Liquid by Quoine

Liquid:QUOINEX(コイン)の仮想通貨アプリ(ライト版)の使い方と入金方法について

国内仮想通貨取引所であるLiquid by QUOINEX(リキッドバイコイン)の手数料と出金方法と時間について取引所では初心者から使いやすい「アプリ(ライト版)」がリリースされています。

チャートが見やすく、仮想通貨の注文、そして日本円の入金が非常にしやすい為、便利なアプリの一つと言えます。

QUOINEXでは現在、ビットコイン、イーサリアム 、リップル、ビットコインキャッシュ、キャッシュの購入が可能で、アプリでも簡単に買うことができます。

2018年9月にQUOINE取引所は Liquid(リキッド)取引所へ名称を変更しています。

 

 Liquidのアプリをダウンロードする。

アプリは、「通常版」と「ライト版」がありますが、ライト版」の方がアプリでの評価も高くなっています。

Liquid by Quoineライト版
Liquid by Quoineライト版
開発元:QUOINE Corporation
無料
posted withアプリーチ

 

仮想通貨を取引する

こちらがQUOINEXのアプリのメニューになります。 スマホ画面の「左上」をタップするとメニューが表示されます。

こちらがアプリのチャート画面になります。

スマホの上に「チャート」、そしてその下に「取扱通貨」が表示されています。

取扱通貨」をタップするとその通貨の「チャート」が表示されています。

アプリ下の「取引画面を開く」のボタンから仮想通貨の売買画面が表示されます。

「取引画面を開く」のボタンをクリックして、取引画面が表示されました。

仮想通貨を買う場合は、

  • 取引数量」を入力
  • BTCを買う」ボタンを押す

ことでビットコインを買うことができます。

また画面の赤マルで示した「矢印」を押すと下のように「取引板」を見ることができます。

この取引板を見ることで、仮想通貨を買うときにどの価格帯で買えるのか知ることができます。

アプリでは最初から価格が入力されている為、取引板を見て指値で買うことで安く通貨を買うことができる。

日本円を入金する。

メニューから「入金申請」を押します。

その後「振込先金融機関情報」が表示されます。

上のように「振込先詳細」をメモに取ります。

IDを名義のところに付け忘れて振込を行うと、時間がかかる為、IDのつけ忘れには注意する。

住信SBIネット銀行」であればクイック入金で24時間365日送金が可能な為、便利です。

住信SBIネット銀行公式ページ

まとめ

以上 Liquidのアプリについてご説明してきました。

Liquidのアプリには「通常版」もある為、使い方は似たような感じになりますが、やはり「ライト版」は見やすい為、ユーザーに人気のアプリとなっています。

 

(参考記事) Liquidの評判とメリット・デメリットについて

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
仮想通貨が買える「注目の国内取引所」

仮想通貨の購入は、株・FXともに実績のあるGMOコインが初心者からオススメの取引所と言えます。

詳細ページ

★大好評★仮想通貨無料メルマガ!

 


初心者からの仮想通貨が学習できる「無料メルマガ講座」と最新の仮想通貨情報をお届けする読者数3000人のメルマガ。

メルマガの詳細はこちら