初心者の仮想通貨のおすすめ運用方法
仮想通貨を運用するにあたり、役立つ重要な基礎知識。
仮想通貨取引所の紹介。
おすすめしたい仮想通貨一覧。
仮想通貨で収益を上げる実践投資情報をご紹介します。
仮想通貨最新のニュースをご紹介します。

NEM(ネム・XEM)とは?仮想通貨の将来性と購入方法について

NEM(ネム・XEM)とは?仮想通貨の将来性と購入方法について

NEM(ネム)の通貨名はXEM(ゼム)と呼ばれており、国内ではコインチェック取引所を中心にあのリップル(Ripple)と並び大きく注目されている仮想通貨になります。   この記事ではネムの将来性価格チャートを主に解説していきます。

NEM(ネム)はアルトコインの一種であり、その名称はNew Economy Movement(新たな経済運動)という意味で、その仕組みにはPoI (Proof-of-importance)と呼ばれる仕組みを採用しています。

2017年3月にリップルとちょうど同じ時期に大きく値上がりし注目を集めた通貨です。現在仮想通貨時価評価額は10位内に位置し今後も期待を集めている仮想通貨の一つと言えます。

NEMの価格上昇で億万長者が誕生した注目の記事▼▼

ネムの購入は国内取引所「ザイフ」が手数料が安くおすすめ▼▼

 

仮想通貨NEM(ネム・XEM)とはどのようなもの?

NEMは多くの資金を保有する一部の採掘者に報酬が偏らないよう設計された初の暗号通貨です。ビットコインでは採掘を「マイニング」と表現しますが、NEMでは「ハーベスティング」と表現します。

仕組みとして採用されているPOI(Proof-of-importance)は、NEMのネットワークに貢献した人が利益を得られるというものです。保有している資産額に限らず、取引額、また取引を行なった相手にも依存し、NEMネットワークに積極的に参加する人間に報酬を与えています。全ての人に平等に利益を得る機会を与えていることから、「富の再分配」と表現されています。ーコインチェック

 

NEMはPoI (Proof-of-importance)という仕組みを使っています。これによって(ビットコインやイーサリアムと違って)、NEMは電力をあまり消費せず、そしてよりセキュリティ上堅牢なものになっています。マイニングにおいて(ビットコインやイーサリアムのマイニングと違って)、ネットワークの維持のための膨大な電力を必要としません。シンプルで安価な、例えばラズベリーパイのようなコンピュータでも、NEMのノードとして実装することができます。(ラズベリーパイとは、35ドル程度で販売されている小型コンピュータのこと。電力をほとんど消費しない。)PoIの仕組みのおかげで、NEMを単に貯蓄するだけでなく、実際にNEM使うことも容易になります。ーNEM公式ページ(日本語)

 

 ネムの大きな特徴として言われているのは、Proof-of-importance(プルーフオブインポータンス)という仕組みで、通常の取引を承認する報酬について「平等」の考えに基づいていることです。

通常取引を際に取引を承認する「マイニング」は、より計算処理の高いコンピューターを持つものが有利で報酬を多く上げているのが現状であるが、この「プルーフオブインポータンス」は、その報酬をより分配するように工夫された仕組みになっています。

ネムのハーベスティングという機能について

ネム にはPOI(プルーフオブインポータンス)というシステムが取り入れられていると説明しました。 これはネムの保有量と取引量で多いユーザーを重要とみなし、ハーベスティングして報酬としてネムを与えられることになります。

このハーベスティングはネムの専用ウォレットである「ナノウォレット(nano-wallet)🔗」でハーベスティングをしてネムをコツコツ貯めることが可能です。

ハーベスティングの方法の詳細はこちら▼▼

 

NEM(ネム)のこれまでの価格の特徴

ネムの1年間のチャートです。(2016年7月〜2017年7月)

ネムが大きく注目を集めることになったのは、2017年3月末からの上昇です。チャートに表記している通り、5月には28円の価格を記録し、最大40倍もの価格上昇をし、仮想通貨市場を「リップル」とともに賑わせました。

時価評価額こそは現在(2017年7月時点)リップルは超えていませんが、依然として高い時価評価額をキープしており、今後も期待されます。

この時期のリップルの注目の参考記事▼▼

2017年のネムの値上がりはなんと200倍以上

ビットコインと比較してまだ歴史が浅いネムですが、2017年からの価格の上昇は280倍にも上ります。このことからもネムが注目され急激に取引が増加したことが価格に反映されているものと思われます。

 

NEMがブロックチェーングローバルと提携

The NEM.io Foundation, the creator of the peer-to-peer NEM blockchain platform, has entered into a strategic alliance with Blockchain Global, an Australia-based blockchain company operating international auditing and network infrastructure services.

