初心者の仮想通貨のおすすめ運用方法
仮想通貨を運用するにあたり、役立つ重要な基礎知識。
仮想通貨取引所の紹介。
おすすめしたい仮想通貨一覧。
仮想通貨で収益を上げる実践投資情報をご紹介します。
仮想通貨最新のニュースをご紹介します。

Bankera(バンクエラ)のICOが実施中!〜登録と買い方、今後の上場について

Bankera(バンクエラ)のICOが実施中!〜登録と買い方、今後の上場について

Bankera(バクエラ)というICOが、既存のスペクトロコイン(Spectrocoin)仮想通貨販売所で実施され、注目を集めています。 この記事ではバンクエラのICO参加(投資方法)方法のための登録買い方、そして通貨BNKの上場についてご紹介していきます。

スペクトロコイン(Spectrocoin)販売所は、ウォレット、仮想通貨デビットカード、仮想通貨取引等総合的にサービスを行っており、今回バクエラというICOで資金を調達し、仮想通貨の銀行を設立して、融資や預金などの幅広く仮想通貨サービスを行う予定としています。

仮想通貨の取引が一般的になりましたが、それを銀行というフレーズで多角的にサービスを実施するところが注目を集めています。

バンクエラが大手取引所HitBTCに上場決定しました!!(ICOは2018年2月末までです。)

 

Bankera(バンクエラ)とは

Bankera(バンクエラ)とはBank(銀行)とera(時代)という意味で、仮想通貨の技術ブロックチェーンを使った銀行サービスを行っていくことを目的としています。

ICOは現在注目を集めている仮想通貨を使った資金調達方法であり、今回は「ビットコイン」「イーサリアム」だけでなく「ネム」も可能となっているのが特徴です。

バンクエラの特徴としては

  • 既存の仮想通貨販売所が行うICOで実績があるため、手堅いICOと言える。
  • ネム(NEM)のCEOがアドバイザーとなっている。
  • 欧州の議会銀がアドバイザーとなっている。
  • 仮想通貨の多角的なサービスは初の試み

バンクエラはのちに銀行ライセンスを取得することになりますが、欧州の議会議員がアドバイザーとなっているのは注目されるところだと感じています。

バンクエラのサービス

バンクエラの以下の3つのサービスを提供する予定としています。

お支払 個人IBANやデビットカード、インターバンク・レート、決済代行、支払い口座などを多数の支払いサービスを提供します。これらすべてのサービスは、従来の法定通貨に加えて、BitcoinやEthereum、DASH、NEM、ERC20準拠トークンなどの仮想通貨での決済にも対応します。また、将来のバンクエラは、国内総生産(GDP)に連動する通貨や、お金に代わる上場投資信託(ETF)の使用など、革新的なソリューションも導入していきます。

ローンと預金 ローンと預金はバンクエラの中核となるサービスであり、我々の競争優位でもあります。 当座預金は貯蓄と同様に利息の受取りが可能。また、ほとんどのローンが決済代行ソリューションを利用するビジネスクライアントに提供されるため、 バンクエラの顧客は、借り手のキャッシュ・フローに関する専有情報により、より高い金利を受けることができます。

投資 上場投資信託(ETF)、暗号通貨投資ファンド(様々な暗号通貨と暗号トークンから組み込まれたポートフォリオ)、ウェルス・マネジメントのためのロボアドバイザーなど 多数の低コストの投資商品を提供します。法人向けには、事業・経営戦略の資金調達などの投資銀行サービスも今後予定をしております。

以上のようにこれまで銀行が行ってきたサービスを仮想通貨で行うことを目的としています。

バンクエラの通貨(BNK)保有者は配当がもらえる

バンクエラの通貨であるBNKは、ICOに参加することで仮想通貨で購入することができます。そしてBNKを持っていることで「配当」がもらえることになっています。

バンカートークン各保有者には純取引利益分配額が利息として毎週支払われます。これはバンクエラの゙純取引利益の20%から構成され、毎週スマートコントラクトに送られます。例えば、バンクエラの1週間の純利益が1000万ユーロとした場合、200万ユーロが純取引利益分配額としてスマートコントラクトに送られます。

 

ICOの予定について

ICOについては以下の予定となっています。

  • ICOは2月末で終了
  • 新しいバンクエラ取引所は2018年上半期に上場
  • 2019年前半銀行のライセンスを取得する。
  • 2019年投資サービスの開始

以上がICOからの流れとなっています。 気になるバクエラの通貨はについては2018年の取引所の開設を合わせて上場されるものと思われます。

バンクエラの将来の価格は?

