QUOINE(コイン)

QUOINEX(コイン)仮想通貨取引所の評判・口コミとメリット・デメリットについて

QUOINEX(コイン)取引所ビットコイン(bitcoin)イーサリアム(Ethreum)など主要な通貨が取引でき、そして

この記事ではQUOINEX取引所の特徴・会社概要・登録方法等を解説します。

QUOINEXは現在、栢森 加里矢(かやもり かりや)氏がCEOを務めており、もともとシンガポールで設立された会社になります。

2017年4月の仮想通貨に関する法律制定を受け本格的に仮想通貨事業をスタートさせています。事業開始時には約18億円(15億ドル)の資金を調達したことも有名になりました。

また通常の売買である現物取引に加えて、個人25倍、法人50倍のレバレッジ取引サービスの利用も可能です。

 

 

QUINEX(コイン)取引所とは?

2014年にシンガポールでスタートしたQUOINE(コイン)。QUOINEは会社名であり、取引所名としてはQUOINEXとなっています。

社名:QUOINE株式会社
住所:東京都千代田区平河町2-7-3 PMO平河町2階
設立:2014年11月
代表取締役:栢森 加里矢
資本金:約20億円(資本準備金含む)

現在のところ、本社のシンガポール、そして日本に加えてベトナムにも会社があります。
 

QUINEXは仮想通貨事業を開始時に約18億円を調達

以下テッククランチより▼▼

ビットコイン取引所を運営するQUOINEは、ジャフコをリードインベスターとして15Mドル(1500万ドル)の資金を調達した(プレスリリース)。今後、日本を含むアジア市場でビットコイン取引所の市場1位を狙う。日本の仮想通貨法(改正資金決済法)成立を受け、複数の金融サービス事業者向けに同社の仮想通貨取引エンジンをOEM提供するB2Bの事業にも本腰を入れる。

QUOINE(「コイン」と読む)は2014年11月にシンガポールで設立されたが、今回の資金調達に先立って2016年3月末に本社機能を日本法人に移し、また2016年4月1日付けで栢森 加里矢(かやもり かりや)氏がCEOとして着任している。栢森氏の前職はソフトバンクグループのシニアバイスプレジデントでアジア統括を担当。今までは投資家の立場でQUOINEに参画してきた。なおQUOINEは2014年末に1.8Mドルの資金を調達している。ーtechcrunch

また今後の方針として、ウォレットを使った多角的なサービスに力を入れていくとのこと

栢森氏に言わせれば、現状の仮想通貨ビジネスの規模は他の金融分野と比べてまだまだ無視できるほど小さく「今後1000倍以上にスケールする可能性がある」と見ている。栢森氏の構想によれば、仮想通貨取引所の次の段階は「ユビキタスウォレット」だ。法定通貨(ドル、円など)建て金融サービス(クレジットカード、デビットカード)、仮想通貨、企業ポイント、ギフトカード、プリペイド通信料など、複数のサービスを一般消費者が(例えばスマートフォン上で)ワンストップで利用できる「ユビキタスウォレット」が普及すると見て、QUOINEはウォレットの事業者に取引エンジンを提供していく。

 

QUINEXの取引通貨について

コインの扱い通貨数はなんと「53通貨」となっています。

コインは国際的な取引所のため、法定通貨(日本円、ドル、ユーロなど)の取り扱いが多いです。

取り扱い通貨

・ビットコイン
・イーサリアム
・リップル
・ビットコインキャッシュ
・キャッシュ (QASH)

QUINEXの独自通貨QASH(キャッシュ )とは

 

キャッシュ とは、コインが2017年に行ったICOでの取引所独自通貨になります。

最近は取引所の独自通貨は取引所の人気投票の意味合いもあることから、注文の取引所の独自通貨は買われる傾向にあります。

キャッシュの取り扱いは「日本のみ」で、ほかには「Huobi」など海外の取引所で取引ができるのが現状です。

QUINEX取引所の手数料の特徴

仮想通貨現物取引0%
先物取引決済手数料0.05%
借り入れて手数料0.05%
日本円出金手数料500円

*日本国内在住者は日本円のみの入出金となりますので注意が必要です。

(参考記事)QUOINEXの取引手数料・送金手数料の時間について

あわせて読みたい
QUOINEX(コイン)の手数料と出金方法と時間について〜仮想通貨取引所国内の仮想通貨取引所「QUOINEX(コイン)」について、取引手数料と出金について「手数料・時間・方法」を詳しくご紹介します。 サ...