翻訳→peer-to-peer(個人間)のNEMブロックチェーンの開発者NEM財団(シンガポール)は、オーストラリアに拠点を置き、国際的に監査及びネットワーク基盤サービスを展開するブロックチェーン関連企業であるブロックチェーングローバルと提携を行った。

このニュースはネムを将来的に認知させるニュースの一つだと言え、NEMを使ってサービスを今後マレーシアから普及させる予定とのことで、今後の状況次第では価格上昇の可能性も期待ができると言えます。

NEMがICOで資金調達に使用される

未公開仮想通貨において、資金調達を行うことをICOといい、主にビットコインやイーサリアムを使って資金を調達することが多いのですが、この事例ではビットコイン、イーサリアムに加えてNEMが使用されています。

この通貨は「ECOBIT(エコビット)通貨名:Ecob」と言います。すでにICOは終了していますが、これまで約5億円の資金調達を行っています。

このエコビットの活動は主にマレーシアの環境保護に対して行われており、国連(UN)とマレーシア政府と協力して取り組みを行っているとニュースにあります。ーCointelegaraph

計画では30年スパンで、熱帯雨林の保護等の環境活動を行っています。

NEMの次回アップデート「カタパルト」に期待か

NEMの次回アップデートを「Catapult(カタパルト)」と呼んでいます。これかNEWのブロックチェーンを拡張する作業のことで、このような仮想通貨のアップデートで機能が向上することにより、より世間に認知され価格が高騰する事例もこれまでにありました。

カタパルトは金融機関がブロックチェーン技術を使用することに特化した設計になっていると言われ、大きなアップデートであるとも言われています。

アップデートのリリースは2017年夏ごろから開始されるとのことです。

ICOで100億円を調達したCOMSA(コムサ)でのネムに注目

コムサの特徴としては以下の通りです。*ICOは未公開仮想通貨の状態で資金調達を行うこと。

  • 資金調達のICOではビットコイン、イーサリアム、ネムを使用。 
  • コムサでは独自の仮想通貨を発行できる。(企業向け)
  • コムサのICOでの通貨発行はイーサリアムとネムを利用。
  • 法的根拠に基づき日本の仮想通貨法に基づき金融庁の登録事業となる予定のZaif取引所が資金を管理する。

またコムサはICOとしての機能も備えており、スタートアップ企業などが資金調達でコムサを使い仮想通貨で資金を調達するなどの活用も考えられています。

NEMの最も注目した記事▼▼

ネムの保管について

ネム については基本的に取引所で購入する必要があります。 購入先として国内で一番取引量が多いのが「ザイフ(Zaif)」になります。

しかしながら取引所に多くのネムを置いていくには、リスクが高まるため、「ナノウォレット (nan-wallet)」というネム専用のウォレットに預けておくことがセキュリティ的に安全性が高まると言われています。

ナノウォレットの詳細はこちら▼▼

ネムはビットコインを超えることができるのか?

ネムが将来的に時価評価額1位のビットコインを超えることができる可能性があると言う専門家の意見を交えて記事でまとめています。日本でもコミュニティが強く、また取引量や手数料の安さの実用性があるネムとビットコイン比較しています。

関連記事▼▼

ネムはアジアを中心にコミュニティが強い

日本やマレーシアを中心にネムは多くの支持者が応援しています。コミュニティの活動がネムの知名度を増やし、ネムが実用性のある通貨で将来的により使われることになると、今後価格を含めて大きな活躍をする可能性があります。

NEMがWeChat内で取引アプリを開発▼▼(中国最大のメッセージアプリ)

世界初のネムバーが東京渋谷にオープン▼▼

ネムの国内取引量第1位のZaif(ザイフ)こちらから▼▼(メールアドレスですぐに登録できます。)


 Zaif(ザイフ)の特徴はこちら▼▼(口座開設方法もあり)

 

 コインチェック(Coincheck)でネムの取引ができる。*現在取引停止中

上の画像はコインチェックで取引ができる仮想通貨の一覧です。この中にNEMがあり、その他にも世界的に注目される時価評価額が高い通貨をコインチェックでは取引をすることができます。

NEMに加えて、イーサリアム、リップルなどを、分散投資として資産のポートフォリオに追加することで、よりリスクを減らし堅実に投資ができる可能性が高まります。

上の図のように「コインチェック」では、日本円でもビットコインでもNEM(ネム)を簡単に買うことができます。

仮想通貨取扱数国内第1位のコインチェック取引所の特徴はこちら▼▼

コインチェックの登録はこちらから↓↓(メールアドレスで簡単に登録できます。)

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

コインチェック取引所での口座開設方法はこちら↓↓

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

リニューアル!★大好評★仮想通貨投資実践メルマガ

    本サイト無料限定メルマガで初心者から学べる仮想通貨の基礎知識及び未公開仮想通貨情報などの有益な情報が満載!   仮想通貨実践講座の詳細はこちらから

★ネム、モナコインが取引高国内第1位「ザイフ」

ビットコイントレードができる注目の取引所!

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 4 )

LEAVE A REPLY(コメント欄)

*
*
* (公開されません)