NFT

NFTの買い方・購入方法を解説〜メタマスクを使う

NFTの買い方・購入方法を解説〜メタマスクを使う

今回私がラリブル(Rarible)のサイトNFTのデジタルアートを購入したため、ここでその買い方についてご紹介していきます。

NFTの多くはイーサリアムベースのプログラムでできているため、イーサリアムのウォレットであるメタマスク(Metamask)を使って簡単にNFTのマーケットプレイスで購入することが可能です。

私が購入したのはスーパークリプトマン(ビックリマンのようなもの)の作品で、NFTのマーケットプレイスとして有名なRarribleで購入しました。

他にもOpenseaというNFTサイトも有名です。

基本的に同じようにラリブルであってもオープンシーであっても同じように購入することが可能となっています。

RarribleでNFTを購入

まずRaribleのサイトに行きます。

 

Raribleの公式サイトの右上に「ウォレットに接続」とあるので、そこからメタマスクに接続します。

メタマスクはグーグルクロームのブラウザでインストールができるため、Raribleのサイトはグーグルクロームで開きそこからメタマスクに接続します。

私が購入したのはこのNFTになります。

上のは画像ですが、実際には動画となっています。

私が購入した商品ページ

ウォレットに接続した状態で「buy now」の購入ボタンを押します。

その後メタマスクが起動し、購入金額と手数料の金額が表示されるので、それを確認して承認ボタンを押せば購入が完了です。

*イーサリアムの価格が高騰しているときには取引手数料が高騰する場合があるためしっかりと取引手数料も確認しましょう。

商品購入後にNFTを確認する方法

商品購入後に自分が買った商品を確認する場合は、Raribleのサイトの右上にあるアイコンから、自分のプロフィールページに進めます。

するとこのように購入した商品が表示されています。

オオヒラ
オオヒラ
購入した商品の所有権は私にあるので、それをNFTマーケット上で売りに出すこともできるのです。

基本的には数年後どのようにNFTマーケットがなっているか次第で売りに出すかを判断したいと思っています。

NFT(仮想通貨)トークンとは?〜おすすめ銘柄と購入方法について
NFT(仮想通貨)トークンとは?〜おすすめ銘柄と購入方法について暗号資産(仮想通貨)に関係するNFT(Non-Fungible-Token)は、2020年からよく聞くようになった言葉で、ゲームのアイテムや絵画、不動産などの権利をデジタル化したものになります。 NFTは仮想通貨でも使われているブロックチェーンの技術上で発行されるものなので、誰でもその権利をみることができ、保有する人はかいざんができないシステム上で自分の権利を確認することも可能なのです。...
ヨリコ
ヨリコ
NFTの作品については「HashMasks(ハッシュマスクス)」が非常に注目だからぜひチェックしてみてね。
HashMasks(ハッシュマスクス)とは?〜NFT関連仮想通貨銘柄の特徴と将来性
HashMasks(ハッシュマスクス)とは?〜NFT関連仮想通貨銘柄の特徴と将来性HashMasks(ハッシュマスクス)はデジタルアートで、NFTとして販売されているものになります。 HashMasks(ハッシュマスクス)のアートはマスクを付けたデジタルの絵画となっており、その絵画の中には暗号も含まれているといいます。 アートの総数は16,384で、一つ一つが違うもののため希少性がでる設計となっています。...

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
注目の暗号資産(仮想通貨)情報★

初心者からオススメしたい国内仮想通貨取引所

大手企業マネックスが運営する国内仮想通貨取引所「コインチェック、取り扱い仮想通貨国内第1位で今一番オススメのの取引所と言えます。

 

【2016年から配信】プレミアム級の仮想通貨投資情報

2016年から配信している、より具体的な仮想通貨投資情報を配信した内容

これまでより多くの方から支持を受けており、2016年からの購読者も多数います。

 

★大好評★仮想通貨無料メルマガ!

初心者からの仮想通貨が学習できる「無料メルマガ講座」と最新の仮想通貨情報をお届けする読者数3000人のメルマガ。

メルマガの詳細はこちら