初心者は仮想通貨をどう勉強して運用していくのか。収益を上げる視点で重要な項目をご紹介。
仮想通貨を運用するにあたり、役立つ重要な知識ついて解説します。
仮想通貨は触れていくうちにどんどん知識が含まっていきます。まずはビットコインを持って見ることが重要。おすすめの取引所を紹介します。
仮想通貨において代表的な、そして重要な通貨についてご紹介します。

仮想通貨COMSA(コムサ)ICOが100億円を調達!〜新型ICO案件発表

仮想通貨COMSA(コムサ)ICOが100億円を調達!〜新型ICO案件発表

国内最大級の大型仮想通貨ICOであるCOMSA(コムサ)が残り1日となり、11月6日14時のトークンセール終了までに参加者が増加しており100億円の資金調達を達成しました。

コムサは仮想通貨を使った資金調達のプラットフォームで、ビットコインやイーサリアム、ネムなどの仮想通貨を使ってスタートアップ企業等を支援します。

あのホリエモンこと堀江貴文氏も注目しており、また新規のICO案件も出てきており今後の動向が非常に注目されています。

*ICOとは新規事業等で仮想通貨を使った資金調達を行うことで、従来の資金調達をより簡単にそして格安の手数料で効率良く行う方法です。

関連記事▼▼(コムサの内容とコムサの関係者、投資家を解説しています。)

コムサの参加はこちらから▼▼

注目のCOMSA事前登録はこちら

COMSA(コムサ)100億円を調達

コムサが100億円の資金調達を今回達成しました。

トークンセール(ICO)の残り1日(11月6日14時)を迫り、参加者が増加している状況です。

コムサのトークンセールについては、

  • 登録している取引所から仮想通貨をコムサ指定のアドレスに送金する方法
  • ザイフ取引所の口座開設から参加

の2種類があります。 

残り1日でコムサに参加するには、お手持ちのコインチェックやビットフライヤーなどの取引所から直接仮想通貨をコムサへ送る方が圧倒的に早くなります。

テックビューロが新生銀行などから8750万円の資金調達を達成

テックビューロが新生銀行とオウケイウェイヴから8,750万円の資金を調達し、銀行から直接投資を受けた国内初の仮想通貨取引所運営・ICOソリューション企業に

ブロックチェーン関連企業としても、銀行からの直接投資は国内初ーテックビューロ

テックビューロは仮想通貨取引所であるザイフやコムサを運営している会社になります。このように銀行から資金調達を行い、新規投資や取引所の運営で資金を使用する予定としています。

また100億円調達しているコムサについては、コムサ独自の事業でその資金を使う予定としています。

コムサの新規ICO案件について

米国VR/ARプラットフォーマー大手『CYBERLAB 9』が2018年にCOMSAで、vCommerceエンジン『VERSES』のICOを実施。

C9は米国ロサンゼルス、シアトル、中国北京に拠点を持つ、最先端テクノロジーとエンターテイメントが融合するコンテンツの開発提供を得意とするデジタルメディア企業です。近年はVR/AR、人工知能、ブロックチェーン技術の導入コンサルティングやインキュベートも手がけています。前オバマ大統領の選挙キャンペーンを成功させた事で知られ、20年を超える社歴の中、自動車、航空機、ITなどハイテク産業から、グローバル消費材メーカーや外食チェーン、金融、映画・ゲームなどエンターテイメント業界から政府系まで数多くのクライアントと、様々な受賞歴を持っています。ーコムサ

 

テックビューロとLooop、クリプトマイニングジャパンが仮想通貨採掘事業に関する業務提携とICOの実施計画を発表

3社のリソースとノウハウを融合し、世界に通用する高収益性のマイニング事業を実現 

ビットコインを始めとする仮想通貨のマイニング(採掘)事業は、比較的電力が安いとされる中国など、日本国外が圧倒的に有利とされます。しかしながら、マイニングのノウハウ、機材の確保、安定した安価な電力供給の条件が揃えば、それら諸外国と同等もしくはそれ以上の収益性を実現することも不可能ではありません。

この度は、テックビューロが仮想通貨の取引所を、Looopが安定した安価な電力を、そしてCMJが効率の高いマイニング機材とノウハウを持ち寄って事業提携することにより、国際的にも競争力を有したマイニング関連事業を開始し、同時にビットコインネットワークの安定化にも貢献します。ーコムサ

このようにすでにコムサではICOでの新規案件が発表されており、従来のICOに比べてコムサにおいてその案件の審査が行われるため、参加しやすいといった傾向があります。

通常のICOでは魅力的な値上がりをするものもある一方で、詐欺の資金調達についても被害が出ており、そう言った意味でもコムサを使った資金調達は安心できる面があります。

コムサの参加は間に合うのか

コムサの参加についてはすでに紹介しましたが、ザイフ取引所から参加と通常通りお手持の取引所から送金する方法がありますが、残り1日を迫りお手持ちの取引所から直接コムサ指定のアドレスに仮想通貨を送金する方法すれば簡単で時間はかからないことになります。

なので11月6日14時までには、すでにどこか取引所を登録していた、そして仮想通貨を持っていればすぐに送金できるので投資は可能と言えます。

コムサの参加はこちらから▼▼

注目のCOMSA事前登録はこちら

コムサを事前登録し、ビットコイン、イーサリアム、ネムなどの仮想通貨からお好きな仮想通貨をコムサに送金することが可能です。

コムサの参加方法▼▼(記事の下段に記載しています。)

COMSA(コムサ)を受け取るには

コムサを受け取るには11月中旬に受け取り方法の案内がありますので、それを確認する方法があります。

現時点では受け取り用のアドレスはマイイーサウォレットが案内されているので、コムサに投資をした後でも良いのでウォレットを作っておくと良いでしょう。

関連記事▼▼

注目を集める大型ICOコムサ

残り1日迫りコムサの参加が増加している状況となっています。

ホリエモンもコムサには注目をする発言をしており、もしかしたらからはロケットの打ち上げなどの資金調達についてもコムサを利用する可能性もないとは言えません。

従来の資金調達方法のハードドルを仮想通貨を使うことで下げることができ、新規事業についてどんどん新しい動きがこれから加速しそうです。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

リニューアル!★大好評★仮想通貨投資実践メルマガ

    初心者から学べる無料の仮想通貨実践講座メルマガ*旧メルマガは配信停止ですので新くメルマガ登録が必要になります。 本サイト無料限定メルマガで初心者から学べる仮想通貨の基礎知識及び未公開仮想通貨情報などの有益な情報が満載!   仮想通貨実践講座の詳細はこちらから

ビットコイントレードができる注目の取引所!

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 1 )

LEAVE A REPLY(コメント欄)

*
*
* (公開されません)