以下の動画ではバンクエラの特徴が説明されており、担当者からはまずは5倍の値上がりを目指すという目標が言われています▼▼*動画右下の歯車の設定より日本語訳がご覧になれます。


バンクエラのICOは既存の取引所であるスペクトロコインが実施していることもあり、ICOの中では手堅い案件と言われています。

またアドバイザーもネムのCEO欧州の議会議員も名を連ねているのが特徴です。

BANKERA(バンクエラ)の登録方法について

登録の流れ

スペクトロコインの登録バンクエラの通貨を買うために、仮想通貨を入金入金後バクエラの通貨(BNK)を購入

バンクエラのICOの参加の仕方については、スペクトロコイン(Spectrocoin)内でバンクエラの通貨BNKを買うということになります。 なのでその時点でバンクエラの通貨を保有していることになります。

仮想通貨の送金方法の関連記事はこちら▼▼

登録方法

スペクトロコインの登録はこちらから↓↓

スペクトロコインのページはこちら

*ICOについては詐欺サイトも出回っているため、上のボタンよりサイトに進んだ後は必ず「ブックマーク」をして、次回からログインの時などは、そのブックマークからサイトに進んでいただくことをオススメします。 手打ちの検索では詐欺のサイトに進む可能性もあるからです。

 

登録(SIGNUP)ページで「メールアドレス」と「パスワード」を入力して、Im not a robotにチェックを入れて最後に「SIGN UP」を押して登録をします。

その後メールが送られてくるので、文面のURLをクリックして登録完了になります。

もしくは上の画像のように「フェイスブック」や「グーグル」アカウントから登録も可能です。

これからバクエラの投資方法を解説します。

バクエラを買うために仮想通貨を入金する。

入金通貨のアドレスを確認

 

 

BNKを買う

 

 

 

以上がBNKの買い方になります。

今回仮想通貨で有名な「ネム」のCEOがバンクエラのアドバイザーとなっているのは注目すべき点と言えます。仮想通貨を使った多角的なサービスは初めての試みで今後もバンクエラに目が離せないと言えます。

スペクトロコインの登録はこちらから↓↓

スペクトロコインのページはこちら

ICOについては詐欺サイトも出回っているため、上のボタンよりサイトに進んだ後は必ず「ブックマーク」をして、次回からログインの時などは、そのブックマークからサイトに進んでいただくことをオススメします。 手打ちの検索では詐欺のサイトに進む可能性もあるからです。

送金は直接取引所から送金が可能です。

仮想通貨国内取扱数第1位の「コインチェック」ビットコイン、イーサリアム、ネムすべて取り扱っています▼▼

国内オススメの取引所『コインチェック』はまずはメールアドレスで簡単登録できます。▼▼

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

リニューアル!★大好評★仮想通貨投資実践メルマガ

    本サイト無料限定メルマガで初心者から学べる仮想通貨の基礎知識及び未公開仮想通貨情報などの有益な情報が満載!   仮想通貨実践講座の詳細はこちらから

★ネム、モナコインが取引高国内第1位「ザイフ」

ビットコイントレードができる注目の取引所!

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 5 )

コメントはまだありません。

  1. […]   同じICO中であるスペクトロコイン販売所のICOである「バンクエラ(Bankera)」が大手取引所のHitBTCの上場が決定しました。 […]

  2. […]   同じICO中であるスペクトロコイン販売所のICOである「バンクエラ(Bankera)」が大手取引所のHitBTCの上場が決定しました。 […]

  3. […]   同じICO中であるスペクトロコイン販売所のICOである「バンクエラ(Bankera)」が大手取引所のHitBTCの上場が決定しました。  […]

  4. […]   同じICO中であるスペクトロコイン販売所のICOである「バンクエラ(Bankera)」が大手取引所のHitBTCの上場が決定しました。 […]

  5. […]   同じICO中であるスペクトロコイン販売所のICOである「バンクエラ(Bankera)」が大手取引所のHitBTCの上場が決定しました。 […]

LEAVE A REPLY(コメント欄)

*
*
* (公開されません)