 

QUINEX取引所のメリット

👉仮想通貨の取引手数料無料
👉レバレッジ最大25倍の弾力的なトレードが必要
👉日本で唯一の通貨QASHを扱っている。
👉スプレッドが狭い
👉100%コールドウォレットで仮想通貨を管理

 

ケイシ
ケイシ
スプレッドが狭いということは、「買うときは安く」、「売るときは高く」という有利な価格で取引ができます。

コールドウォレットで仮想通貨を管理

他の取引所でも仮想通貨をオフラインのコールドウォレットで保管をしていますが、コインでは「コールドウォレットを100%管理」しており、セキュリティーは徹底している運営を行っています。 *通常は90%台でのコールドウォレットでの保管

QUINEX取引所のデメリット

👉アプリが重い(通常版)
👉入出金の時間がかかる場合がある。

QUOINEXのアプリ(ライト版)の評判が良い。

 


QUOINEXの取引アプリには、「通常版」と「ライト版」がありますが、ライト版は見やすい設計となっており、アプリでの評価が高くなっています。

(参考記事)QUOINEXのアプリ(ライト版)の使い方について

あわせて読みたい
QUOINEX(コイン)の仮想通貨アプリ(ライト版)の使い方と入金方法について国内仮想通貨取引所であるQUOINEX取引所では初心者から使いやすい「アプリ(ライト版)」がリリースされています。 チャートが見や...

 

24時間365日可能なクイック入金に対応

QUOINEXのクイック入金はFX並みに約380の銀行に対応しています。すぐに入金して取引できるのは取引所の特徴として大きな強みになります。

QUINEX取引所はメールだけではなく、LINEでもサポート

QUINEX取引所の大きな特徴の一つにラインでのサポート体制があります。

通常はメールのみで仮想通貨取引所に連絡を取ることが大半となっていますが、この取引所ではラインアプリで連絡を取ることができ、外出先などでも気軽にやりとりができ便利で使い勝手の良い、サポート体制となっています。

QUINEX取引所の登録方法ついて

QUINEX 取引所はこちらから進めます▼▼(メールアドレス)で簡単登録できます

 

取引にあたっては上の図のような流れになりますが、

  • メールアドレス
  • 電話番号

の登録が必要なります。

また口座開設の特徴としては

  • 口座開設が可能な方は20歳以上の方
  • 最短で1〜2営業日で開設可能
  • 入金の金額は無制限 
  • 日本国内在住者の外貨の入出金は対応していない。

なります。

口座開設時の提出書類について

口座開設時には基本的に顔写真付きの身分証明書が必要になります。

  • 運転免許証
  • パスポート 
  • 個人番号カード 
  • 住民基本台帳カード

上記の提出書類はいずれも顔写真付きのものになります。その他の提出書類は詳しくはQUINEXのホームページよりご確認ください。

QUOINEX国内仮想通貨取引所はこちら▼▼

 

 

 

★大好評★仮想通貨無料メルマガ!


初心者からの仮想通貨が学習できる「無料メルマガ講座」と最新の仮想通貨情報をお届けする読者数3000人のメルマガ。

メルマガの詳細はこちら

仮想通貨が買える「注目の国内取引所」

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所でセキュリティ世界評価第一位を受けた国内大手取引所「ビットフライヤー」。国内でもビットコイン取引所第1位をほこる取引所です。

登録方法はこちら

公式ページはこちら

 

下落相場でも利益が狙えるビットバンクトレード

ビットバンクトレード取引所の口座開設 「最大レバレッジ20倍」で「追証なし」、そして「売り」からでも下落相場で利益が狙えるビットコインFXを提供する「ビットバンクトレード」下落相場での力強い味方になってくれる取引所です。
登録方法はこちら

公式ページはこちら