタップ)の最大の特徴は、仮想通貨のバイナリ―オプションが最短15秒で取引可能な点です。

トレード結果が15秒で分かるため、勝ち負けがすぐに確認できます。スタイルに合わせて、15秒・30秒・60秒・3分・5分から選べるようになっています。

デバイスを選ばないのも特徴で、パソコンの他にスマートフォン・タブレットから参加することも可能。アプリはiPhone版とAndroid版の両方が揃っているので、アプリをインストールして口座を開設すればすぐに始められます。

バイナリ―オプションが初めての方でも安心できるように、無料でデモ口座を開設・利用できるのも特徴。デモ口座で経験してから、本番に望めます。

IN-STAPP(インスタップ)の4つの特徴

  • 金融ライセンスを獲得した企業が運営
  • 仮想通貨を用いたバイナリ―オプションが最短15秒で完了
  • パソコンやスマートフォン・タブレットから取引可能
  • 無料デモ口座で練習できる

IN-STAPP(インスタップ)での入金対応通貨。

IN-STAPP(インスタップ)に入金できる通貨は下記の4つになります。

  • Bitcoin (BTC)
  • Ripple (XRP)
  • Ethereum (ETH)
  • Tether (USDT)

それぞれ最小ロット数がBTC: 0.001 / XRP: 50 / ETH: 0.05 / USDT: 10となっています。

仮想通貨は時期によって価格が変動しますが、記事執筆時点だとEthereum (ETH)が約700円で参加できます。

IN-STAPP(インスタップ)での登録・入金の流れについて

ここではIN-STAPP(インスタップ)に会員登録してから入金までの流れを分かりやすく解説しますので、ぜひご覧ください。

IN-STAPP(インスタップ)の口座開設方法

IN-STAPP(インスタップ)の口座開設は非常に簡単です。順番に解説します。

以下のボタンから登録画面に進むことができます。

 

①個人情報を登録

下記の4つの項目を記入し、2つのチェックボックスにチェックを入れます。

  1. 氏名
  2. メールアドレス
  3. パスワード

最後に登録ボタンを押します。

②メール認証を行う

上記で記入したメールアドレスに、確認のメールが届きます。本文にある「メール認証を行う」をクリックすれば、口座開設となります。

注意点としては、メール認証のリンクの有効期限が2日までとなっていることと、迷惑フォルダに受信されるケースがあります。申し込みをしたら、なるべく早くメールをチェックしましょう。

以上が口座開設方法になります。

IN-STAPP(インスタップ)の入金方法

IN-STAPP(インスタップ)の入金可能通貨は仮想通貨のみとなっています。

24時間365日、いつでも入金が可能。日本円の入金は未定ですが、いずれ導入する可能性があるようです。

口座を開設したら、ダッシュボードの「ewallets」をクリックします。

画面が切り替わると、現在入金可能な仮想通貨が表示されます。

自分が入金したい仮想通貨を選択し、「入金」をクリックします。

入金したい仮想通貨を決定し、上の画像の「仮想通貨ウォレットから送金」のボタンを押すとアカウントの入金アドレスが表示されます。

このアドレスを間違えると入金に失敗し、最悪の場合仮想通貨を失う可能性があります。失敗しないためにも、表示されているアドレスをコピペするか、QRコードを読み込みましょう。

以上が口座開設から入金までの流れとなります。

本人確認が終わっていないくても入金は可能です。本人確認は出金時に必要となります。

in-stappでバイナリートレードを行う〜MT5

インスタップでバイナリーオプションを行う場合には、

①MT5での口座開設

②MT5をダウンロード(PCの他、スマホアプリあり)

の流れになります。

MT5(メタトレーダー5)での口座開設

上のようにメニューの「MT5アカウント」をクリックします。

ライブ口座(リアル口座)かデモ口座をクリックします。

MT5で口座開設する場合には、対応する資金を選択する必要があります。

ヨリコ
ヨリコ
入金通貨に合わせた、通貨にした方がいいわね。例えばビットコインで入金した場合にはMt5でビットコインの口座を作る。 あとで入金した通貨をMT5に移動する必要があるからよ

口座開設後は、ウォレットの仮想通貨をMT5のウォレットに移動する

バイナリーオプションをする場合にはMT5の仮想通貨ウォレットの資金移動する必要があるため上の「資金移動」のボタンから資金を移動することが可能です。

MT5をダウンロード

次にMT5をダウンロードします。MT5には

・Windows

・アンドロイド(スマホ)

・IOS(スマホ)

・ウェブ

の4種類があります。

スマホでトレードしたい場合には、アンドロイドまたはIOS。またパソコンのMacを持っている場合には「ウェブ」を選ぶことでMT5使うことが可能です。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
注目の仮想通貨取引所「CoinCheck(コインチェック )」

 

大手企業マネックスが運営する国内仮想通貨取引所「コインチェック、使いやすいシステムは初心者からオススメの取引所と言えます。

詳細ページ

ビットコイントレード専用のインジケーター!

BTC ONE〜矢印サインツールのトレード用インジケーターの評判と口コミ

MT4(メタトレーダー)不要で、インジケーターを使ってビットコイントレードができる!初心者の方、トレードの勝率を上げたい方は必見!!

詳細ページ

★大好評★仮想通貨無料メルマガ!

 


初心者からの仮想通貨が学習できる「無料メルマガ講座」と最新の仮想通貨情報をお届けする読者数3000人のメルマガ。

メルマガの詳細はこちら