初心者の仮想通貨のおすすめ運用方法
仮想通貨を運用するにあたり、役立つ重要な基礎知識。
仮想通貨取引所の紹介。
おすすめしたい仮想通貨一覧。
仮想通貨で収益を上げる実践投資情報をご紹介します。
仮想通貨最新のニュースをご紹介します。

コインチェックが不正送金された仮想通貨ネム(NEM)を補償!〜驚きのスピード対応

コインチェックが不正送金された仮想通貨ネム(NEM)を補償!〜驚きのスピード対応

国内仮想通貨取引所コインチェック(Coinchekc)仮想通貨ネム(NEM 通貨単位XEM460億円分がハッキングを受け不正送金され流出した問題で、発表から1日経った28日になんと「自己資本」で顧客に補填(充当)するという発表を行いました。

今回コインチェックがコールドウォレットでネムを保管しておらずセキュリティの問題が浮き彫りになりました。

2013年のマウントゴックス(MtGox)からのビットコインが流出したことを彷彿(ほうふつ)とさせ、また今世紀最大のハッキング被害額である今回の事件について、わずか71名の会社が自己資本で460億円分を顧客に補償するとう発表を流出後わずか1日で発表するという驚くべき展開となりました。

コインチェックは、ビットフライヤーと並ぶ大手の国内取引所として、最近は芸人の出川哲郎氏を起用してCMを行うなど積極的な活動を行っており、多くのユーザーを抱える国内最大級の仮想通貨取引所の一つと言えます。

関連記事▼▼(コインチェックのセキュリティ体制について説明)

追記)4月7日 マネックスがコインチェックを買収し新体制へ!

大手証券会社のマネックスがコインチェックを買収し、新体制へ移行することになりました。

今後仮想通貨交換業の登録の可能性も近づき注目を集めています▼▼

コインチェックが自己資金で顧客に補償をすると発表

 

 仮想通貨取引所「coincheck」で顧客から預かっていた仮想通貨「NEM」が流出した件で、運営元のコインチェック(東京都渋谷区)は1月28日、対象となる顧客約26万人に日本円で返金すると発表した。総額は約460億円で、原資は自己資金でまかなうという。補償時期や手続き方法は検討中としている。Itmedia

 

 

コインチェックの今回の補償についての声明

 

 

コインチェック株式会社(代表取締役社長:和田晃一良、以下:当社)が運営する仮想通貨取引所サービス「Coincheck」において発生した仮想通貨NEMの不正送金に伴い、対象となる約26万人のNEMの保有者に対し、以下の通り、補償方針を決定いたしましたので、お知らせいたします。

1月26日に不正送金されたNEMの補償について
総額 : 5億2300万XEM
保有者数 : 約26万人
補償方法 : NEMの保有者全員に、日本円でコインチェックウォレットに返金いたします。
算出方法 : NEMの取扱高が国内外含め最も多いテックビューロ株式会社の運営する仮想通貨取引所ZaifのXEM/JPY (NEM/JPY)を参考にし、出来高の加重平均を使って価格を算出いたします。算出期間は、CoincheckにおけるNEMの売買停止時から本リリース時までの加重平均の価格で、JPYにて返金いたします。
算出期間  : 売買停止時(2018/01/26 12:09 日本時間)〜本リリース配信時(2018/01/27 23:00 日本時間)
補償金額  : 88.549円×保有数
補償時期等 : 補償時期や手続きの方法に関しましては、現在検討中です。なお、返金原資については自己資金より実施させていただきます。

 

 

今般の不正送金に伴い、一部サービスの停止などお客様、取引先、関係者の皆様にご迷惑をおかけしており、重ねてお詫び申し上げます。原因究明、セキュリティ体制の強化などを含めたサービスの再開に尽力するとともに、金融庁への仮想通貨交換業者の登録申請の継続的な取り組みも併せて、今後も事業を継続して参りますので、引き続き、宜しくお願い申し上げます。

仮想通貨ネムの日本への返金方法について〜税制上の問題

コインチェックは流出後のネムの価格88.5円時点のレートで補償を行うと発表後、ネムの価格が値上がりし110円を記録しました。現在のネムの価値は流出直後に比べて値上がりしており、補填を受ける顧客26万人はネムをそのまま持っていることに比べると実質損をすることになっています。

 

ネムが流出した顧客からすると将来的にネムが値上がりすると持っている人にとってはネムのまま返金したもらったほうが、今回の値上がりを含めて利益が大きくなる可能性があります。ですがコインチェックはネムで補填ができない理由についてネムが値上がりした場合補填ができなくなる可能性があったと言われています。

 

日本円での補填した場合のもう一つの問題が税金の問題です。 通常ネムから日本円へ補填した場合「利益が出た場合は課税対象」となるのではないかということです。

例えば私はネムが15円との時に持っていましたので、今回の補填で88.5円で利益確定となれば、利益分は課税対象になるということになります。*現在の所はっきり見解は出ていません。

コインチェックの巨額資金に対する驚くべきスピード補填

補償時期等 : 補償時期や手続きの方法に関しましては、現在検討中です。なお、返金原資については自己資金より実施させていただきます。

 

 

 

 

仮想通貨の大きな値上がりとともに、莫大な資金が動いている仮想通貨市場。 そこで取引所を経営するコインチェックは莫大な利益を得ているということが認識されました。

このことは、仮想通貨市場が儲かるビジネスであると参入する企業を後押しすることになる可能性が高いです。 

今後のコインチェック取引所について

 

今後はコインチェックは今回の流出した事件について行政処分が下る可能性があります。

しかしながら国内でも最大級の取引所となったコインチェック取引所は、仮想通貨の取り扱い数においても国内第一位となり、これまで多くの人がコインチェックで大きな資産を築いてきたのは事実です。

コインチェックが取り扱っている通貨はどれも大きく値上がりをしており、コインチェックの存在は現在の仮想通貨市場の盛り上がりやビットコインの支払い店舗拡大に大きく貢献してきたことは周知の事実です。

今回のネムが流出したのはコインチェックのセキュリティ問題であって仮想通貨ネムが悪いわけではありません。2018年も専門家の仮想通貨の予想は値上がりとなっており、仮想通貨市場に多くの期待が集められています。

また今後のコインチェックの事業の立て直しとサービスに引き続き注目されていくと思います。

関連記事▼▼

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

リニューアル!★大好評★仮想通貨投資実践メルマガ

    本サイト無料限定メルマガで初心者から学べる仮想通貨の基礎知識及び未公開仮想通貨情報などの有益な情報が満載!   仮想通貨実践講座の詳細はこちらから

★ネム、モナコインが取引高国内第1位「ザイフ」

ビットコイントレードができる注目の取引所!

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 2 )

コメントはまだありません。

  1. […] 世界的に有名なアルトコインを取扱うコインチェックは取引高が多かったのですが、2018年1月のネムの流出問題があったため、やはり慎重になるところはあると思いますが、今後のコインチェックの経営次第で選択肢の候補に上がってくるといった感じになるかと思います。   […]

  2. […] 2018年1月末に仮想通貨大手コインチェックから『仮想通貨ネムが約500億円流出する事件🔗』がおきました。 […]

LEAVE A REPLY(コメント欄)

*
*
* (公開されません)