ニュース

リップルが再び反発上昇!コインベースがSparkトークン(スパーク)の配布を決定

リップルが再び反発上昇!コインベースがSparkトークンの配布を決定

暗号資産(仮想通貨)リップル(通貨単位:XRP)2020年12月6日に65円の価格へ再び高騰しました。

アメリカ最大の暗号資産(仮想通貨)取引所であるコインベース(coinbase)リップルのSparkトークン(スパークトークン)配布に対応する旨の発表したのが大きな要因となっています。

コインベースは今や世界的な取引所となっているため、この発表は他の取引所にも影響を与えることになると考えられます

先日日本の取引所はSparkトークンのスナップショットは対応するものの、Sparkトークンの配布は金融庁の許可が下りた場合となっています。

その発表自体は日本にリップルを預けている投資家からは不安が残る発表と言えましたが、今回のコインベースの発表は日本にも何らかのインパクトを与えたのではないでしょうか。

コインベースのSparkトークン対応の発表

Coinbaseは、FlareNetworkの今後のSparkエアドロップをサポートする予定です。
2020年12月12日午前00:00UTCのスナップショット日時にCoinbaseまたはCoinbaseProでXRP残高を保持している適格な顧客である場合、Flareネットワークの立ち上げ後の日付でCoinbaseからSparkトークンを受け取ります

受け取るSparkの量は、スナップショット時にアカウントにあったXRPの量によって異なりますーコインベース

コインベースはアメリカ最大の暗号資産(仮想通貨)取引所になります。

リップル保有者にSparkトークンを配布することを対応したことは、世界の取引所に影響力を与えることになると感じています。

Sparkトークンはリップルのエコシステムに必要なものだけに、コインベースがその配布をみとめたということは、今後のリップルのプロジェクトについてある意味支援をしているとも言えます。

コインベースのSparkトークンは地域によって違う可能性も

一部の法域では規制当局の承認が必要になる場合があります。したがって、現時点で特定の法域でSparkが配布可能になる時期または利用可能かどうかは保証できません 

これについては、例えばコインベースはアメリカだけでなく、日本にも会社を保有しています。

日本にあるコインベースの取引所では、やはり金融庁などの規制の関係があるため日本にある各社統一と見解を合わせる可能性があり、その際には配布は前の記事に書いたようにまだ不確実と言えます。

このようにコインベースがサービスを展開する国によって規制の問題で配布ができないこともあるということを伝えています。

ヨリコ
ヨリコ
こうなると日本のコインベースは、金融庁の認可次第で配布を決定することになりそうね。(コインチェックやビットフライヤーも同じ)

それにしても基本的に法的規制がなければSparkトークンを配布したいという考えは間違いなくリップルにとってポジティブだわ

リップルが発表による再度65円を記録

12月6日のコインベース発表による高騰でリップルの価格は一瞬にして60円から65円に跳ね上がる大きな高騰 となりました。

この価格はコインベースの発表が投資家にとってポジティブと判断されたリップルの買いとなっています。

日本の取引所は遅れをとっているのが現状

今回のコインベースでのSparkトークンの配布対応はリップル保有者に大きなインパクトのあるニュースと言えます。

しかしながら、日本の暗号資産(仮想通貨)取引所(コインベースの日本での会社を含む)は、規制の問題でまだ日本でSparkトークンが上場できるか決定されていないため、スナップショットには対応するが配布は不透明な状況となっています。

リップルを保有する投資家(Sparkトークンが欲しい人)は今後日本にあずけておくのか、それとも個人のウォレット等配布が確実なところに預けるのか判断をする必要がでてきます。

ヨリコ
ヨリコ
Sparkトークンに対する日本の取引所の見解、個人投資家の考えは以下の記事を参考にしてね。
国内仮想通貨取引所のSparkトークンの対応と投資家の見解について
国内仮想通貨取引所のSparkトークンの対応と投資家の見解について2020年12月4日に国内暗号資産(仮想通貨)取引所各社からリップル(XRP)保有で無料で配布されることになっているSparkトークンの配布についての現状が発表されました。 気になるのがこの発表を受けてからのリップル保有者の評判や口コミ 残念ながら現時点では金融庁の許可が必要なため配布が確実ではないことと、最大2022年までに承認された場合が条件という見解でした。...

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
仮想通貨の口座開設は、
●【使いやすい取引所
●【国内取引アプリダウンロードNo. 1】  
●【取り扱い仮想通貨数No. 1】のコインチェックがオススメです。  

詳細ページ

注目の暗号資産(仮想通貨)情報★

初心者からオススメしたい国内仮想通貨取引所

大手企業マネックスが運営する国内仮想通貨取引所「コインチェック、取り扱い仮想通貨国内第1位で今一番オススメのの取引所と言えます。

 

暗号資産(仮想通貨)の損益計算はクリプタクト

2016年から多くの実績がある暗号資産(仮想通貨)の損益計算所であるクリプタクト。

国内だけでなく海外取引所を含めて暗号資産(仮想通貨)の損益計算に対応

 

【2016年から配信】プレミアム級の仮想通貨投資情報

2016年から配信している、より具体的な仮想通貨投資情報を配信した内容

これまでより多くの方から支持を受けており、2016年からの購読者も多数います。

 

★大好評★仮想通貨無料メルマガ!

初心者からの仮想通貨が学習できる「無料メルマガ講座」と最新の仮想通貨情報をお届けする読者数3000人のメルマガ。

メルマガの詳細はこちら